2007年03月31日

2007年3月号 自律神経失調症 〜安定した体調を保つには?〜

季節の変わり目は要注意

長い冬も終わりに近づき(今年は記録的な暖冬でしたが…)、そろそろ暖かい春がやってきますね。
季節の変わり目は何となく身体がダルいものですが、
春はいつにも増してその傾向が強いと感じる方が多いのではないでしょうか?
季節の変わり目のように寒暖差が激しい時期は自律神経の働きが狂いがちになります。
今回はその自律神経にスポットを当ててお話をしていきます。



そもそも自律神経とは   
人間の身体は活動時に優位になる交感神経と、休息
時に優位になる副交感神経のどちらかに支配されています。
これらの神経の大きな特徴としてどちらかが働くと,
もう一方は働けないようになっているということがあります。
「今はどっちの神経を優位にさせようか?」それを司るのが自律神経なのです。

ストレスと自律神経の関係
ストレスと言えば仕事や人間関係から来る「精神的なストレス」が一般的ですが、今回は少し別の観点からお話していきます。
そもそも一言でストレスと言ってもその種類は多数あり、細かく分けるとだいたい次の4つに分類されるのです。

一、精神的なもの(よく感じるものです)
二、構造的なもの(身体の歪み等)
三、化学的なもの(食品添加物等)
四、温湿度の変化によるもの
  
  
一般的にはこれらのストレスが重なり合って限界を感じると、危険信号として自律神経失調症の症状を出すのです。
  
「私は精神的に図太いから大丈夫」という人も要注意!ストレスはあくまで精神的なものだけでなく、他の要素も組み合わさって自律神経に影響を及ぼすものだからです。
つまり精神的に強い人でも食生活でコンビニ弁当やカップラーメンのような物を食べ続けると、化学的なストレスにやられるといった具合にです。
ここまでの話を聞けば、なぜ季節の変わり目に自律神経の働きが狂いがちになるかお分かりだと思います。
ましてや春は生活に変化が起こる時期。
精神的なものに温湿度の変化によるストレスがかかるわけですから、身体も悲鳴を上げやすいのです。


自律神経の働きを正常に保つには  
ストレスには先に述べた4種類あるということを意識すると対策を立てやすくなります。
そう考えると「仕事の憂さを晴らすためにヤケ酒を飲みながらタバコを吸い、化学調味料をたっぷり使ったおつまみを食べる」といったストレス解消法は言語道断です。
現在は「仕事=パソコン作業」といった図式がどの業種にもあてはまる時代ですので、仕事によって凝り固まった筋肉を軽い運動(ウォーキングがオススメです)でほぐし、休日はカイロの施術を受けて普段のストレッチなどではなかなか取りきれない深部の筋肉(インナーマッスル)の凝りを取り除くことは、「精神的」なストレスのみならず「構造的な」ストレスを取り除くうえで大変重要です。

もちろん質の良い睡眠を取るための入浴や就寝前のストレッチなど基本的なこともしっかりと行うようにしましょう。


kikimimizukin at 15:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年02月28日

2007年2月号 花粉症 〜あなたは大丈夫?〜

花粉症を乗り切る!

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ。頭がボーっとし
たり、イライラしたり・・・。花粉症の季節が近づくと、憂鬱な気分になる人も多いのでは?
春を楽しく、健康に過ごすために、予防と対策を、しっかりと行いましょう。

花粉症とは?

人間のカラダにとって異物である花粉を外に出そうとするアレルギー反応です。
人間のカラダは外部の異物(細菌・ウイルスなど)から自分のカラダを守る機能、免疫という自然治癒能力があります。
その免疫の過剰反応をアレルギー反応と言います。

症状

花粉症の主な症状は目と鼻にあらわれますが、頭痛、倦怠感、集中力の低下、イライラ感、喉の痛みなどが伴うこともあるため、かぜと間違われやすくなっています
 この季節、鼻かぜがなおらないと思っていたら、花粉症だったというのもよくある話です。

花粉症にかかりやすい人

もともとアレルギー体質の人は、花粉症にもかかりやすいと言われています。
しかしながら、去年大丈夫だった人でも突然かかるのが花粉症
生活習慣が不規則であったり、都市部で生活を送っている人に多いのです。
カラダの中にスギなどの花粉(異物)が入って抗体ができると、次に同じ種類の花粉が入って来たときにアレルギー反応を起こして花粉症になります。
誰にでも花粉症にかかる可能性があるのです

花粉症対策

近年花粉症に悩む方は、増加の一途をたどるのみです。昔から花粉症だという方もいれば、去年から突然悩まされるようになったなどいろいろです。
アレルギーに対抗するには、自らの自然治癒力を高め、免疫力のさらなる強化を図ることが大切です。
基本はまず健康なカラダである事。規則正しい生活、バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレスをためないこと、などです。

そして、重要なのは…

抗原(花粉)からの回避、つまり原因となる花粉を吸い込まないことにつきます。花粉を全く吸い込まないようにするのは不可能ですが、吸い込む花粉の量が少ないほど、症状も弱まります。少しでも吸い込む花粉の量を減らす工夫をしましょう。

花粉症予防 七か条

一、出かける時はメガネにマスク
二、風の強い日の外出は控えめに・・・
三、家に入る時は、衣類の花粉を払ってから
四、洗濯物や布団はよく叩いてから
五、窓や戸をしっかり閉め、室内をこまめに掃除
六、家に帰ったら、うがい・手洗い
七、タバコの吸いすぎ、お酒の飲みすぎに注意


花粉症にかかってしまったら・・・。
症状を出さないためには、日常生活において極力花粉を吸い込まないようにすること。そのためには先に述べた七か条を徹底して行うこと。そうすれば症状の緩和はかなり期待できます。
仮に花粉症の症状が出てしまっても、生活面に留意していれば翌年からの発症を抑えることも出来ますので、花粉症になったからといって諦めないことが大切です。


kikimimizukin at 15:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年01月31日

2007年1月号 風邪の効用 〜風邪が万病を防ぐ?〜

風邪を引いたら

皆さんは風邪を引いたら何をしますか?「風邪薬を飲む」という方が殆どだと思います。
現在のように風邪薬の無い時代、人々はどのように風邪に対処していたのでしょう?
今回は、風邪の治し方を少し違った視点から見てみましょう。また、昔ながらの風邪の治し方を紹介していきます。


風邪が万病を防ぐ

元来、風邪は身体の洗濯のようなものであって、身体の疲労を除去する自然の療法とも言えます。
風邪を引くと熱が上がり、全身の血行が良くなる。普段、血行が悪いところにまで血が通うようになり、全身のバランスを整えてくれます。

薬で熱を下げずに上手く風邪を経過させると、全身がサッパリとして活力のある身体になります。
風邪を引くことでバランスを整え、活力のある身体になり万病を防ぐのです。

風邪と食物の関係

風邪を引いた時は、食物を少し減らしてみると良いでしょう。水分の多いものを食べ、刺激物を多くします。
病気といえば刺激の多い食物を控えると考えられていますが、実は風邪の時には刺激の多いものが良いのです。生姜、唐辛子、そしてお酒など…。
世界の伝承的な風邪の治し方を見てみましょう。

フランスでは…ワインをお燗して飲みます。いわゆるホットワインですね。
ドイツでは…熱い紅茶にラム酒と砂糖を入れて飲みます。
フィンランドでは…サウナに入ったあとウォッカを飲んで暖かくして寝ます。
木イチゴのリキュールも特効薬とされています。世界トップクラスの福祉を誇る国でも、民間療法は存在しているのです。
インドでは…熱い紅茶にすりおろしたショウガを入れて飲みます。
ブラジルでは…クローブというスパイスを卵の黄身と混ぜて飲んだり、サボテンの汁を飲んだりします。

人の身体は同じなのに、国に
よって治し方は様々ですね。

身近で手に入る食材もあります
ので、万が一風邪を引いたら試してみましょう。

体ポカポカ「足湯」

最近、温泉地やスパでもよく見られる足湯。
風邪に良いって知ってましたか?

☆のど風邪に良く効きます

足の小指と薬指の間に圧痛がありますので押してから入ると効果が高まります。 
まず、足湯前にコップ一杯の水を飲みます。   普段の温度よりも2℃ぐらい高めのお湯にくるぶしまでつかります。 
途中温度が下がらないよう、指し湯をして下さい。 
6分たってから一度乾いたタオルで足を拭き、
足の状態を見て、赤くなっていない方の足をもう2分間追加します。

疲れが溜まってくると、風邪を引きやすくなります。過度のストレスは、心だけでなく身体にも大きな影響を与えるのです。そんな時はいい機会だと思って休みましょう。




kikimimizukin at 15:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年12月30日

2006年12月号 膝痛 〜脚の形が痛みを引き起こす〜

 2.3年くらい前から膝が痛い。最初は少し気になる程度だったけど、最近はひどく痛むようになった。階段の上り下りがきつく感じるようになった。
そして、病院にいくと「変形性膝関節症です 年のせいですね。」といわれたことがありませんか?この「変形性膝関節症」は本当に年のせいだけでしょうか?同じ年齢でも痛くない人いますよね。なせでしょう?

◆変形性膝関節症とは◆

膝の痛みで最も多いのは膝の内側の痛みで「変形膝関節症」といわれるものです。
中高年の女性に多くみられ、歩き始めや立ち上がるとき・階段を下りるときなどに痛みを感じるようになり、少しずつ痛みが強くなり慢性化していきます。変形性膝関節症は膝関節の軟骨がすり減って、関節に炎症を起こしたり、変形することによって痛みがおこる病気です。正常な膝の関節の表面は軟骨で覆われていて、衝撃を吸収したり関節の動きを滑らかにしています。

初期の段階ではほとんど症状もありませんが中期の段階になると軟骨の磨耗が進み、関節炎が生じます。

関節炎では膝の曲げ伸ばしに制限が発生し、関節液が多量に分泌され水が溜まってきます。    

進行期の変形性膝関節症では軟骨の磨耗が更に進み、骨棘ができ、骨の変形が生じてきます。この状態になると、立ったり歩いたりするたびに骨同士が     ぶつかり、強い痛みが出るようになります。

◆O脚が変形膝関節症の原因に◆

O脚

人間が二足歩行するようになり、膝には大きな負担がかかるようになりました。膝には歩行時には体重の二〜三倍の負担がかかるといわれています。0脚傾向にある膝では、自分の体重と
地面からの衝撃が、内側の関節
面で激突を繰り返すことになる
ので、内側に機械的負担をかけ
ているのです。

《自分のO 脚度をチェックしよう》
,弔淦茲鯊靴┐椴ち、両脚の内くるぶし同士をくっつけて立つ。
膝と膝の間に指が何本入るか見る。

このとき指が二本以上入るようだと
O脚の傾向があるといえます。

日本人女性の8割は0脚であり、これは日本人特有の生活習慣によってもたらされていると考えられます。

◆あなたの0脚習慣をチェック◆

□アヒル座り・横座りをする。
□脚をよく組んで座る。
□つま先を内側に向けて内股で座る
□片方の足に寄りかかって立つことが多い。
□靴の外側が極端にすり減っている。
□踵の高いヒールをよく履く。
□平坦なところでよくつまずく。
□片足で30秒立っていられない
□夏でも足先が冷える、またはむくむ。
□脚がよくつる。
   
 
 0  …この習慣を維持していきましょう。
 1〜4…注意。膝に負担がかかりすぎています
 5〜 …要注意。肩こり、腰痛の原因にも。   
   
あなたはいくつ当てはまりましたか?

O 脚の問題点は見た目だけではありません。関節や筋肉に負担がかかり、変形性膝関節症の原因にもなることも問題です。その他、体中の筋肉で不自然に身体のバランスをとろうとするため、筋肉が緊張して腰痛や肩こりになることもあるんです。
では、どのように生活習慣に気をつけていけばいいのでしょうか?
   
◆日常生活の注意事項◆
《座り方》
椅子に座る際、膝を揃え、足先を真っ直ぐ前方に向ける。けしてつま先を内側に向け、内股にならないこと。
椅子に座る際、足を組まない。(足先が内側を
向き、内股を助長してしまうため)
床に座る際、「アヒル座り」「横座り」はしない

《立ち方》
,弔淦茲鯑發妨けず45度外に開く。
∧卻の足に寄りかかることはせず、
両脚に均等に体重をかけて立つ。

《歩き方》
,弔淦茲鬚笋箜安Δ妨けて歩く。それが出来なければせめてつま先は真っ直ぐ前方へ。決してつま先を内に向けないこと

◆O脚体操のやり方◆

 ‖先と踵を平行にした状態で足幅を5センチ開いて立ちます。
◆,尻の筋肉を使って両膝のお皿を外側に向けるように力を入れます。この時、なるべくお尻以外の筋肉に力を入れないように注意します。
次に両ももの内側の筋肉を使って両膝を近づけるように脚に力を入れ、そのまま3秒間静止した後に力を抜きます。

 銑を1回としてこれを10回行います。これを1日3〜5セット行いましょう。
  
 一度、身についてしまった習慣を正すのは大変ですが、日常の悪い癖の改善、毎日の体操が  O脚の改善につながるのです。(効果には個人差があります。分からない点は当院スタッフまで)
 
◆偏平足や外反母趾も膝のゆがみに◆

(佇紳
足裏には地面を蹴ったり、着地するときに衝撃を和らげるためにアーチ(土踏まず)がつくられているのですが、合わない靴を長時間履いていたりすると、足裏の靭帯が伸びて元に戻らなくなってしまい、アーチが消失し偏平足となるのです。
その結果、踵を真っ直ぐ支えられなくなり、
O脚を引き起こしやすく
なってしまうのです。

外反母趾
足先の尖ったハイヒールや,足に合わない靴は指を締め付け、親指の付け根が外側に曲がってしまう外反母趾を引き起こします。外反母趾は母指や足裏の筋肉を弱め、重心を外側に置いて立ったり、歩くために脚の歪みの原因
となります。

◆膝を大切にするために◆
さまざまな生活習慣が膝の痛みを引き起こすことがあることを述べてきましたが、ここでは膝をいたわる方法を紹介しましょう。

_疆戮並僚伝加を防ぐ
 体重の増加はそのまま膝への負担増大を意味します。適正な体重かどうかを判断するにはBMI判定が簡単かつ正確です。
体重(kg)を身長(m)の二乗で割った時の数値が、25を超えている方は要注意です。適正体重の維持に努めましょう。

運動前、後には必ずストレッチをする
 運動前は固くなっている筋肉や靭帯を柔軟にしておきましょう。運動後は筋肉の疲労や緊張を取り除くことが大切です。関節周囲の組織の固さによる痛みを取り除きます。       

2垢瓩 
 寒さで関節の組織が固くなると痛みが起こりやすくなります。市販のホットパックを使ったり、お風呂にゆっくりと浸かるのもいいでしょう。ただし、関節が腫れて熱を持った状況では冷やしましょう。 


kikimimizukin at 13:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年12月03日

2006年11月号 肝機能 〜飲食と肝臓についての関係〜

「沈黙の臓器」肝臓 

これからのシーズン、忘年会などの機会が増え、お酒の量もついついオーバーしてしまいがち・・・。
そんな状態が続けば、「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓といえど、黙ってはいられません。

飲みすぎ








☆肝臓って?
肝臓は、右の肺の下、肋骨(あばら骨)にガードされる位置にあり、重さ約一・五キロの大きな臓器です。
「巨大な化学工場」とも云われ、栄養素の生産、貯蔵、集配、再処理や汚物処理 など、体内の大コンビナートとも言える働きをします。
また、「沈黙」と言われるだけあり、臓器全体の70%が障害を受けても症状が出てこないので、日頃からの注意が必要な臓器のひとつです。


お酒との関係 

お酒を飲むとアルコールの血中濃度が上がり、脳の中は酔っぱらった状態になります。
気分は高揚しますが、肝臓にとってアルコールは毒でしかない ため、他の大事な作業をストップしてまで、無毒化するための処理を延々と行い続けます。

☆アルコールの処理(無毒化)能力は・・・?
空腹時に処理できるアルコール量は 体重1圓△燭蝪瓜間で100咫,任后つまり体重60圓凌佑1時間で処理できるのは、たった6gだけなのです。(体質によって個人差があります。)
ビール大瓶1本のアルコール量が20〜25g。即ち、肝臓は4時間余分に働かなくてはなりません。
アルコールが原因の肝臓病
・ アルコール性脂肪肝
・ アルコール性肝炎
・ アルコール性肝硬変

食との関係
  
食べすぎの場合、肝臓は過剰な栄養の処理に追われてフル回転し続けます。その状態が長期間続けば当然肝臓は疲れ果ててしまいます。
  
また、量だけでなく、種類も関係します。
  
油物、乳製品、肉類、小麦粉といった、高タンパク・高脂肪の食品を消化することは、他の栄養を処理することよりも手間がかかります。必要以上の量が入ってくることで、分解・排出の仕事が増え、その分だけ体が疲労してしまうのです。

予防策
・ 腹八分目を心がける。
・ 洋食よりも和食を多く摂る。
・ 寝る直前に物を食べない。
・ 休「肝」日を週に2日設ける(「酒」休2日制)
 
よく耳にするアドバイスではありますが、やはりこれが基本であり大切なこと なのです。

 適度な運動や 早寝早起きは自律神経のリズムを整え、内臓のアクセル・ブレーキの切り替えをスムーズにします。
睡眠時間を長く取れば、その分起きている時間が短くなります。これにより肝臓は体が活動するためのエネルギー生産から解放されて休むことができ、また他の作業もできるのです。

出来そうでなかなか出来ない、
「規則正しい生活。」 将来の元気の保険に今日から始めてみませんか?



kikimimizukin at 18:47|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年11月06日

2006年10月号 睡眠の効用〜快適な眠りを得るには?〜

“睡眠”は健康の素  
 
 私たちが毎日とっている睡眠。疲労を回復させるためにとても大切なものですよね?
ところがあまりにも身近な活動のせいか、その重要性はしばしば忘れ去られがち。今回は私たちのカラダを回復させる唯一の手段である“睡眠”についてお話します。

自律神経との関係  
 睡眠の重要性を語るうえで欠かせないのが、自律神経との関係です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、互いにバランスをとりながら作用しています。

☆交感神経とは?
 昼間の活動時に優位になる神経です。身体に緊張状態をもたらし、血行は悪くなります。

☆副交感神経とは?
 夜間、休むためのモードです。身体をリラックスさせて血行が促進され、身体を修復するのに適しています。

現代人は交感神経が優位 
 本来はこれら二つの神経が昼と夜で上手に切り替わることにより、私たちの身体は働くべき時に働き、休むべき時に休むという具合になっています。
ところが不規則な生活を強いられたり、ストレスを感じることが多い現代人は、夜になっても交感神経が優位な状態になっていることが多いのです。
交感神経優位が続くと・・・
 先に述べましたが、この状態では血行が悪くなります。つまり血液と言う“修理道具”がしっかりと循環してないわけですから、いくら寝ても疲れが取れず、細胞の修復も行われません。

質の良い睡眠をとるには?
 寝る前にしっかりと副交感神経を優位にすることが大切です。少なくとも睡眠三〇分前くらいからは、脳を興奮させやすいパソコンやテレビは控えるようにしましょう。

◆まずはしっかりお風呂に入ること 
 シャワーだけでは副交感神経亢進に必要な血流が十分に促進されません。血行促進に特に効果のある温冷浴は特にオススメです。(方法は裏面を参照)

◆腹式呼吸
 まずおへその下約十センチのところにある「丹田」に意識を集中させ、鼻から息を五秒くらいかけて吸い込み、口から十秒くらいかけてゆっくり息を吐き出します。

 最初は難しいですが、意識を集中してゆっくり行いましょう。集中せずに肺だけで行う「胸式呼吸」になると、交感神経が亢進し逆効果になります。

◆ストレッチ
 最も手軽に血流を促進でき、かつ筋肉の柔軟性が増すことにより、普段から血流の良い状態を作ることが出来るのでオススメです。詳しい方法は是非当院スタッフにお尋ねください。

カイロプラクティックも有効です 
 カイロプラクティック療法も副交感神経を優位にするうえで非常に有効です。
前述した血流促進に効果を発揮するだけでなく、関節の矯正操作(骨をパキッとするあれです)は副交感神経を優位にするというのが、医学的にも実証されています。
  
 夜に施術を受けて、そのままお休みなるのも質の良い睡眠をとる上で非常に有効です。
 


kikimimizukin at 13:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月11日

2006年9月号  〜運動と免疫力〜

☆ 免疫力とは

免疫力とは、体内に侵入してきた異常な細菌やウィルスなどの有害物質を撃退して、身体を守る力のことです。「免疫力が低下すると病気になりやすくなる」ことはよく知られていますが、今日ではストレス・大気汚染などの要因もあり、現代人の免疫力の異常や低下が増えてきています。

☆ 免疫力を高めるには運動がいい?

運動の効果には「健康にいい」「筋力を維持する」などがありますが、免疫力の観点から見ると NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化を図るという目的もあります。
NK細胞とはリンパ球の一種で血液中を巡回しがん細胞やウィルスなどを見つけると、その抗原細胞を攻撃する役割を担っています。
NK細胞の活性率は年齢とともに低下していきますが、運動習慣のある人はそうでない人より、この活性率が高いというデータが出ています。

ただし、激しい運動や長時間の運動は逆効果で、身体に対してストレスとなってしまいます。              
適度の運動を継続的に行うことが、NK細胞の活性化にはとても重要なのです。
・・・では、どんな運動が適しているでしょうか?

☆ ウォーキングで免疫力をアップしよう!
 
 免疫力を向上させるためには、個々の年齢や体力に合わせて、楽しく継続できる運動をすることが大きなポイントです。
この点、手軽に出来るウォーキングは、無理なくどなたでも簡単に始められるのでオススメ。
まずは1日に20分〜30分程度から始め、慣れてきたら少しずつスピードを速める、時間を延ばすなど、段階的に進めていきます。
 しかし、「毎日続けなくては!」という気持ちが強すぎるとストレスになってしまいます。
「過ぎたるは及ばざるが如し」。 適度な運動量にコントロールしましょう。
通勤やショッピングついでに近所を散歩してみるなど、楽しくウォーキングを続ける工夫も必要ですね。

☆ ストレッチで身体バランスを整えよう!

長時間の同一姿勢による作業は「体の歪み」を誘発し、免疫力を低下させてしまいます。
その日の疲れや歪みはその日のうちに解消することが大切。
就寝前の5分間のストレッチ体操で、日々継続的に身体のバランスを整えましょう。
(※具体的な方法は、裏面をご覧下さい。)

☆ カイロプラクティックで免疫力アップ
 
カイロプラクティックは筋・骨格系の不具合を整え、人間が本来もつ自然治癒力を高めていく療法です。一度大きく歪んでしまったカラダは、ご自身ではなかなか改善しにくいもの。
早め早めの対処で、免疫力を維持・増進させましょう。
 


kikimimizukin at 13:27|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年09月04日

2006年8月号  〜体の中から健康に〜

背骨と内臓はつながっている?
  
背骨の中には、脳からの情報を伝える神経があり、背骨のいたるところで分岐して、各内臓につながっています。
骨格は背骨を軸に、内臓を保護する目的で骨盤や肩甲骨、肋骨などで体内活動の必要な空間を作っています。
そのためこれらの骨格・空間に歪みが生じると内臓にも影響し、反対に内臓の不調からも筋肉が影響を受けて骨格も歪むことがあります。

内臓には負担がいっぱい?

■「ねこ背」や「脚を組む」などの悪い姿勢では内臓はいつも重力の方向に圧迫されています。

■この季節どこに行っても冷房でカラダの外側から冷やされ、合わせて冷たい飲み物、夏野菜などで「内臓冷え」にもなりがち。
また慢性的な運動不足や食べすぎからお腹の筋肉が緩み、皮下脂肪や内臓脂肪の原因にも・・

放っておくとこんな症状に!

悪い姿勢を続けていると・・・
姿勢・骨格の歪み → 内臓が圧迫されて消化機能が低下 → 便秘や下痢などの症状が悪化、ということがよく見うけられます。
また女性の場合、体の前傾が強くなることで子宮が圧迫されて、ひどい生理痛の原因になってしまうことさえあるのです。

内臓を冷やし続けてしまうと・・・  
内臓機能の衰えだけでなく、ホルモンバランスの崩れや免疫機能の弱まりで、ちょっとした動きでも疲労感を感じるなど、体調を崩しやすくもなります。
  全身の血行が滞り、肩こりや腰痛、むくみがひどくなるケースもおこりえるのです。

内臓冷えから体を守るためには?

◆やっぱりお風呂が一番 
 暑いからと言ってシャワーだけで済ませると、「冷え」をすすめてしまいます。からだの為には「温冷浴」や「半身浴」が効果的です。

◆食べるものにも気をつけよう 
 夏野菜には「体の熱をとる」作用があります、体を温める「生姜」や「スパイス類」などを一緒にとりましょう。

◆適度な運動で心も体もリフレッシュ    
 適度な運動は体内の老廃物を排出し、全身の代謝を促進して内臓の働きを活性化します。

カイロプラクティックによる改善例

‘常生活での悪い姿勢の見直しと調整で、良い姿勢と立ち方を身につけられます。
良い姿勢を習慣化できれば体・内臓への負担は軽くなります。

∩歓箸龍敍のバランスを整えることで代謝を促進、骨格も含めた可動性がアップします。

9盤や、骨盤まわりの筋肉の調整で、生理痛なども軽減します。

てきの悪くなった内臓を施術して、お腹に血液を集めることで機能の回復が図れます。



kikimimizukin at 14:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月31日

2006年7月号  夏バテ〜夏嫌いのあなたに贈る暑さ対策〜

まもなく夏本番!「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」
毎年悩まされる方も多いはず。夏バテは、暑さに対応するため身体にムリが生じることに原因があります。
「仕方ない」と諦めず、ちょっとした工夫と、正しい知識で、夏バテ防止に努めましょう。


室内外の温度調整

 日中は冷房のきいた室内から、うだるように暑い戸外に出ると激しく体力を消耗、加えて熱帯夜による寝不足が重なり、次第に元気がなくなって、悪循環がパターン化・・・。

内外の温度差は五度程度が好ましいと言われています。
暑いときだからこそ薄手の長袖を持ち歩き、ちょっと冷房が強いなと思ったら羽織ることで急激な温度変化による体調不良を防げます。
また、気温が高くても湿度がさほど高くなければ、あまり不快に感じずに過ごせます。就寝時にはクーラーを使わず、ドライモードで湿度を上手に調整しましょう。

適度な運動と栄養補給

 適度な運動で汗をかくことが夏バテ防止に有効です。
普段から汗をかくことに慣れていると、暑さへの免疫も強化されます。
但し、運動後の食事次第で、かえって悪化してしまうので注意が必要です。
汗には沢山の塩分とともに、身体に必要なビタミン、ミネラル類が含まれています。これが体外に流れ出てしまうと、血液が濃縮し、血行不良を起こして筋肉に乳酸が溜まってしまいます。その結果、疲労やだるさを感じるようになるのです。運動して汗をかいた後は、水分だけでなく、失われたビタミン、ミネラル類も補給しましょう。
 
ビタミンを摂るには…
 ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどアリウム属の野菜は、疲労回復に必須のビタミンB1を多量に含むだけでなく、血行を良くする硫化アリルも含みます。

ミネラルを摂るには…
 ひじき、ワカメなどの海藻類がオススメです。

 人は汗をかくことによって、体温を調節します。
一日中エアコンの環境下におかれ、暑い季節なのに汗が出ないでいる方は要注意。意識して運動で汗を出すようにしましょう。

カイロプラクティックを利用した対策
 カイロプラクティックと言うと腰痛、肩こりを治すものというイメージが強いと思います。しかし継続して受けていくことで体質の改善につながります。症状を治す働きと、疲労回復や夏の猛暑に対応する働きの根源は同じです。誰にでも備わっているこの働きを最大限に引き出すことが、カイロプラクティックの本来の狙いなのです。
 具体例を挙げると、汗が出ない、あるいは汗が出にくい体質の方を、環境に順応して自然に汗が出る体質に改善するという具合にです。
 加えて、頭・顔・顎まわりの筋肉を緩めることで、消化酵素である唾液の分泌が良くなり、胃腸への負担を軽くすることにより、夏バテ解消のお手伝いが出来ます。
 今年の夏は、「ご自身での体調管理」と「カイロ」を組み合わせて、元気に乗り切りましょう。



kikimimizukin at 10:43|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年07月14日

2006年6月号 〜天気痛…雨と痛みの不思議な関係〜

六月に入り、そろそろ梅雨の気配。しかし、先月から
梅雨入りしたかのような天気が続き、すでに「ウンザリ」と思われている方も多いのでは?

ところで「雨が降ると関節が痛い」「古傷が痛むとその後雨が降り出す」という話、耳にしたことはありませんか?
雨と関連したこうした痛みを『天気痛』といいます。
「カラダの調子で雨が判るなんて、便利でいいじゃない」
なんて声もありますが、なるべく不快さは避けたいもの。
今回は、こうした天気痛がなぜ起こるのか、また痛みを緩和する対策についてお話ししましょう。
 
◆天気痛発生のメカニズム ・・・何が原因か? 

早速結論ですが・・・。
 .劵好織潺鵝
◆ゝぐ喫册
 
天気痛の原因はこの二つの絡み合いです。 
ではそれぞれについてみてみましょう。
  
「ヒスタミンって何?」

一言で言うと、毒物やアレルギー物質などが体内に侵入
した際、痛みや炎症を引き起こす物質のことです。
皆さん一度は耳にしたことがある「抗ヒスタミン剤」という言葉。ヒスタミンの働きを抑え、炎症反応を抑えるのが、花粉症の薬の仕組みです。
またヒスタミンには交感神経を刺激する作用があります。これにより筋肉や血管が収縮した結果、疲労物質が滞り、痛みを感じやすい状態になってしまいます。そして、これとは対称的に脳の血流を上げる作用もあります。天気痛の症状に偏頭痛を伴うことがあるのはこのためです。

「気圧の変動はどう関係してくるの?」

関節の圧力は普段、外から内に向かってかかっています。ところが天気が悪くなる(低気圧が近づく)と、大気圧が下がり、普段とは逆に関節内から外に向かう圧力が勝ります。この際、以前負傷したことで内圧が変わっていた古傷が痛みだすことがあります。日頃から常に負荷がかかり、組織や構造が弱くなっている膝などが真っ先に痛み出す理由がこれです。また、むくみも発生し重ダルいような痛みを誘発、さらに気圧の低下は体内のヒスタミンを増加させてしまう原因にもなります。まさに「痛みの悪循環」がここに形成されてしまうわけです。

◆対策 ・・・痛みを軽減するには?
   
 ー律神経を整える (交感神経の抑制)
◆,爐みを解消する

 原因から考えると、この二点を中心に対策を考えるのが最も有効でしょう。

★ 対策その1 〜 半身浴 〜
 むくみの解消・交感神経の抑制に効果が期待できます。ぬるめのお湯にゆっくり浸かる半身浴 で血行を促進〜代謝を上げてむくみを解消、交感神経を抑制しましょう。 (※就寝前がオススメです)

★ 対策その2 〜 食事のポイント 〜
 キーワードは「カリウム」の摂取。利尿作用によりむくみの解消に効果の高いカリウムを、今が旬のるキュウリやスイカ、ナスなどから摂りましょう。

★ 対策その3 〜 カイロ施術によるメンテ 〜
 カイロプラクティックの骨格矯正操作(首や背骨・腰の関節をポキッとやるあれです)は、交感神経を抑制し、副交感神経を優位にさせることが科学的にも証明されています。
★ 対策その4 〜 筋力強化とストレッチ 〜
 筋力が弱い ・ 筋肉の柔軟性がない など、運動不足も血行を悪くする原因です。日々の体操やストレッチで体内の血液循環を促進、疲労回復やむくみの解消とともに、体質の改善を図りましょう。


港区の整体院【白金台カイロプラクティック】肩こり・腰痛・自律神経失調症
品川区の整体院【大井町カイロプラクティック】肩こり・腰痛・自律神経失調症

kikimimizukin at 14:02|この記事のURLComments(7)TrackBack(0)