世間の事を考える

世間で評論されていることは真実なのか。 正論なのか。


 【緊張高まる東アジア】

 世界の混乱に乗じて、日本も戦争の危機に晒されて始めていると感じている人が多くなって来ている。
しかし、世界の歴史から検証してみれば、たった1日たりとも世界が穏便に過ごせてた時間は存在していない
要するに、争いのない時は無く、争いは無く成らないのだ

 それを知っているからこそ、防犯に力を入れる。
家に鍵を掛けないで旅行に出かける事の出来る人は、世の中に何人いるだろうか。
日々、トラブルに巻き込まれない準備をしている方が殆どだろう


 【高度なミサイル発射】

 今回のミサイル発射を、多くの有名人や政治評論家達は、アメリカへの威嚇や交渉手段と考えているようだが、それだけだろうか。
新しい韓国の大統領が、親北派の代表的存在なのはあまりにも有名だ
彼は、日本やアメリカの政治家と違い、北も南も同じ同胞で家族であると考えている人物であるので、北朝鮮に対する制裁を好んでいない。
もちろん、自分の家族を守りたいと考えるのは万国共通の認識だから、それが当たり前と考えている。
 
 今回のミサイル発射は、北朝鮮がこの新大統領がどれだけの親北なのかを知る為の行動と考えれば、最も理に適う
結局、新大統領は大きく北朝鮮を批判する事は無かった。
ここに、計算された金正恩の頭の良さが垣間見える


 【文在寅大統領の考えとは】


 文在寅大統領は、金正恩を取り込む事によって南北統一を図り、中国や日本に対抗出来る国の存在を目指しているのだろう。
その事を理解している日本の政治家は希少だ。

 もし南北朝鮮統一が成れば、核を持った大国がアジアにまた一つ増える事になる。
核を新たに持つ事は禁止されているが、核を持った国を取り込む事によって、核保有国になる事は禁止されていない。
すなわち、この事が成さればアジアにとって大きな緊張を呼び込み、特に日本にとっては更なる危険をはらんだ核保有国の誕生と成るのだ


 【トランプ大統領の真意は】

メディアのトランプ批判は、とどまる事を知らない。
果たして、彼の発言や行動は間違いなのだろうか。

2007年のWWEでのイベント以来、この世界最大のプロレス団体の成功術を真似た手法を取り入れている様に思える。
億万長者でもあるこの団体のCEOマクマホンは、金持ちや団体のトップに君臨し成功を治める者は悪でなければならないとの信念から、その精神を実践し批判を浴びながら、WWEを世界一のエンターテイメントの会社に成長させた。

 常に所属選手の誰かを標的にし、腕力や経営者という立場から暴言や暴力で傷めつける行為を観客たちに見せつける。
それによって、彼ら権力者達が登場する度にブーイングの嵐が起こるのだ。
そして彼らは、いじめられた選手やその仲間達からボコボコにされ、彼らにいじめられていた選手達がヒーローとして称えられる事になる。
この一連のストーリーが、終息を迎えることなく現実とともに進行して行くのがWWEだ。


 【権力者は部下や国民に本音で行動するほど、その団体や国は発展する】

 この団体のイベントに参加し、絶対的悪のマクマホン氏等権力者やその仲間を懲らしめる役のトランプ氏も、ここでヒーローになった。
しかし、ヒーローであったトランプ氏は忘れられても、絶対悪であるマクマホン氏は絶対的悪でありながらも、更に人気者になって行くのだ。

 ここで彼は学ぶ。
正義を貫き、団体(国)を成功に導きだす為には、最高権力者(大統領や首相)が悪を演じなければならない。
強い者や横暴な権力者たちが懲らしめられる姿を見て、観客は興奮し歓ぶ。
そして、そのヒーローに憧れた多くの子供たちやファンが、権力者の経営するこの団体(国)を支持し、虜にされてしまうのだ。

 しかも、そのヒーロー達も人気が落ちると、権力者達に取り込まれ悪に変身したりもする。
そして違う選手が現れ、悪の軍団を懲らしめる新しいヒーローが誕生し、この団体(国)のストーリーはつづき続けるのだ。

つまり、権力者は嫌われたくない為に、本音や真実を抑えてまでもきれい事を発言したり行動をしたりした時点で、その団体や国は衰退する。
その事を理解しない権力者は、真の指導者でなかったと言っても過言ではないだろう。

 昨年一昨年の大統領選から、明らかにこの手法を真似たと考えられるトランプ氏は、当然の如く勝利し、いまだにメディアにや評論家達に批判を浴びながらも、着実に成果を出し続けている。

 彼を差別主義者や幼稚だと批判する有名メデイァが、日本でいう左翼系中心の放送局や新聞社である事を認識していないのだろう。
日本を含めた外国の人達が、これらの報道を真に受けた愚かな発言や行動をしている事に、どちらが幼稚で浅はかなのかと情けなく感じてしまう。

きれい事中心では世の中が堕落し、何も成さなくなってしまう事を彼は知っている。

 北朝鮮に核を持たせたのは、きれい事を中心に政治を行ったクリントンでありオバマである事を理解しているのだろうか。
今回、民主党候補クリントン女史が大統領にならなかっただけでも、日本も世界も救われた事を多くの人達は知らない。
本音で語る事を躊躇しない彼こそ、真の指導者と言えるだろう。

↑このページのトップヘ