【緊張高まる東アジア】

 世界の混乱に乗じて、日本も戦争の危機に晒されて始めていると感じている人が多くなって来ている。
しかし、世界の歴史から検証してみれば、たった1日たりとも世界が穏便に過ごせてた時間は存在していない
要するに、争いのない時は無く、争いは無く成らないのだ

 それを知っているからこそ、防犯に力を入れる。
家に鍵を掛けないで旅行に出かける事の出来る人は、世の中に何人いるだろうか。
日々、トラブルに巻き込まれない準備をしている方が殆どだろう


 【高度なミサイル発射】

 今回のミサイル発射を、多くの有名人や政治評論家達は、アメリカへの威嚇や交渉手段と考えているようだが、それだけだろうか。
新しい韓国の大統領が、親北派の代表的存在なのはあまりにも有名だ
彼は、日本やアメリカの政治家と違い、北も南も同じ同胞で家族であると考えている人物であるので、北朝鮮に対する制裁を好んでいない。
もちろん、自分の家族を守りたいと考えるのは万国共通の認識だから、それが当たり前と考えている。
 
 今回のミサイル発射は、北朝鮮がこの新大統領がどれだけの親北なのかを知る為の行動と考えれば、最も理に適う
結局、新大統領は大きく北朝鮮を批判する事は無かった。
ここに、計算された金正恩の頭の良さが垣間見える


 【文在寅大統領の考えとは】


 文在寅大統領は、金正恩を取り込む事によって南北統一を図り、中国や日本に対抗出来る国の存在を目指しているのだろう。
その事を理解している日本の政治家は希少だ。

 もし南北朝鮮統一が成れば、核を持った大国がアジアにまた一つ増える事になる。
核を新たに持つ事は禁止されているが、核を持った国を取り込む事によって、核保有国になる事は禁止されていない。
すなわち、この事が成さればアジアにとって大きな緊張を呼び込み、特に日本にとっては更なる危険をはらんだ核保有国の誕生と成るのだ