2006年02月16日

CBR150Rファイナルインプレッション

fipCBR150Rを購入してから事故によって廃車になるまでの1年と少しのあいだ乗っての感想をまとめてみた。
延び延びになってたけれど、いつまでも書かないままなのもいやなので、暫定版として見切り発車。

■スタイリング
見ての通り、現行国産250cc未満クラスではZZR250にしか無いフルカウル。
そのZZR250と比べても、CBR150Rの方がデザイン的に新しさがある。
ただしカウルはあくまでも見た目重視で、風除けの効果はほとんど望めない。無いよりはマシ程度。

横から見ればそれなりの車格があるものの、正面から見たときの幅の狭さは特筆もの。これは生産国であるタイの交通事情に合わせたものだと思われる(タイは日本以上にバイクが車の間をすり抜けまくる)。
発売当初から外観の形状に変更は無い。


■ライディングポジション
見た目レプリカ系とは言え、そのライポジはかなりラク。
ステップが低くセンター寄りで、普通に座った感じになるので、上体を起こすも伏せるも自由。
ハンドルは一応セパレートタイプだけれど、トップブリッジよりも高い位置にあるので上体が覆いかぶさるような姿勢にはまずならないので疲れにくい。

シートも縦に長く横幅もあり、ある程度自由が利く。
タンデムはパッセンジャーには厳しいだろう。


■走行性能
内燃機関は水冷DOHCエンジンと、なかなか本格派だけれど、やはりパワー感はそれなり。
トルクも低速はかなり細い。ただ、パワーもトルクも150ccという排気量を考えれば充分過ぎる位のパフォーマンスを発揮しているとは思う。
停止状態からのスタートでは、クラッチを切った状態で無理にスロットルを煽ったりせずに普通にスタートしても、数百メートル先までスカイウェイブ250に遅れをとることはまず無い(実験済)。

タコメーターのレッドゾーンは11500rpmからで、上まで回すのは結構楽しい。音がかなり大人しいので、気兼ねなく回すことが出来る。
スピードメーターは220km/hまで刻まれているけれど、最高速はメーター読みで140km/hがいいところだろう。
回しっぱなしのような感じにはなるけれど、何とか高速道路も走れるし、遅い車は追い越しすることもできた。

乾燥重量が115kgとオフロードバイク並の軽さで、ヒラヒラと軽快に曲がることができる。逆に言えば直進安定性はあまり高くない。横風にも弱い。

ステップの位置が低く、あまりバンク角は取れない。
標準で装着されているIRC(井上ゴム)のタイヤが耐久性重視でグリップ力が低いこともあり、バイクを深く寝かせるとかなり不安になる。

ブレーキは前後共に通常走行では必要充分な効き。
ワインディングロードをやや速いペースで走る場合でも対応できるけれど、フロントに関してはこのあたりから効きにやや物足りなさを感じてくるかもしれない。

サスペンションは前後共に固め。
特にリアはそれが顕著で、マイナーチェンジによって現行型では調節機構がつくようになったものの、これは車高調の性格が強く、根本的な解決にはなっていないと思われる。
エンデュランス及び全国のエンデュランス代理店で扱うCBR150Rにはフロントにも調節機構が備えられている。


■燃費
驚異の低燃費。
俺の場合、街乗りで30km/l前後、ツーリングなどで安定して走る場合は40km/l弱、最後のツーリングとなった中部・北陸ツーリングの途中では44km/lを記録した。


■装備
メーターは速度、回転、水温、燃料の豪華4連メーター。
トリップメーターは総走行距離計のみ。
燃料コックは付いていないけれど、燃料計がかなり余裕のあるつくりで、完全に残量0を指した状態でもガソリンスタンドを探すくらいの距離は走れる。
収納はリアシート下にある。俺は普段は車載工具とU字ロック、書類を入れていた。コンパクトなレインスーツなら、無理矢理押し込めばなんとか入れることもできた。
リアシートはキーでワンタッチで外せる。

ミラーは見辛い。マイナーチェンジで現在は可倒式に変更されたものの、以前よりはマシになった程度のようだ。

ウインカーが前後ともに日本国内の保安基準に適合していない。
原因は幅の狭さにあるようで、エンデュランスおよびエンデュランス代理店で購入した場合は無償でカウル埋め込み式のウインカーにしてもらえるようだ。


■信頼性
エンジン周辺の信頼性は非常に高いと言える。
オーソドックスな造りであるぶん、高い信頼性を確保しているのだろう。
新車購入から廃車となった1万4千km弱まで、エンジンに関してはノートラブル。

マフラーはエキパイ部分の一番上の層のコーティングが5000kmを過ぎたあたりから剥がれ始める。
ただし悪影響は無いようだし、穴が空くまでにはまだまだ厚みがあるように感じた。

ステムベアリングのグリス切れはCBR150Rの弱点のようで、俺を含め複数のオーナーに同じような例が見られる。
もちろんこれはCBR150Rに限らずどのバイクでも起こり得ることなので、普段から注油を怠らないようにしておけば良いだろう。


■消耗品
一番初めに寿命が尽きたのがヘッドライトバルブ。
形式はPH7で、国産原付等にも使われている形式なので用品店で容易に入手できる。

装着タイヤはIRC製。ライフ重視で、スリップサインが出るのは15000kmあたりだろうか。結局俺は交換しないうちに廃車になってしまった。グリップ性能は低い。
ちなみに日本では同じ銘柄は流通していないようだ。
前後とも同サイズにするならブリヂストンのBT-39SSしかない。
フロントが10mm太くなるけれど、ダンロップのTT900GPに換えるオーナーも多いようだ。

オイルはショップではホンダ純正のウルトラG2を勧められた。あまり高品質なものに拘る必要は無さそうだ。
交換サイクルは2000kmに1回と決めていたけれど、3000kmに1回くらいでも問題はなかっただろう。
オイルフィルターが無いので交換はラク。容量は1リットル。


■純正パーツ供給&アフターパーツ
外車で心配なパーツ供給だけれど、やはりやや不安定な場合がある。
けれど数年前に比べればかなり安定してきているようでもあり、エンデュランス系列や、リバーサイド、パッセージなど信頼の置けるショップから購入していれば、それほど心配することは無いと思われる。
それでも、あまり交換することのないような需要の小さい部分のパーツに関しては、暫く待たされることもあるだろう。

アフターパーツは、マフラーに関してはいくつか種類があり、エンデュランスから数種、リバーサイド、その他タイ製らしき製品がオークションに出品されることもある。
ただし、ヤフーオークションにはエンデュランスマフラーの模造品が出品されることがあるので注意が必要。

エンデュランスのレーシングマフラーは相当強烈なようで、XaRaTEXさんによると発進でフロント浮くわ、2速アイドリングで走れるわでエライことになってるらしい。
そうでなくても純正マフラーはオール鉄製と思われるので、重量的なアドバンテージを考えるだけでもマフラー交換の価値は多いにあるだろう。

マフラー以外のパーツは、同じくヤフオクで偽ヨシムラ製らしきバックステップが出品されることもある。恐らくこれもタイ製だろう。
その他となると、エンデュランスで扱っているFフォーク用イニシャルアジャスターキット、ローダウンシート、リアキャリア、タンデムシートカバー(シングルシートカウル)、ブレーキパッドの他、レース用パーツもある。


★総括
CBR150Rは、同クラスの現行国産車には無い魅力的なスタイルが一番の売り。
一見レプリカ風だけれど、走行性能への過度な期待は禁物。
ただ、パワーは控えめではあるけれど、150ccという排気量を考えれば決して非力でどうしようもないわけではない。
細い車幅はすり抜けしやすく、街乗りに最適。優れた低燃費はツーリング等にも向いている。
パーツ供給に若干の不安はあるものの、信頼できるショップで購入するのなら、初心者にも比較的購入しやすい稀少車であると思う。


このインプレッションは暫定版で、今後も暇を見て加筆・訂正予定です。
個別に質問や間違いの指摘等ありましたら、コメントやメールでお願いします。
近いうちにまずは画像と関連リンクの追加をしようと思う。

kikka18 at 18:29│Comments(14)TrackBack(0) CBR150R 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Maarja   2006年02月16日 22:13
5 詳しインプレ、お疲れ様です。
先週、国道で同じCBR150Rレプソルと並びました。挨拶程度でしたが、女性の方でした
その翌日に事故!手術を受け、昨日退院しました。バイクの方はアッパーカウル、マフラーを軽く削っただけでしたので、春頃には直したいです。詳細不明ですが、ウインカーについてリコールが出てるようです。それから事故直前に22222.2kmになりましたが、ステムはまだイカレてません。
2. Posted by やいり   2006年02月18日 20:47
えええ!?手術って、重傷じゃないですか!
具合はいかがですか?お大事になさってくださいね。
ウインカーのリコールは僕も気になってるんですが、とりあえずは直した人の報告待ちですね。
3. Posted by Maarja   2006年06月19日 03:09
ようやくCBR150Rの修理が完了しました。REPSOLカラーのカウルは少ないらしく、予定よりも2週間遅れてしまいました。
外付けウインカーはタイホンダのNSR150SPのものを流用してるそうです。それ程出っ張ってることもなく、車幅感覚に影響は見られません。明るく見やすいです。
元ウインカー位置には配線加工をしてポジションライトを付けました。4灯スタイルになり、明るさが増した感じがします。上記URLに写真を載せています。CBRの後学になれば幸いです。
4. Posted by Maarja   2006年06月19日 03:13
追伸;ピクトなので時間帯によりPC閲覧が制限されていますが、PC制限は許可しています。何分携帯からですので、宜しくお願いします。
5. Posted by やいり   2006年06月26日 12:44
ポジションランプ良い感じですね!
見た目にもカッコイイですし、CBR150Rの暗いライトの補助にもなりそうですね。
外付けタイプのウインカーはまさに僕が見たものと同じっぽいです。

近いうちにこの記事で画像使わせてもらいたいと思います。
マズかったら言ってください。
6. Posted by Maarja   2006年07月03日 11:52
構いませんよ。使っていただければ光栄です。
7. Posted by ゆすけ   2006年10月02日 12:30
レプソルのCBR150Rを買いました。
今はもうレプソルは作ってないんですね。
カウルだけ付け替えだって言われました。
なんか微妙な感じです
8. Posted by やいり   2006年10月20日 22:27
購入おめでとうございます♪
エンデュランスのレプソルですか?それなら良いと思いますよ〜。
オリジナルのレプソルカラーの頃は、今よりもっとミラーが見辛いですし、キーシャッターですし、前後ともサスの調整できないですし。
そのぶん値段が上がっているというのはありますが…。
9. Posted by けんた   2006年11月01日 16:25
はじめまして。けんたっていいます。
CBR150Rを買って、今、CBR150R友達を探してます。
気軽にメールくださいね。
まだバイク初心者です。色々教えてくださいな。
ちなみに東京に住んでる二十歳の大学生です。


管理人さんへ
もしダメだったら消してくださいね。。。。
10. Posted by やいり   2006年11月13日 23:32
初めまして!
CBR150R購入おめでとうございます。
メカニカルなことはサッパリですが(笑)、よろしくお願いします。

近々メールフォームを作りますので、何かありましたらそちらからでもどうぞ〜。
11. Posted by 飛鷹   2007年02月17日 23:28
初めまして。
06年モデルのCBR150Rに乗っている、飛鷹と申します。
私のサイトからリンクを張りましたので、そのご報告に参りました。

こちらのインプレッションはとてもわかりやすく、「よくバイクを見ているな」と感じます。
きちんとバイクの事を把握されているので、廃車になっていなければ、良いバイクになっていただろうと思うので、残念です。
12. Posted by やいり   2007年02月24日 23:36
初めまして!
リンクありがとうございます。
バイク初心者なのでおかしな点も多々あるインプレッションかとは思いますが…。
間違い等に気付かれましたらご指摘お願いします〜。
13. Posted by akio   2008年02月27日 16:50
5 もう更新はないのでしょうか?
14. Posted by やいり   2008年03月17日 23:37
更新したいなぁと思うことはたまにあります。
書きたいこともあるのですが、完全に忙しさに感けちゃってますね…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔