今日は、「いわき万本桜プロジェクト」第4回目の植樹日。朝から小雨が降ったり止んだりしていたが、霧雨程度だったため、決行することに・・・。今日の桜の苗木植樹は200本。雨模様だったが、45名もの方が植樹に参加してくれた。今まで最も多い参加者数だ。3つのブロックに別れて植樹を行い、正午過ぎに植樹を終えた。今日は、常磐関船体育館避難所で生活している被災者の願いが書かれた木札も植樹した桜の苗木に下げた。

前回、前々回に引き続き、遠くはカナダ在住ののCRV蓮見正広社長や東京からは加藤きくよさん(いわき出身)が参加してくれた。蓮見社長は、第2回・第3 回そして今回の植樹に際して数日間いわきに泊まりこんで協力してくれている。志賀社長とともに植樹する山の遊歩道の整備や階段作りを連日行っている。最強の助っ人だ。蓮見社長は、山へ自由に行けるようにと「4WDの軽自動車」を今回いわきで購入した。蓮見社長の行動力には頭がさがる。また今回は地元の多くの方が前日から草刈などに参加してくれたためスムーズに植樹を行うことができた。

今日の炊き出しもカレーライス。45名と大人数なので大きな鍋(45リッター)いっぱいにカレーを準備することにした。ご飯はいつものように「はがま」で炊く。米は4升5合。5升炊きのはがまで米をとぐ。米とぎがこんなに重労働だとは思わなかった。前回までは上手に炊きすぎたのか、おこげがあまりできなかった。
蓮見社長が前回・前々回の植樹の際「おこげがたべた~い」と言っていた。どうにかして上手におこげができないものか?と思い、炊き上がってもすぐには竈から降ろさず、炭火で蒸らしておいた。今までは最大で3升5合までしか炊いたことがなく、ご飯の炊き上がりが不安だったが、なんとか上手く炊くことができた。おこげもバッチリだ!

植樹を終えた参加者が次々と炊き出しの場所(ほのじさんの山)に来る。ふっくらと炊き上がったご飯にカレーをかけ参加者に食べていただいた。お替りする参加者が続出。ご飯は間に合うのか・・・?と不安になったが、どうにかご飯もカレーも不足せずに、腹一杯食べていただけた。小さな子供もお替りして美味しそうに食べてくれた。蓮見社長へは念願のおこげを・・・・。志賀勝子さんがおこげに醤油をまぶして蓮見社長へ・・・。蓮見社長は、満面の笑みを浮かべておこげを食べてくれた。

参加してくれたテレワークセンター様からは「いわき産の蒲鉾」、茨城県つくば市の蛇の目寿司松本様からは「ところてん」が差し入れられ、みんな美味しそうに味わっていた。デザートのスイカも大変美味しいと評判が良かった。

今年前半の「いわき万本桜プロジェクト」は今日で終了。後半の植樹は10月に再開される。

DSCF1594
DSCF1616
DSCF1623
DSCF1626
DSCF1625
DSCF1629
DSCF1635
DSCF1637
DSCF1614