和気信一郎の世界=気功&ふぁんそんテクニックの理論と技、名古屋の教室、講習会などのブログ

名古屋と京都で気功を伝える和気信一郎の気功の理論と技、気功教室、そして癒しへの扉のブログです。

心身の変化は100日後に…5月22日(月)

【100日練功】

気功の世界には100日練功という概念があります。

一つの功法を100日間続けることで、その功法の効果が現れるという考え方です。

いま名前を募集している「基礎的練功」を今日から100日間続けてみようと思っています。

体や心にどんな変かが現れるかが楽しみです。

今日から100日ということは、8月末までくらいだね。

気功は楽しんで続けるものなんだよね。

《気功を楽しもう》5月22日(月)

見学の人が来られました。
前々回に体験された人でした。
何故に見学なのかを訊ねると、今日、見学の後に入会すると、入会費や受講料が安くなるとのこと。
しかし、講座に来られるのは6月からになるらしい。
従って、座学も太極気功18式の2も6月から始めることにしました。

●まず、いま創作中の「基礎練功」を行ないます

●次に、坐式ゆらぎの後、気功流手当てと気功流軟酥の法を楽しみました。

●それから復習を兼ねて太極気功18式の1を通して練功です。

●気感打坐として、気のボールづくりと気のボール当て、更に菩薩静功などを楽しみ、臥式放鬆で体を休めてから授業を終えました。

《気功を楽しもう!》 in 名鉄カルチャースクール
・毎週月曜、午後1時~3時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
・0526832323

名前のつづき

【名前のつづき】

先ほどの練功法ですが、趣旨というかテーマというか、その練功を続けることで、丹田力(生命力)が強くなり、健康の回復、維持増進に役立つんです。

 そんな、命の礎を作っていく気功だということがわかる、そんな名前にしたいんですよね。

名前をつけて下さい

【作品名を募集します】

先日、僕のしている気功を一言で表す名称を募集させて頂き、「ふぁんそん気功」と名付けさせて頂きました。
続いて名前を募集します。
それは、教室などで最初に行なう練功、独りで行なう練功としてまとめた練功法の名前です。
功法は、
●受動的な動きを体感しながらのスワイショウ(掌や指に感覚が出るまで)
→●昇降開合(掌に空気がまとわりついている感じが出るまで)気のボールを持って終わり
→●気のボールを持ったまま呼吸に合わせて腰を左右に捻る動きから、馬歩雲手(滑らかに動き、心地良さが出るまで)
→●動きを止めて三円式タントウ功(無理なく意守中丹田状態になるまで)
→●胸の前の大きな気のボールの上に掌を載せるようにしてから下腹の前まで吐き降ろした後、頭頂部からの採気、額からの採気、襟首からの採気、胸板からの採気を数回ずつ行ない、丹田が温かくなったら下腹に手を重ねて当て、その後、片手を腰(命門)に当てて、更に丹田を温かくする
→●両手を体側に垂らしながら、気感を足まで広げ、腰湯感覚、或いは、足湯感覚を楽しんでから終わる。
以上の練功全体の名称をつけて下さい。
例:基礎練功、土台構築功など…

《気功指導員養成講座》ビデオの撮影会…5月21日(日)

何ということでしょうか。
先月からわかっていたことではあったのですが、参加者はW市から来られる親子連れのみ。

そんな訳で、今日は、K君あたりから要望の出ていた、今期、指導員養成講座で練功する功法のビデオ撮りになりました。

撮った功法は、
★鳥形八式
★結手印
★霊元功

それに加えて、基礎的な気功であるスワイショウ→昇降開合→馬歩雲手→三円式タントウ功→気沈丹田(採気)と、五つの基礎的気功を通して、一つの練功法として撮ってみました。
更に、五つの円を描いてウエストを細くする気功、龍遊功の二つもビデオに収めました。

来月の養成講座(6月18日)には渡せるのかな?

Mさん、ダビング、頼みますね。


●《気功指導員養成講座》
・毎月第3日曜日、午後1時半~4時
・名古屋市市政資料館
・体験→3,000円

哲学して、思想的に深まろう!

僕は、自分の仕事であった鍼灸でも気功でも、関心は常に基本原理、基本法則だった。
基礎科学と言っても良いし、総論と言っても良い。
「こんな時にはこうすれば…」といった視点からのアプローチではないので、一般的には面白くはないと思うし、直ぐに約立つものでもない。
現世利益を求める人には仏道としての修行が何の役にも立たないのと同じことだ。
しかし、基本の法則を理解しないでは、個別的な問題で行き詰まった時に「迷い」の世界に入り込んでしまうことになる。
迷った時こそ、あらゆる問題に対応できる原理、法則は必要なのだ。
気功を学ぶ者にとって、気功とは何か、何をすることなのか、ゆるむ、ゆるめるとは如何なることか…、そういう理論的な探究を抜きにしては自らの気功は確率出来ないだろう。

気功的般若心経の読み方…観自在菩薩

経文の最初に出て来る言葉は「観自在菩薩」で、この観自在菩薩が、後に出て来る「舎利子」に向かって語っているとされる解説もあるのですが、それには疑問を持ちます。
何故ならば、歴史的に現存した人物は、釈尊だけであり、○○如来というのは釈尊の覚りの内容を体現化したものであり、○○菩薩は釈尊の修行の内容を体現化したものだと言われていますので、従って、これは、「観自在菩薩として修行していた時の私が」と、釈尊が語っていると理解すべきだと考えるのです。

《観》
 観というのは、物事の本質を見抜く直観力のことで、人生観、世界観などという場合の「観」の意味を持っています。
気功の場合で言えば、「気功とは何か、何をすることなのか」という問題の本質に迫る気功観のことでしょう。

《自在》
これは「自由自在」という意味です。
物事の本質を見抜くために、誰か(何か)の教えを盲従的に信じたり、教条的に捉えたりするのではなく、そういったものに縛られることなく、自由自在の発想で物事に迫っていくという意味でしょう。

《菩薩》
菩薩とは、ボディ・サットヴァという音を漢字にした菩提薩■(唾を土へんに)(ぼだいさつた)」の略語です。
ボディは覚り、サットヴァは衆生を意味する言葉で、それを合わせたボディ・サットヴァは、覚りを求めて修行している人のことを指しています。
気功的に考えれば、「気功とは何か、何をすることなのか」という命題に向かって、ひたむきに練功している私たちのことだと思います。

●通し訳
人生や、この世界について、その本質を見抜くための直観力を身につけるべく、修行に取り組んでいた時の私(釈尊)が…

●気功的な読み方
気功とは何か、何をすることなのかという気功の本質に迫るべく練功に励んでいるわたしが…。

《養生気功》5月19日(金)

新しく入会された二人の人がお休みでした。


●気功の基礎的練功として、スワイショウ→昇降開合→馬歩雲手→三円式タントウ功→気沈丹田(採気)を通して練功しました。

●それから坐式で背骨や体内をゆるめていく「ふぁんそんテクニック」と坐式ゆらぎをします。

●それから「観自在菩薩」の気功的な読み方の座学です。

●そして、今期の課題作品である大雁功前64式の練功に取り組みました。

●気感打坐の練習として、菩薩静功の形を取りながら、気の感覚の心地よさを体感します。

●最後に臥式放鬆で体を休めて、今日の講習を終えました。


◆《養生気功》 in 名鉄カルチャースクール
・毎週金曜、朝10時~12時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
・0526832323

《中日気功の会》5月17日(水)

今日から新しい人が参加されました。
●最初にスワイショウやタントウ、簡単な体ゆるめをしてから座ります。

●次に、気功流手当てから首ほぐし、すわりイルカ、坐式ゆらぎと通して体の芯からゆるめました。

●みんなで簡単な自己紹介をし合ってから、気功の基本の説明を簡単にします。

●それから、作品としての「三叉螺旋功」の練功を時間をかけて何度も行ないました。

●そして、気功の基本の一つに加えた「気感打坐」として、菩薩静功の様々な坐り方を楽しみ、講習を終えました。

来週からは基礎的な座学も始めることにします。


《中日気功の会》
毎週水曜日朝10時~12時
・名古屋市市政資料館(予定)
・09019816957
・初めての方も大歓迎!

《気功を楽しもう!》5月15日(月)

5月に入り、毎回、体験の人が来られます。
今日も体験の人がおられましたので、気功の基本の話と実技を重視しました。

教室が終わった後、体験の人が近寄って来られました。

「私、緊張が強く、いつも頭が締め付けられている感じがするんですが、いま何だかそれが取れて、とてもラクになってるんです。」
という話。

今日は、スワイショウやタントウ、昇降開合、馬歩雲手、気沈丹田、坐式ゆらぎ、気のボールづくり、顔からの洗い流し、頭からの洗い流し、気のボール遊び、気の舞など、予定していた太極気功18式の2や気感打坐(坐式静功、坐禅気功)などにも手を出せないほど、気の感覚を体感する基礎的練功ばかりの講習でしたが、やはり、初心者には、功法より、気の心地よさの体感を主とした練功が良いんですよね。

《気功を楽しもう!》 in 名鉄カルチャースクール
・毎週月曜、午後1時~3時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
・0526832323
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 5月の《元気のつどい》5月14日(日)
  • 5月14日(日)は、《元気のつどい》です!
  • 《四日市養生気功道場》へのお誘い
  • 和気の肩書きが決まりました!…5月10日(水)
  • 2017年度前期の始まりです。
  • 2017年3月の気功教室、講習会のご案内(名古屋)
最新コメント
QRコード
QRコード
和気のTwitter
気功&ふぁんそんテクニック
天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ