和気信一郎の世界=気功&ふぁんそんテクニックの理論と技、名古屋の教室、講習会などのブログ

名古屋と京都で気功を伝える和気信一郎の気功の理論と技、気功教室、そして癒しへの扉のブログです。

気功指導員養成講座・1月15日(日)

一人入会。
一人、風邪のため欠席。

●前回に引き続き九九蓮花功の練習。

●第一節の如意蓮花から第五節の笑蓮擺頭までを復習。
一つ一つの形(姿勢)にも動きの連動にも注目。

●新しく第六節から第九節までを練習。

●最後に、全体を通して練習。

●座学はやめて、お茶を飲みながら懇親会。

気功は形を覚えることではなく、基本を軸に、自分の心地よさを大切にして、そこから膨らませていって、自分の気功を構築していくことが重要であると強調。

●次回は、これまで練習してきた峨眉内功と九九蓮花功の中から、自分が一番好きな功法を紹介する感じでの発表会をすることにします。

《気功指導員養成講座》
・毎月第3日曜日、午後1時半~4時
・名古屋市市政資料館
・体験→3,000円

和気信一郎
09019816957
kikounosensei@docomo.ne.jp

練功の三要素

気功は練功によって身につけられるものです。
練功の方法には様々なものがありますが、それを大きく三つに括り、それを練功の三要素と名付けます。

◆練功の三要素
★体の使い方、動かし方を身につける。
★体のゆるめ方、ふぁんそんテクニックを身につける。
★きの感覚を体感する。

そして、これらを一つのもの、即ち、三位一体として統一的に練功していくことで気功は深まっていくのです。

例えば、鈴鹿セブンマウンテンの一つである御在所岳には、裏道、中道、新中道など色々な登り道がありますが、登ってみると頂上で合流します。
しかし、気功の練功は、そういう登山とは違う方法で深めていかねばならないのです。

うまい例えが見つかりませんが、何かの出汁やタレを作るようなもので、ベースになる出汁に醤油を加えたり、塩や砂糖を加えたりして自分好みの味を作っていきますが、練功はそんな感じでしょうか。

動きだけでもダメ。
ゆるみだけでもダメ。
気の感覚だけでもダメ。

それらが統一されていくところに治療的にも芸術的にも優れた効果や美しさがもたらされて来るのです。

気功の学校・1月14日(土)

体験の人が来られ、入会されました。

●軽く捻りのスワイショウとタントウ。
●練功の三要素について簡単な説明。
1、体の使い方を身につける。
2、体のゆるめ方を身につける。
3、気の感覚を身につける。
が練功の三要素。

●気のボールを作る。
●手当による胸腹部の皮膚から体内の体感。
●気のボールを当てて皮下に染み込む体感。
●胴体貫気。
●逆式腹式呼吸の練習。
●胸板からの採気。
●掌からの採気。
●峨眉内功・起式。
●菩薩静功

などを楽しみました。

ご参加下さったみなさん、ありがとうございました。
<(_ _)>

気功の基礎から応用までを学び深める《気功の学校》
・第2~第4土曜日午後1時半~3時半
・名古屋市市政資料館
・体験→1,500円

気功を学ぶ者たちへ・左右に捻る

第一章 体の使い方、動かし方を身につける。

第三節 その場で動く時のポイント

4、脊椎を捻る

★馬歩で立つ。
★右足の裏で床を斜め後ろに押す。
 右の骨盤(腸骨)が前に出ていき、骨盤が左に捻られる。
骨盤が捻られた後、その惰性(慣性の法則)によって腰椎が捻られる。
そのまま、その捻りが上に向かって胸椎を捻っていく。
★戻る時はバネが戻るように、骨盤、腰椎、胸椎の順に戻る。
左右交互に連続して行なう場合には、捻り戻された骨盤をそのまま反対側に捻り、それから腰椎、胸椎と下から順に捻られるようにする。

※弓歩の場合も同じ。

養生気功・1月13日(金)

新しい年が始まり、大雁功も再開です。

●軽くスワイショウとタントウをしてから大雁功の練習に入りました。
前に進んだところまでの復習をします。
泳動(ヨントン)という飛び上がるところから、湖を見下ろし、そこに舞い降り、水面で水しぶきをあげながら飛び回り、水を飲んでから、天を仰いで気を丹田に戻すという一連の舞を練習します。

次に、気を採り入れ、更に、その気を天まで広げてから大きな気のボールにし、その気を凝縮して、揉みながら練り、もう一度天に広げてから大きな気のボールにした上で、その気を丹田に収めるという箇所の練習です。
続いて、扇のように舞い上がって跳ぶ、湖の上をスイスイ跳ぶ、エサを探しながら歩く、寝床を探しながら歩く、一度舞い上がってから巣に舞い降りて眠るというところの、一つ一つの、動きを練習しました。

●次に坐って、坐式ゆらぎの基本を練習します。
背骨を左右にゆらす、前後にゆらす、回しながらゆらすの三つをしてから、自由にゆらしました。

●それから、今日練習した部分の大雁功を通して舞いました。

●最後は、菩薩静功をしてから臥式放鬆をし、体を休めてから授業を終えました。

ご参加下さったみなさん、ありがとうございました。
<(_ _)>

《養生気功》 in 名鉄カルチャースクール
・毎週金曜、朝10時~12時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
・0526832323

癒しの気功法・1月11日(水)

3月まで、あと六回の講習です。

六回の講習で、気功の基本や功法を身につけて頂きたく、六回講座としての内容を考え、授業に入りました。

そうそう、今日から新しい会員さんも来られ、全員が参加されました。

●まず、捻りのスワイショウとタントウを練習します。
●それから、香功を説明しながら動きを通してみました。
●一度坐り、坐式ゆらぎをします。
●それから、音楽に合わせて香功を通しました。
●次に、気のボール(泡)を作り、顔を洗い、その泡で胴体を洗い流し、そのまま、菩薩静功の安心、無邪気、無相、空を行ない、空の感覚を体感しました。
●最後は、臥式放鬆で体を休め、六分の一の講習を終えました。

ご参加下さったみなさん、ありがとうございました。
<(_ _)>

《癒しの気功法》 in 中日文化センター
・第二第四水曜日朝10時~12時
・名古屋栄、中日ビル4階
・0522637111

気功を楽しもう!・1月9日(月)

今年初めての気功教室。

しかし、何とかマンデーと重なり、参加者は男性二人+体験の男性一人の計三人。

まずは体をゆるめることに主眼をおいて、
●捻りのスワイショウ
●体を伸ばす気功や様々なストレッチ

 次に坐って
●首のほぐし
●背骨ほぐし(坐式ゆらぎ)
●気功流手当

再び立って、
●樹木の呼吸
●気のボール遊び
●基本的な足の使い方(動かし方)

最後は
●抱気静功
●臥式放鬆

などをして気功を楽しみました。

★来週からは大雁功をメインにしますね!

ご参加下さったみなさん、ありがとうございました。
<(_ _)>

《気功を楽しもう!》 in 名鉄カルチャースクール
・毎週月曜、午後1時~3時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
・0526832323

気功を学ぶ者たちへ・前後と左右の動き

第一章 体の使い方、動かし方を身につける。

第三節 その場で動く時のポイント

2、前後に動く。
★弓歩で立つ。
腰を落としたまま、足の裏で床を押すようにして骨盤を水平に前後に動かす。
膝頭は足先に向かって出て行く。
腰が上がらないようにするのがポイント。

3、左右に動く。
★馬歩で立つ。
★腰を落としたまま、足の裏で床を押し、骨盤が水平に左右に滑るように動かす。
 膝頭は爪先に向かって出て行き、腰が上がらないようにするのがポイント。

只管打坐…1月9日(月)

記事が更新されました!

◆中日新聞プラス「達人に訊け!」→
 http://chuplus.jp/blog/list.php?guid=ON&category_id=218

気功を学ぶ者たちへ・立ち方と上下の動きのポイント

第一章 体の使い方、動かし方を身につける。

第二節 立ち方
★馬歩、弓歩共に踵に体重を落とす。
 踵だけで立つという意味ではなく、7割、8割程度に踵側に体重をかけるという意味。
 弓歩の場合は、やや後ろ足寄り。
★命門を開く。
 命門を開くとは、第二第三腰椎をやや後ろに押して、腰を真っ直ぐにすること。
 第三胸椎(背中)あたりから仙骨までを真っ直ぐにする為に、前彎している腰椎をやや後ろに押すようにする。


第三節 その場で動く時のポイント

1、上下に動く
★馬歩で立つ。
★尾骨から真っ直ぐに沈み、足の裏(踵)で床を押す。
★上体(脊椎)は骨盤の上に乗っているだけなので、前後に倒さない(体が斜めにならないという意味)。。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 《養生気功》 in 名鉄カルチャースクール…12月23日(金)
  • オイラの楽しみ、半減以下に…12月17日(土)
  • 心からのお願いです。
  • 【新しい気功】新しく足を踏み出すために…11月26日(土)
  • 新しい仲間も参加《京都のお寺で元気になろう!》…11月13日(日)
  • 「京都のお寺で元気になろう!」が無事に船出しました…10月9日(日)
最新コメント
QRコード
QRコード
和気のTwitter
気功&ふぁんそんテクニック
天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ