2010年01月29日

<1003>指導を効果的に行うために…

気遣いの言葉を添えることで、気持ちよくスムーズに応対を

進めるキッカケをオペレーターが自ら作ることが出来るメリットがある。

指導する際にただ応対印象が良くなるから、

企業イメージが高まるから、という視点だけではなく、

こうするとオペレーターであるあなたにも良い効果がある、

ということ伝えることが、改善行動を行う動機付けになるのでは?と思います。

今回は「気遣いの言葉を添える」ことを指導するという例で書きましたが、

「簡潔に話す」とか「お客様の話を聴く」ということを指導するときにも

置き換えることも出来ます。

応対の基本動作を徹底する、お客様とのコミュニケーションを

スムーズに進めるための「きくスキル」は、オペレーター自身にも

メリットがあること。

指導の際のエッセンスに加えてみてはいかがでしょうか?

5日間お付き合いいただきありがとうございました。

 



kiku_skill at 05:00│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 北川日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント