2010年09月20日

<1171>きくスキルを研修で教える場合

こんにちは、情熱のコールセンタートレーナーこと、藤木健です。
今週は、私藤木が担当致します。

 

さて、ブログ執筆者の皆さま共通の悩みとして、そろそろ書くネタがない・・・。
というのがあります。
私もご多分に漏れず、書くネタがそろそろ苦しくなってきました。


そこで、今週は私自身の教えるネタを公開しようと思います。
コールセンタートレーナーとして、企業研修の研修講師として、聞く・聴く・訊くを研修中にお伝えすることはしょっちゅうあります。
というより、きくスキルのことを伝えない研修はほとんどありません。
やはり、コミュニケーションのひとつとして、絶対に欠かすことのできないスキルなのですね。


では、そのきくスキルをどのように教えているのか。
研修の中では様々なやり方で、受講生の皆さんに参加してもらいながらお伝えしています。
今週は、そんな研修でのきくスキルの伝え方、受講生の巻き込み方などをテーマに書いていこうかなぁ、と思っております。


手始めに、明日は「傾聴ゲーム」。
相手の話しをどれだけ真剣に、耳を傾けて聴くことができるかどうか。
そして、それを研修でどのように誘導して、受講生の皆さんに習得してもらうのか。

こうご期待!


ではまた明日。



kiku_skill at 13:01│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 藤木日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント