2011年06月

2011年06月20日

会員研修

 今日は東京税理士協同組合60周年の記念講演で、テレビキャスターの草野仁さんの講演を聞きに行きました。毎週、「世界ふしぎ発見」を見ているので、生の草野さんはぜひ見たいと思いました。黒柳さんや坂東さんの話などとても面白かったです。
 しかも会員研修だったので、研修時間にカウントされて2重にお得でした。

kikuchi37 at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年06月10日

法人税の電子申告ができない

 4月決算の会社の法人税を電子申告しようとしました。J社のソフトを使っていますが、「バージョン不一致」というメッセージがでて、電子申告の申告書が作れません。J社のサイトを見たら、「現在、電子申告システムが平成23年4月1日以後終了事業年度分の法人税の申告に未対応。e−Taxでも、平成23年度の新様式については、まだ受付開始となっておりません」とありました。国税庁のサイトに「ソフト開発業者の方へ」というページがあって「6月20日から受付開始します」とありました。国税庁で平成23年の仕様書の受付をしていないので、J社ではソフトを開発できなくて、電子申告できないのだとわかりました。T社のソフトを使っている友人に聞いたら、T社は予定申告はできたそうですが、J社は予定もできません。せっかく早く決算がまとまったのに、20日まで申告できないのは困ります。

kikuchi37 at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 電子申告 

2011年06月06日

ふるさと納税

今朝の朝日新聞にふるさと納税のことが書いてありました。震災で寄付をする方は多いと思います。どの団体に寄付をするのかは個人の心情の問題ですが、税務的なことだけでいえば、県や市町村に寄付するのがいいですよ、とお客様にはご案内しています。
 総務省のホ−ムペ−ジにふるさと納税の計算式があります。しかしなぜか平成21年の税制で計算してあります。最新のものに直せばいいのにと思います。仮に4万円を寄付し、年収700万円で配偶者がいる場合(所得控除は大雑把ですが)は、今年の税制で計算すると、所得税が7,600円、地方税が28,000円、合計で35,600円が還付または控除になります。寄付した金額の9割近く、自分の税金が減ります。
 ふるさと納税ではなく、日本赤十字社など(住所地の支店ではない)に寄付した場合は、上記の例では所得税7,600円、地方税3,500円、合計11,100円の還付または控除になります。
 控除を受けるときは、確定申告書の第2表の「住民税に関する事項」の寄付金税額控除欄に金額を記入します。今までは、住民税の欄はあまり気にしていませんでしたが、今後は記入する機会が増えるかもしれません。

kikuchi37 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 地方税 
Profile
こんにちわ
2001年に世田谷の経堂で開業しました。お客様と一緒に成長していきたいと思っています。きくち会計のホームページにも是非お立寄りください。