2014年08月05日

消費税の中間納税

 消費税の中間納税で仮決算によらない場合の26号様式の時は、前期の確定消費税額の2分の1とか4分の1などの金額を納めるようになります。そのため、基準となるのは、5%時代の消費税額になります。
 仮決算の場合は、4月1日で5%と8%を区分して計算するようになります。26号様式の場合は、5%を基準として計算するので、相対的に納税額が少なくなり、毎年、同額程度の消費税を納めていた会社にとっては、申告時の消費税が多くなる傾向になります。

kikuchi37 at 11:14│Comments(0)TrackBack(0) 消費税 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
こんにちわ
2001年に世田谷の経堂で開業しました。お客様と一緒に成長していきたいと思っています。きくち会計のホームページにも是非お立寄りください。