【補遺】

参考文献:

藤田日出男『隠された証言 日航123便墜落事故』
河村一男『日航機墜落 123便、捜索の真相』
米田憲司『御巣鷹の謎を追う』
飯塚訓『墜落現場 遺された人たち』

参考URL:
Wikipedia「日本航空123便墜落事故」
 Wikipediaはこういう、世相がひっくり返ったような事件については非常に詳しくて参考になる。
http://asukadoremi.hp.infoseek.co.jp/sozai/JAL123_2.swf
 ボイスレコーダーを飛行記録flashと合わせたもの。状況が分かりやすい。
日航機墜落事故 東京-大阪123便 新聞見出しに見る25年間の記録
日本航空123便墜落事故フライトシミュレート(機外視点)
 フライトレコーダーから再現した、JAL123便の様子。ボイスレコーダーと合わせてあって、飛行の様子が明瞭にわかる。それだけにシリアスだ。
いわれなき批判に反論する(佐藤守元空将のブログ)
 自衛隊の救難が「遅れた」とされることに反論した当時の記事の書き起こし。労作である。どうでもいいが佐藤元空将のブログで紹介されている書籍(福田恆存とか「第二次大戦の傑作機」とか「エース・パイロット」とか)がわたしの守備範囲と丸被りで興味深い。


 この度、改めて日航機墜落事故の資料を渉猟してみて、「日常」「生活」のすぐ隣で起こった事故であることを再認識し、遺族の皆さんの言葉ひとつひとつ、またこの事故に関わった多数の方々の表現ひとつひとつに、胸が痛んだ。

 ただただ、521の魂柱が安らかであることを願うばかりである。


 きくいちもんじ 拝