野球はメンタルな部分に非常にウェイトがあるスポーツである。
もちろん他のスポーツもメンタルな部分に小さくない荷重がかかるものであることは疑いない。
しかしながら野球は、サッカーやバスケットボールなどと違い、合間合間に考える時間が山ほどある(「ブタの双六」と蔑称される所以でもある)。ゆえに、その待ち時間にかかる精神的荷重はひとかたならぬものである。

ゆえに、ゲームを展開する上において、指揮者の「布石」というのが大変重要な要素となる。
それはあるいは「形式form」といっても「規則rule」と呼んでもいい。
それらが重要素となる。

重要素となる理由は二つある。
ひとつは、それが指揮者への帰責事由となるからである。
ひとつは、それが行動者(選手)の期待仮説となるからである。

前者をさらに敷衍すると、次のようになる。
基本的な「布石」が明示され、指揮者によって指揮され、行動者はそれに従う。これにより、指揮者が結果責任を負うという基本形態が現れる。結果責任は分散、あるいは指揮者に集中され、それに基づくことにより、行動者は過度の結果責任を負うことなく行動することができる。これは「安心感」とでもいえるものである。

後者をさらに敷衍すると、次のようになる。
「布石」が「規則rule」となることにより、行動する側にとっては強い予測可能性が生まれる。あるいは行動選択が比較的容易な択一問題となり、結果の吉凶問わず、行動者には合理的な期待が生まれる。とりもなおさずこれは行動者にとって、行動中の精神的負担を軽減することになる。

指揮者による指導の「形式form」が重要になるのは、以上の点によるものである。

野球に限らず団体スポーツを行う・行った事があれば、
・結果ではなく、形式を意識する
・次に自分が何をすべきか、その予測ができる
この二つが如何に重要な意味を持っているか、容易にわかることだろう。

逆にいえばこれらの要素がなければ、結果を意識しすぎて必要以上に自分の行動に負荷がかかることは容易に推察できる。

- - - - -

タイガースは今日も負けた。
今日も今日とて逆転負けである。もはやお家芸になった感がある。

真弓(以下ヒツジ)監督は8回から藤川球児を投入したことを問われ

「調子が悪いのはわかっていたんだけれども、何とかしてくれるのかなあと思って」

という談話を発表した(当日TBSラジオのレポートより)。

「何とかしてくれるのかなあ」というのは言い得て妙である。

「だめかもしれないけれども、選手に任せる」。
9回限定ではなく、
リード場面限定でもなく、
場合によってはいってもらうかもしれない。
でもオレは、オマエに期待しているから。
だから、オマエを出してみるよ。
何とかしてくれるのかなあ?

もちろんこれは選手の自主性を尊重している指揮ではない。
単なる指揮者責任の丸投げといえる。

今年、ヒツジとヒツジの仲間達はこればっかりだった。

歴史を振り返ってみると。
たとえば名将・森祇晶は90年、ぶっちぎりのリーグ優勝・日本一を果たすわけだが、彼は当時の中継ぎエース・潮崎哲也を、いわば酷使した。
6回7回から出して、場合によっては最後まで引っ張る。
90年のシーズンMVPは怪物ルーキー野茂英雄だったが、ライオンズ優勝は潮崎によるものだったと断言できる。
ただしそれができたのも、当時ジャイアンツからきた経験十分のリリーフエース・鹿取義隆が後ろに控えていたからである。

あるいは、横浜ベイスターズで「大魔神」と恐れられた佐々木主浩が1998年、中継ぎエース盛田幸妃のトレードを聞いて「オレを壊す気か」と激怒したというのも、当時の絶対的「守護神」といえども、如何に責任分散が重要かということを例証している。


継投は最も明示的に監督の手腕が表れる場所なので目につきがちだし、我々も論うことが容易なわけだが、以前記したようにヒツジ監督は攻撃指揮でも同様の場当たり的・その場限り的指揮を行う。
それが現場の人間にとって如何ほどの重圧になるか、恐らくヒツジとヒツジの仲間にはわかっておるまい。

ゆえに
「(久保田と藤川の2人は)プレッシャーを背負い込んでると思う。(味方の失策で)大きなプレッシャーを自分に与えてるのかも」と久保投手コーチ。(中略)
CSは07、08年に続く3度目だが、いずれも突破できず。優勝を逃した終盤戦も大事な一戦を取りこぼした。「短期決戦、ここ一番に弱いところがある」と真弓監督。
http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20101018k0000m050061000c.html?link_id=RAH04


こういうことを平気でいう。

「ここ一番に弱い」のはヒツジが「布石」「定石」「形式」「規則」「規範」をもたない、その意味で指揮者責任を何とも思っていないヒツジだからである。

選手のせいではない。