aamall

2016年09月25日

音楽にとって最も大切なこと

日本を代表するドラマー村上ポンタ秀一氏。


師のビデオは何度も観たが、音楽にとって
一番大切なことをこのビデオで語っておら
れる。



3分15秒からの氏の言葉を、ミュージシャンは
噛み締めるべきだと思う。 




「スティックを持つな」と言う氏ではあるが、
近しい方の証言では「あいつはそう言いながら
必死で練習している」とのこと。


まあそうだろね(笑)


ただ、確かに音符に縛られて音楽にとって一番
大事なことを疎かにしているミュージシャンは
多い。 そんなミュージシャンの音楽は人の心に
は届かない。



偉そうなことを書いているが、自分の叩き出す
音が人の心に本当に届いているのかどうかはわ
からない。


ただ、そうありたいとずっと思っている。 

kikumaru7 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月24日

風邪ひきさん

三連休明けあたりから風邪ひいてしまって
体調が悪い…。


季節の変わり目でもあり、ペダルが新しくな
って嬉しがって練習し倒して疲れを溜めたり、
最近また仕事が忙しくなってストレスを溜め
たりで、抵抗力が落ちてしまったかな…。


会社を早引けして同僚や協力会社に迷惑をか
けたり、勿論ドラムの練習などできる訳もな
く、ドラマーとしての退化に怯える。体調を
崩すと精神的にもダメージを負うものだ。




寝て、飯食って、後はボーっとしている日々。
とんだシルバーウィークになっちまった…。


今日はスタジオに入って動画を制作するつも
りだったが、この体調ではとても無理なので
中止。


体調崩すとドラムを叩きたくても叩けない。
それが嫌で体調管理には気を配っていたはず
だが、風邪をひく時はひいてしまうもの。 


ま、今日は大人しくしておこう。




新しい(というか古くなった)システムで早く
レコーディングをしてみたかった。


以前のシステムで録音した動画がこれ。





ドラムの音が大きくてオケとのバランスが良く
ないし、キックのマイクは1本、スネアにはミ
ュートを施してデッドな音、ミックスもあまり
上手いとは言えないが、この時のドラムの音の
データはすごく良い音だった。


この時と今ではマイクの種類も本数も違うし、
マイキング、音作りやミックスのスキルも上が
ったし、新しいシステムではより良い音で動画
制作ができるんじゃないかと思っている。


でも動画としてアップしちゃうと圧縮音源にな
る訳だから、あまり劇的に変ることはないのか
もね。




ドラムのレコーディングに関しては色んなサイ
トや動画で解説されているが、このサイトはな
かなか参考になった。録音機材はノートPC、
オーディオI/Fとマイクのみで、余計なデバイス
を通さずレコーディングされた音が聴ける。要
するに基本的に自分と同じ環境。


でもマイクが段違い。これ見ると、ノイマンの
マイクがいかに素晴らしいのかがよく分かる。





ま、そんなことよりとりあえず早く体調を万全
に戻すか。 


体調を戻して、仕事が落ち着く来週末あたりに
またスタジオに入ろうかと。


kikumaru7 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月20日

レコーディングシステム改変

台風一過。


子供の頃、台風で風が強い日に傘をさせば空を

べるかも、と本気で思っていた。


一度やったことがあるが、傘が破壊されただけ

った。


多分テレビか何かで「メリーポピンズ」を観て

そう思ったのだろう。



12/10の上原ひろみのライブチケットの席番の

お知らせが。


なんと
2列目!番号からするとほぼ中央。スゲ

ー良い席が当たった。


多分その席だとサイモン・フリップス師の音が

PAを通さず生音で聴けることだろう。ムチャク
チャ 
楽しみ!




数か月前に購入してレコーディングに使用して

い STUDIO-CAPTUREだが、手放すことに
した。
どうも以前使っていたMR816に比べて
録音品質
が落ちるから。


STUDIO-CAPTURE
を購入した際、MR816売り

飛ばそうと考えていたが、査定ではどこも2

以下。10万もしたのにそんな値段だし、録音品

質の良さは捨て難く、また使うかもと思い手元

に置いていた。


しかし
MR816の入力数は単体では8個。ドラム

のレコーディングでは少なくても10トラックは

必要なので足りない。しかしMR816は複数台使

用で入力数を増やすことができる。3台までディ

ジーチェーンが可能で、24トラック分のマイク

プリ付入力数の確保が可能になる。


実は
2ヶ月ほど前から中古のMR816を探してい

たが、Cubase使用時にはかなり使い勝手が良く

て、しかも音が良いので手放す方があまりいな
のか、なかなか出回らない。見つけたと思っ
たら
既に完売していたり。


暇があれば探していたんだが、先日ついに見つ

た。しかも自分の持ってるMR816xの上位
機種の
MR816csx


速攻でポチる。


で、届いた。

IMG_0139















早速動作確認。
2台のMR816FIREWIRE ケー

ブルで繋いで1台目をMacに繋ぐだけ。


因みに最近の
MacにはIEEE1394端子が付いて

いない。Thunderbolt端子にIEEE1394変換アダ

プタをかましてMR816を接続する。単体での
作は確認済だが、ディジーチェーンでCubese
複数台を認識するのかは未確認。やってみる
とあ
っけなく認識して一安心。


これで
16トラック同時録音が可能となった。

STUDIO-CAPTURE16入力あるが、マイク

プリは12トラック分しかない。ということ
はマイクを使って録音できるのは12トラッ
クだけ。 


このマイクプリの品質が録音品質に大きく

影響する。Rolandのマイクプリも高品質を
謳ってい
るが、MR816のマイクプリと比べ
ると質が落ち
る印象。


以前リハスタで
MR816でドラムを録音して
モニ
ターした際、驚くほど生々しい音を聴く
ことがで
きたんだが、残念ながらSTUDIO-
CAPTURE
でそんな音を聴くことはできない。


録音はスタジオの空間によって質が変わる

ものだから、STUDIO-CAPTUREの品質が
悪いとは
断定できないが、ヘッドホン出力や
モニター出
力の音質を聴けば、なんとなく
内部構造の質が
わかるもの。


ということで、レコーディング用のオーディ

オ I/FMR816に戻すことに。


2U
のラックに収めなくちゃならない大層な
ステムになってしまったが、スタジオに
常備し
ておけるので問題はない。

 

 

MR816が発売されたのはもう8年前ほどに
る。後継機種はUSB接続のUR824 だが、
こち
らは単体でしか使えず、ディジーチェ
ーンはで
きない。

 

 

同じマイクプリを使っているからMR816
違いはほぼ接続の違いのみ。それを考え
るとド
ラムRECに使うならMR816。これか
らも末永
く使っていこうと思う。


STUDIO-CAPTUREは高値で売れる内にサッ
サと売ってしまおう。




自宅に生ドラムのレコーディングができる

環境を持つことはドラマーの夢。

 

 

プロドラマーの中には山奥の廃屋を借りて
レコ
ーディングスタジオにしている方がお
られる。

 

 

実は自分も関西圏の山奥に手頃に借りられ
物件がないか探したことがある。探し方
が悪
かったのか結局見つからなかったが。

 

 

週末は人里離れた山奥のスタジオに籠り
レコ
ーディング。今でもその夢を叶えたい
と思っ
ている。

 

 

できれば、囲炉裏のある物件だといいな。



kikumaru7 at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月18日

日本企業のセコさ

ついに出た。 Roland の 新 V-DRUM TD-50KV。




キックパッドはアコースティックのバスドラムを
利用し、打面をメッシュヘッドに換えてトリガー
を取り付けるというもの。


要するに自分の持ってる drum-tec 社の後追い感
は否めない。


しかし国内でこういった製品が発売されるのをド
ラマーは待ち望んでいたはず。 自宅にモノホンに
限りなく近い練習環境を構築できる訳だから。




スネアパッドも新しく発売させた。14インチ仕様
で、こちらも限りなく生ドラムに近い打感が得ら
れる。


しかしこのスネアパッドは 最新音源モジュールの
みに対応し、他の Roland 製音源モジュールや他社
のモジュールには対応していない。


このあたりが日本企業の心根の狭いところ。「この
パッドを使いたいなら、音源モジュールも一緒に買
ってね」ということだ。


V-Hihat の時もそうだったが、新しいパッドは新しい
モジュールにしか対応していなくて、下位互換性を持
たせない。そのせいで自分は未だに古いハイハットパ
ッドを修理しながら使い続けている。


今回発売されたものを全部合わせたら価格は50万以上。
おいそれと買えるものではない。ここは色んなモジュ
ールに対応させてユーザーの選択肢を増やすべきでは
ないのかな? お客さん主体で物を考えられる企業じゃ
ないとダメだよ。それがサービスというものだろう。 自分
はこういった対応をする日本企業の考え方が嫌いだ。 



その点ドイツの drum-tec 社はあらゆるモジュールで使
えるように設計されている。Roland には海外企業の方
針を見習っていただきたいものだ。




DW MDD2 に微調整を加えて更に使いやすくなった。
ツインバス連打の速さに自分でも驚く。トレーニング
を続ければ一生無理だと思っていたBPM200超えのツ
インバス連打ができるようになるかも。


自宅環境では最高のペダルだが、生ドラムだと若干感
覚が変ることもあるので、後はスタジオで試すのみ。


この週末にスタジオが確保できたら、また動画制作を
やってみようかと。
 

kikumaru7 at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月17日

地上最強のペダル DW MDD2

このペダル、マジでスゲーわ。


IMG_0136












今までのフットワークの悩みが全て解決しそう。 




まずは機能面。


TRICK はキックのフープに装着する際、スプリン
グの付いたカムで挟み込むだけ。床の状況によっ
てはペダルが動くこともあった。それが買い替え
の一番の理由。


このペダルはネジを使ってしっかり固定できるの
で動くことはない。


スレーヴペダルのボトムプレートには剣があり、カ
ーペットでもゴムのドラムマットでも動かない。な
のでもうガムテープはいらない。


左右のビーターはバスドラの中心点から同じ距離に
当たるように設計されている。おかげで左右のキッ
クの音色の違いもなさそう。


ビーターは真鍮の重りを最大4個まで装着でき、重
みの調整ができる。パワフルに踏み込みたい自分は
3個装着。




で、使い心地は。


自分好みに調整して練習してみたが、今まで難し
いと思っていたフレーズが難なくできちゃう感じ。
しかも今までの70%の力で。


今までは細かい音符は手前を、大きな音符を安定し
て踏む際は奥を、といちいち踏む場所を変えていた
が、このペダルは不思議とどこを踏んでも同じ感覚。
力学的に説明がつかないんだが、とにかく踏む場所
を固定できるのでフットワークが安定する。


ビーターの戻りが速いので連打が楽。サンバキック
は以前よりもテンポを上げて踏むことができる。ツ
インバス連打も楽。


ペダルケースはリュックタイプのものが付属してた。
これは運搬に便利。


IMG_0138
 












とにかく良いことづくめで、とてつもなく良い買い
物だった。こりゃ昨日書いた妄想が現実になるかも。


DW MDD2  はキクマル的ペダルのファイナルアンサ
ー。もう買い替えはしねえ。


ただひとつの不満点は、TRICK に比べてちょっと見
た目がダサいこと。




こちらは SONY MDR-CD900ST。

IMG_0137












業務用だけあって、愛想もへったくれもない簡素な箱。


民生用みたいに1年保証などもない。壊れたらパーツ
を買って自分で修理するか、有償でやってもらうか。


音は¥3800で買った MDR-CD380 と似た印象。お
世辞にも鑑賞用とは言えない。音楽を聴くというより
は音を分析して聴くという感じ。


しかし、MDR-CD380 が「奇跡のヘッドホン」と呼ば
れた意味がよくわかった。値段は4分の1なのに、ホン
マに音が似てる。




さて、フットワークが軽快になって嬉しくて仕方ない
ので、この連休は家に籠ってドラム三昧。

kikumaru7 at 16:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年09月16日

新規アイテム

自分は何で他人様のことで悩んだり考えたり、

日々悶々としているんだろう。


自分のことだけ考えてりゃいいんだが、同じ

場所にいる人のことはやっぱ気になるもんだ。




少しは自分のことも考えよう。


ということで、自分の為に2つの新規アイテム
を導入。


練習用のカスタムインナーイヤホンがまた故障。


練習中は半端なく汗をかく。耳の中にも汗をかく

のでイヤホン内部に汗が侵入。人体からは水分

だけでなく油分も分泌されるので、油分もイヤ

ホンに侵入する。乾燥剤入りのケースに保存し

ておいても油分までは除去してくれない。故障

したイヤホンの開口部から内部を見ると多量の

油分が付着している。


前回故障した時は再作成していただいたが、今後

も同じような故障が続くのはかなわん。なんせ片

耳数万円もするアイテム。ドラマーが汗をかかな
い練習なんて練習にあらず、だしね。


ということで、自宅練習はヘッドホンを装着して

やることに。


自宅には
SONYの「奇跡のヘッドホン」と呼ば

れた¥3800で購入したものがある。良い音なん

だが、オープンエア構造なので外の音も聞こえる。

自宅のエレドラだとパッドを叩いた音が聞こえて

プレイに集中できない。リスニング用の高級なヘ

ッドホンはいらないけど、正確にモニターできる

密閉型ヘッドホンが欲しい。


となると、業界標準の
SONY MDR-CD900ST

su42















アニメ「けいおん!」でその存在が有名になり、

女子高生がこのヘッドホンを付けて登校する姿を

みかけるようになったほど。レコーディングスタ

ジオには必ず常備されていて、自分も何度もこの

ヘッドホンでレコーディングをしたことがある馴

染みのヘッドホン。いつかはモニター用に購入し

ようと思っていた。


このヘッドホンについて今更語る必要はないが、

気が向いたらレビューでも書いてみよう。




そしてもうひとつはこのペダル。

375566_main_l_201411111749












発売当初から注文が殺到してなかなか手に入ら

なかったシロモノ。ドラマーからは「地上最強

のペダル」との呼び声が高い。



ついに地上最強の武器を手にしたキクマル。


もう向かうところ敵なし。今までにも増してスピ

ード、テクニック、センスが冴えわたるドラミン

グが展開されることだろう。

(妄想)





今日届くから退社後急いで帰ったんだが、不在票
が投函されてた。


いつもなら19時以降でもドライバーさんに電話し
たら21時までに配達してくれていたのに、受付は
18時までと書いてあって、電話しても繋がらない。


仕方なく明日午前中を指定。


ウチの近所の佐○、サービス悪くなったな…。



kikumaru7 at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月05日

ネガティブシンキング

土曜日のライブ映像をアップしていただい
たの
を観た。



やっぱりスネア以外は音量が制限されてい
て、
ドラムセット全体のバランスが良くない。
タム、
キックは渾身の力を込めて叩いている
があまり
聞こえない。



キクマルのパワードラミングをもってしても
あの
程度の音量…。



音量制限ヘッド恐るべし…。


あれだけ音量抑えられるのなら、自宅のドラ
ムに
張ってやろうかと思ったり。





映像を観るとお客さんは盛り上がってくれて
いる
が、あの場所が特別であったからだと思
われる。



Bar
は本来酒を飲む場所。酒が入って気分が
高揚
しているとノリは良くなるものだ。ライ
ブハウス
のような「音楽を聴く場所」の場合、
あんな風に
盛り上がっていただけるとは限ら
ない。



厳しい見方だけど、そう考えてこれからも
音楽に
取り組んでいかないといけないと思う。
いつもあ
んな風にお客さんに受け入れてもら
えるものだと
勘違いしてはいけない。





サークルの実行委員に任命されて、色々と
これか
らの運営について考えているが、先
行きが思いや
られる状況。



謙虚、控えめであることが日本では美徳と
される
風潮があるが、そんなことでは集団
の運営を円滑
に行うことなんてできないん
だが…。



ただ自分が楽しく演奏できりゃそれでいい
のなら、
初めからそういう趣旨の集まりに
すりゃよかった
と思う。せっかく一部の方
に苦労して交渉してい
ただいたおかげで会
社公認サークルにしてもらっ
ているのに、
現状では何の意味もないじゃん。



会社公認になったら、放っておいてもお客
さんが
集まるとでも思っていたのか?存在
さえ知られて
いないような状況で、人なん
て集まる訳がないじ
ゃん。このサークルの
活動をもっと大きくしたい
とは思わないの
かね。


まず考えなくちゃならないのはそこでしょ。



それが考えられないのなら、スタジオで演奏
して
「あぁ楽しかった」と自己満足して酒飲
んでご機
嫌で帰ればそれでいいじゃん。ライ
ブなんて無理
してやらなくてもいいじゃん。



ライブをやっても、身内だけ集めて騒ぐだけ。
んなライブに向けてモチベーションを高め
ること
などできるかね。沢山の方に観てもら
えるからこ
そ、頑張って練習しようと思える
ものだと思うん
だが。



大きな会場でのライブの提案が出ても、「リ
スク 
が大きい」という理由でハネる。現状で
満足して
いるのなら、それ以上は決して大き
くはなれない
のではないかな。リスクを大き
くしているのはご自
分自身だということに気
付いていないのかな?



なんかね、集客や社内への広報活動のことを
考え
るのがバカらしくなった。



とりあえず「出る杭は打たれる」ものなのか
もね。
自分も少し控えめにしておこうか…。



人を動かすことってすごく難しいことだ。
何もし
ないで動いてくれる人間などいない。



そして音楽で人の心を動かすことも、非常に
難し
いことなのだ。





しばらくサークルのリハはなし。でも何かし
たくて
仕方がない。動画の制作でもしようと
思っているが、
そろそろネタも尽きてきた。



Jammit
で何か良い曲はないかと探してみると、
今ま
で知らなかった曲で演ってみたい曲がいく
つか見つ
かった。



ポール・ギルバートのソロアルバムの曲。The
Doobie Brothers
、Foo Fighters、Buckcherry
そして懲りずにまたDream Theater
等、数曲ピ
ックアップした。


とはいうものの、どんな曲でも聴いてすぐに
プレイで
きるようなものではない。最低でも
2週間、毎日練習してやっと人様に観て聴いて
いただけるクオリティー
まで持っていける。



凡人の悲しさやね。もう長いことドラムをや
っている
が、即興でクオリティーの高い演奏
がいつになったら
できるのやら…。



そもそもこれだけ練習していて、なんで自分は
この程
度のドラマーなんだ?



それ考えるとどんどん凹んでくるので、普段は
考えな 
いようにしているが…。







昨日はポジティブな投稿だったが、今日はネガ
ティブ
投稿。



ポジティブな気分で調子に乗って練習。ネガテ
ィブに 
なって焦って練習。


毎日がその繰り返し。



kikumaru7 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

間違いじゃなかった

昨日は神戸でライブ。外人さんが多く集まるBarと
いうシチュエーションだった。


ライブハウスとは違うので、正直また嫌な予感がし
ていたが、予想に反して生演奏を存分に演れる場所
だった。


久々に全開モードでのライブ。


ライブ後に後片付けをしていると


「Good Drummig!」


と握手を求められたり、


「Nice Drumming!」

と声を掛けていただいたり、バンドをやっていそうな
日本人の方からは「メッチャカッコよかったっス!」
と言ってくださったり、 沢山の感想をいただいた。


夫婦で来られていた初老の外国人の方から英語で
話し掛けられたが、賑やかな店内で全てを聞き取る
ことができなかった。でもその中に「Spirit」 という言
葉があったのは聞き逃さなかった。


多分だけど、スピリッツは伝わったんやね。


以前神戸で路上ライブをやっていた時、演奏後に手
押し車のおばあちゃんが近づいてきて「あんたはホ
ンマにエエなぁ。エエもん見せてもろた。これは私
からの気持ちや」と言って沢山の百円玉を差し出さ
れたことがあった。


勿論お金は受け取らなかったが(笑)、スピリッツ
は年齢に関係なく伝えられるものなんだ、感じてい
ただけるものなんだと思った。




もし無難な演奏をしていたら、こんなに多くの感想
をいただけただろうか。やっぱり自分の拘りは間違
いじゃないんだと思った。


常に全力で自分の持つ全てを曝け出さないとね。観
ていただいているお客さんに無難な演奏を提供する
なんて、失礼なことだから。




全力は出したものの、実は昨日のBarのドラムセット
にはからくりがあった。


ドラムセット全てに見慣れないドラムヘットが装着さ
れていた。リハ時に叩いてみて理解した。それは音
量が抑えられるヘッドだった。


一応それなりの音はするが、本来のオープンなドラ
ムの音は出ていない。ヌケやサスティーンの少ない
かなりデッドな音。セットの音量バランスを保つため
に自前のスネアに大きなミュートを施さないといけな
いほどだった。


しかしなんにせよ、スピリッツがお客さんに伝わって
よかった。またあそこで演ってみたいね。




自画自賛することばかり書いているが、バンドのメ
ンバー全員がクオリティーの高い演奏を提供できた
からこそ、お客さんは盛り上がっていただけた訳で。
メンバーの方の音楽への真摯な取り組みには敬意
を表したいと思う。





ライブ終了後、帰る準備ができた頃には既に終電
はなく、仕方なく自宅最寄り駅の手前の駅終点の
電車に乗る。 


一駅といえどもかなり距離があり、自宅までは歩い
て40分。カートに満載の機材で起伏のある道のり。
朝晩は涼しくなったとはいえ、家に着いたら全身汗
だく。 シャワーを浴びて速攻ベッドへ。


今日起きたのが昼の12時。10時間も寝たのなんて
久々だわ。 スピリッツ全開のライブは体力の消耗が
激しいものなのだ(笑) 

kikumaru7 at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月02日

雑記 0902

もうすぐ夏も終わり。



自分は冷え性のくせに季節は冬の方が好き。冬に
家を
暖かくして籠っていると、心も温かくなるよ
うな気が
するから。




長年愛用し続けている
TAMAのスティックH214B
-PG
 
が会社近くのドラム.センターの販売棚から消
えた。


ひょっとしてメーカーが生産終了したかと思い焦
って
調べてみたが、まだリストにはあって一安心。


いつもドラムセンターで購入しているのに、自分

に何の断わりもなく取扱いをやめやがるとは…。
ひょっと
してH214B-PGをあそこで買っていたの
は自分だけ
だったのかね。


通販は送料がかかるので、数ペアを購入するだけ

だと高くつく。また音屋でダース買いするか。


他に良いモノはないかと何度か他のスティックを

使ってみたことはあるが、やっぱ自分にはこの
スティック
が一番しっくりくる。




レッチリのツアーのオープニングアクトにベビ

メタ。


異色の取り合わせだな。


しかし何でレッチリ側はベビメタを指名した

んだ?


人気にあやかって集客増を図るのか?レッチリ

の人気ってそんなに下降線? 自分はフルシア
ンテが脱
退してからレッチリは聴いていない
レッチリファン
脱落組だが。


あと考えられるのは、レッチリのメンバーが

全員ロリコンだということ。




先日のレコーディングでロックスピリッツ全開

モードでの情けない状況にショックを受け、
普段の練習でも
パワードラミングの実践を行う
ようにした。練習でで
きないことが本番ででき
る訳がないから。


やってみるといかに今まで無難な練習をしていた

のががわかった。ここ二三日は腕も足も筋肉痛。
翌日の疲
労感も増えた。


先日の自分のプレイを客観的に見ても、「まだま

だこんなもんじゃない」と思う。音を聴いても、
以前はも
っと存在感のある音だったように思う。


自分のプレイを客観的に見る、聴くという意味で、

画を録ることは重要だと思う。これからも続け
ていこ
うと思っている。


このままパワードラミングの訓練を続けると、
自分の
ドラムは今よりも更にパワーアップする
ことだろう。
ひょっとしてそれを迷惑に思う方
もおられるかも知れ
ないが、ロックの分野に限
って自分は「偽物」にだけ
はなりたくない。


そこだけは譲れない自分なりの拘りだが、そんな
拘り
を捨ててしまうと、ミュージシャンとしては
終わりだ
と自分は思っている。





相変わらず自分の動画は人気がなく、アクセス数
はお
淋しい状況だけど、外国の方からのコメント
は数多く
いただいている。


先日公開した曲には「キミが望むなら、もっと遠
い所
へ行ける」との激励のお言葉、「是非キミと
ジャムって
みたい」とベーシストの方からラブコ
ールがあったり、
嬉しいコメントをいただいている。


そうやね、音楽の世界でもっと遠いところに行っ
てみ
たいね。


「どこでもドア」があれば、世界各国のミュージ
シャ 
ンとセッションしてみたいね。


ま、今は自分の居場所で精一杯頑張るだけ。




気が付けば、
YouTubeのチャンネル登録者は58人。
ユーチューバーの方の数に比べたら足元にも及ばな
い人数だけど、たかがアマチュアドラマーの動画を
気に入っていただけた方が58人もいることに感謝。


これからもできるだけ期待に応えられる演奏をした

いと思う。

 

 



kikumaru7 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

Dream Theater another day Drum Cover (生ドラムヴァージョン)




この曲は一度エレドラで投稿をしているが、会社

のサークルバンドで演奏していることもあり、生

ドラムでもやってみたいと思っていた。


スタジオのバンド演奏ではアンサンブル上ロックス

ピリッツ全開モードの80%ほどしか出せていない

ので、100%で叩き倒してみたかった。自分独りだ

と誰に気兼ねすることなく存分に叩けるからね(笑)


そして録音後の音作りのスキルチェックの意味も兼

ねている。


80
年代の打ち込みみたいな音を再現できるのか。

再現できないまでも、他のパートと混ぜて違和感

のない音作りができるのか。その辺を確認してみ

たかった。



それなりに馴染んだ音作りはできているかな。


コンプと
EQがいかに音に影響するのか、今回改

めてよく理解できた。



音に拘っても、スマホのスピーカーで聴かれ
ると脱力してしまう。お宅にある高級オーデ
ィオシステムで、とまでは言わないが、せめて
スマホにイヤホンを挿して聴いていただき
たい。



で、ロックスピリッツ全開モードで叩いてみ
たが、
普段抑えて演奏しているのに慣れてしま
い、全開
モードだとどうもグルーヴが不安定。
スピリッツ
は全開だが、身体がいうことをきい
てくれない。
精神と肉体が上手く連動してい
ない、みたいな…。


1~2
テイクでサクッと録れるだろうと思ってい
たが、
全開モードの感覚を取り戻すのに時間
がかかって、
結局数テイクやり直すハメに…。


こうしてロックスピリッツはどんどん失って
いくも
のなのかね…(笑)




2
日共平日朝からのスタジオ。朝早い時間から
ドラ
マーの個人練習らしき人を数名見かけた。


自分は自宅に練習環境があるから、今はスタジオ
個人練習に行くことはないけど、彼らを見て過去
自分を思い出した


月曜日から金曜日、毎日朝から夕方までスタジオ

に籠って個人練習に明け暮れていた。


あの頃と今の自分を比べると、技術、経験、知識、

どれも今の自分の方が上だとは思うが、今は何か

大事なものを無くしてしまっているような気がし

てならない。頭でっかちなミュージシャンになっ

てしまっているような…。



気のせいか?



多分気のせいだね。



スピリットを失ってはいない。




さて、次回
7は小賢しい技のないストレートなロック

を演ってみようと思う。



kikumaru7 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: