[画像:cff15d1e-s.jpg]

昨年11月の香川遠征の続きでラスト

1ヶ月引っ張ったネタもここにきてようやく完結(笑)


そして、「不動の滝カントリーパーク」と香川県の西部“西讃”を巡った今回の遠征

突発ノープランで始めた割にスムーズに進めたな~という自己陶酔も程々に(笑)

最後にたどり着いたのは三豊市仁尾町の『元祖たこ判 小前』

海沿いの県道21号線を北上し、仁尾中学校を通過して直ぐの交差点を左折

200mほど進んだ右手に見えるお店の小さな看板を目印に右折すると到着です♪





[画像:a32e6687-s.jpg]

小前さんは1981年(昭和56年)創業の老舗

お店そのものがたまらなくノスタルジック

創業当初から掛けられていると思われるメニュー表も年季が入ってる👍

驚いたのは訪れる人の多さ

私が訪問した時には先客カップル1組だったのに、後から来るわ来るわ…

それほど広くない店内にあっという間に15人くらい、かなり混み合ってきた。





[画像:ac5715aa-s.jpg]

お店の看板娘(娘?)のトシ子おばあちゃんは不在のようでしたが

おばあちゃんの息子さん?、その息子さんの娘さん?

そして、その娘さんの息子さんと思われる小学生らしき男の子もお手伝い

家族4代でお店を切り盛りするアットホームな良い雰囲気に和む♪





[画像:b2cc7acf-s.jpg]

小前さんの看板メニューとなる「たこ判」はたこ焼きの大判焼きバージョン

いや、形状からするとミニサイズのお好み焼きと表現したほうがいいかも?

何はともあれ、このB級グルメを香川に来たら食べてみたいと思っていたわけで♪

オーダーは紙にメニュー名や個数などを書いて渡すシステム

名前や電話番号も書く必要があるのは多い客に対応するのは大変なのと

たこ判が焼き上がるまでの時間を店外で待つ人が少なくないのも理由かもしれない。





[画像:996d21cc-s.jpg]

今回のオーダー

【卵たこ判】150円





[画像:064ed8a8-s.jpg]

たこ判に卵を追加したのがこの【卵たこ判】

刻みキャベツと焼かれて目玉焼き化した卵を厚みある生地でサンド

そして、パックを開いた瞬間に鼻腔をくすぐる甘辛濃厚ソース

生地もふっくらモッチリで食べ応えは充分♪

タコの量はたこ焼きに入る程度なので、たこ判の大きさに反して少なく感じるけど

たこ判そのものがリーズナブルでコスパも良いのでその辺は全然問題ないでしょう👍





[画像:f5dd462b-s.jpg]

こちらも併せてオーダー

【チーズせんべい】80円

たこ判よりもさらにリーズナブルなのが「せんべい」

こちらは予備知識なしで、普通にお菓子のせんべいに近い物だと予想しましたが

たこ判のタコ&キャベツ抜きの生地薄めタイプと考えていいかな?

その分せんべいは色んなトッピングがあって、チーズもなかなか悪くない👍

たこ判は1個で腹は満たされるけど、軽いおやつにするならせんべいがベター

これなら3個は軽くイケる♪(笑)





[画像:0bead82e-s.jpg]

こちらがメニュー

たこ判とせんべい以外にも、たこ焼き・大判焼き・フライドポテトなどがラインナップ

常連さんというか多くの人は卵たこ判のマヨ有りをオーダーしていた様子

中にはまとめ買いして段ボールに入れて持ち帰る人もチラホラ

これは想像していた以上の人気店

また近くまで来たら立ち寄ってみよう♪





■たこ判 小前

住所:香川県三豊市仁尾町仁尾辛33-9 地図

時間:9:00~19:00(18:00 LO)

定休日:第2・最終月曜

駐車場:有