image

先月下旬の新居浜遠征

この日は師走の慌ただしい合間を縫って2016年最後の滝巡りを敢行

今回の目的地は別子山にある『八間滝(はちけんだき)』

新居浜市内の中心地から県道47号線に移動して南下

マイントピア別子の入口を横目に通過し、そのまま山道を直進します。





image

暖房を効かせた車内にTシャツ姿で運転していたため気付きませんでしたが

山間部では気温も氷点下に近付き、天候も小雨から吹雪へと変化

ここは無理せず引き返してもいいのに、それでも強行する変人なあんちくしょう(笑)





image

マイントピア別子の入口から40分ほどで別子山の瀬場地区に到着

県道47号線と6号線が交差する辺りに瀬場谷川が流れ、その傍に水力発電所があります。

滝の入口もこの辺りらしいけど案内板らしき物は全く見当たらず…

うーむ、困った (^^;





image

心細いので第一村人を発見して声をかけお聞きしたところ

橋を通過して直ぐ左手の民家の脇から上れば辿り着けるとか。

「山の上は工事中なのでそこで聞いたら分かるよ」とも教えていただきました。

どうやら、この方も工事関係者のようで通行の許可を得る形で進入していきます。





image

「ピンクのリボンを目印に上へ」ということですが、道なりに付けられているわけでもなく…

てか、道らしい道はない(笑)

どの道が正規のルートか判断も難しい (^^;





image

そうこうしているうちにこんな場所に来てしまった。

発電所から山頂までに配管が繋がっていて、そこを上がったらいいとも聞いたけど

これはちょっと危険過ぎるのでは?(^^;

引き返そうか…いや、もうちょい頑張ろう(笑)





image

結局のところ、真っ直ぐ上がるというよりはジグザグに進む格好での前進

そうすることで歩道らしい道も現れ、配管を跨いで進んで上方の工事現場に到着

現場で作業していた方々も、こんな時季に山奥に出現した変人に驚いた様子?(笑)





image

その現場からは黒い太い配管に沿って直進

配管の脇は20㎝ほどの道幅しかないため歩くのも要注意

何でこんな場所を歩くんだ?なんて正気に戻って深く考えてはダメ

迷わず行けよ、行けば分かるさ(笑)





image

10分ほど歩いて配管の最終地点へ

ここまで来ると側を流れる川の激しさも増し、滝はもう目前





image

八間滝、到着~♪

…って、こりゃ豪快♪

落差は30m近くあるだろうか?

雨天後を狙っての訪問が功を奏して水量も充分

いや、充分過ぎるほどだ(笑)





image

滝の正面に立つと瀑風の強さに体を押され、飛沫を浴びまくってビショ濡れ

防水のカメラじゃないので慌てて退散し、斜めの角度から撮り直ししたほど。

いや~、見応えあった♪

でも、危険だしオススメはしませんよ(笑)





image

発電所前の橋の手前には東明石山登山口もあり。

こちらも機会があれば挑戦してみよう♪







動画もどうぞ♪(音量注意)





■八間滝

住所:愛媛県新居浜市別子山瀬場 地図

駐車場:なし