(8月6日)センチュリー文化財団などから土地・建物の寄付を受けて、世界遺産ガンダンスセンターと中世博物館としての土地利用が現実味を帯びて動き出しています。寄付されることになった土地にはかって無量寺跡の遺跡がありました。2002年秋には財団が計画していた美術館建設にあたって館長の居宅を作ることになり、埋蔵文化財発掘調査が行われましたが、遺跡の痕跡も消えてしまい“幻の寺”になっていました。

 寄付物件はセンチュリー財団からの①3252㎡の土地(うち建物は342.77㎡)と②3089㎡の土地(うち建物は267㎡)、それに③関連企業からの2225.44㎡の3か所です。無量寺跡の遺跡は②の小さな谷戸の奥にありました。「鎌倉市扇ガ谷1丁目26番地74外」の360㎡の土地で、発掘調査はセンチュリー文化財団による社宅新築に先立って2002年10月から12月にかけて行われました。

 「無量寺跡発掘調査報告書」(2004年9月発行)によると、谷戸は「無量寺谷」と呼ばれ、無量寺があったとの伝承が残る土地です。もともとあった無量寿院は1285年(弘安8年)、鎌倉幕府の重臣安達泰盛と一族が滅ぼされた政変(霜月騒動)で焼失しました。跡地に無量寺が建てられたとされていますが、同一のものかどうかわかっていません。

 発掘調査では5期(1面~5面)にわたる中世の整地面から遺構が検出されました。安山岩川原石で底を敷きつめた石組遺構も成果の一つでした。「一見すると井戸のような形ですが、深さや湧水の状況からして井戸跡ではなく、他の目的で作られたものと考えられる」と報告書は推定しています。建築遺構の一部をなす可能性も指摘されました。半間の縁が西に貼り出す大型建物の礎石遺構も見つかりました。

 建物の西側には小規模なものとはいえ、中ノ島のある池が岩盤上に掘り込まれていました。瑞泉寺庭園より数十年早く造られたものとみられ、鎌倉の中世期の庭園としては最古のものとされています。池の遺構については文化庁・神奈川県教育委員会・鎌倉市旧王幾委員会の指導で、事業主のセンチュリー文化財団の協力を得て、調査後に岩盤ごとにブロック状に切り取られ、財団の敷地に移設されました。
移設にあたっての池の切り取り作業(報告書より)池の跡の移設のため切り取り作業が進む発掘現場(報告書より)
 10年前に発掘にあたった鎌倉考古学研究所理事の宮田眞さんは、「遺構の性格からして一般的な寺院跡であることは確かです。財団関係の住宅建設のため工事が行われるにあたって、発掘調査が行われました。

 無量寺跡の痕跡は何もありません」と言っておられます。消えた無量寺跡の遺跡は古都保存法、山稜部を構成資産とする推薦書の理念とのかかわりはどうなのでしょうか。鎌倉市世界遺産担当に確認したところ、「センチュリーから寄付された土地は一部山稜部にかかったところは6条地区になっていますが、無量寺跡の土地も含めて平場は6条地区からは外れています。古都法の規制を受ける後方の山の部分は県が買い取っています」との説明でした。