ジャーナリストの取材ノート(鎌倉)

鎌倉市在住のジャーナリスト高木規矩郎による公式ブログ。世界遺産登録挫折に続く鎌倉の歴史まちづくりの真実を探る。

彦根城

「彦根城」の現状を考える(読売新聞大阪版)2 

(6月30日)「彦根城」も「武家の古都・鎌倉」も同じ悩みを持ち合わせています。彦根城の世界遺産登録を図る彦根市の今後の動きは、鎌倉にとっても参考になるはずです。彦根との意見交換の機会などがあれば積極的に活用してもらいたいと思います。
DSC_7894彦根城とその周辺地区(彦根市専門員谷口徹さん提供)

 
でも鎌倉同様に「彦根城」のこれからの道のりも険しいようです。読売新聞大阪版の記事(6月24日付け)では「天守閣を中心とする姫路城との違いを城郭や城下町に求める戦略にも、特別史跡内に地裁彦根支部や彦根東高などがある、という難点がある。城下町となると、開発や建物の外観に規制をかけるなど住民生活への影響があり、理解や同意を求める必要も生じてくる」としています。小学校敷地の地下にあるとされる大倉御所跡など重要史蹟への対応を余儀なくされている鎌倉にも共通する緊急課題です。

 「もう一つの問題が、県との連携不足だ。登録活動は通常、都道府県が国との窓口となり、地元自治体が推薦書策定などの実務を進める二人三脚で進められるが、彦根城については、すべて彦根市が単独で担い、5月から県との勉強会が始まったばかりだ」         
 4県市(神奈川県・横浜・逗子・鎌倉市)と推薦書作成での文化庁との協働体制など行政主導で固めてきて失敗した鎌倉にとっても彦根の手法は、検討の意義がありそうです。

 県教委文化財保護課は彦根市の準備不足を理由に「推薦書の中身がまだ定まっておらず、話が進められない」としている。これに対し、彦根市彦根城世界遺産登録推進室の谷口徹専門員は「方向性を定めた上で、県にも本腰を入れてもらえるようにしたい」と話している。「彦根城」の現状をまとめた読売新聞彦根支局の藤岡博之記者に鎌倉の現状をどう見るか聞いてみました。

 「鎌倉の推薦取り下げについてですが、技術的に見れば、強行して不当録となり、暫定リストから外れるリスクを冒すよりも賢明な措置ではないかと思います。世界遺産は本来、登録がゴールではなく、人類の遺産を末永く守っていくという趣旨ですので、じっくり腰を据えて取り組めばよいのではないかと思います。文化庁もその方針を示しています。年々登録が厳しくなっているため、この時期の推薦書提出かと思いますが、拙速に進めて指定解除(日本ではないと思いますが)となるよりは、よいのではないでしょうか」 

 再挑戦に向けての鎌倉の暑い夏が始まります。

「彦根城」の現状を考える(読売新聞大阪版)1

(6月30日)読売新聞大阪版(6月24日朝刊)で「武家の古都・鎌倉」同様に暫定リスト記載以降20年以上経過しながら、いまだに世界遺産登録に至らない「彦根城」の現状が報告されました。藤岡博之記者に依頼した鎌倉に対するイコモスの不記載勧告についてのコメントと合わせて、記事を紹介いたします。
DSC_7787彦根城城郭(彦根市専門員谷口徹さん提供)
                              
 富士山の世界遺産登録と鎌倉へのイコモス勧告が、記事の背景をなしています。「富士山が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に決まり、日本中が喜びに沸くその影で、『彦根城』の世界遺産登録を目指す彦根市の悩みが深まっている。『武家の古都・鎌倉』が、仕切り直しのために今月に推薦を取り下げた境遇が重なるからだ」とまず前文で内容に触れています。

 「万全の準備で臨んだ鎌倉でさえ、選ばれなかった。死にものぐるいでやるしかない」と富士山の登録をよそに、彦根市教委の入江明生文化財部長は、悲壮な表情を見せているようです。彦根城は2014年度中に、文化庁に提出する推薦書の原案の完成を目指しており、入江部長は今年度、文化庁から準備のために出向してきました。特別史跡「彦根城跡」内にある天守(国宝)や櫓(やぐら)、御殿などを核に、城下町も含めた一体的な景観の中に江戸時代の大名文化が見られるという構成を考えているとのことです。
   
 「最も苦慮しているのが、同じ国宝の天守閣があり、世界遺産に登録されている姫路城との違いを、どう訴えかけるかだ」という悩みは、古都京都、奈良との違いに苦慮する「武家の古都」にも通ずることです。世界遺産には、同一国内で同種の遺産を登録しないという基準がある。実は彦根城も鎌倉も、1992年に国内暫定リスト第1弾(計12件)に入ったが、他の10件はいずれも登録され、取り残されたままでした。
 
 だがイコモス勧告では「社寺や切通を除いて(遺産の)物証として十分満たされていない」とし、武家が政治、経済の中心となったことを示す建物や遺跡が少ないと判断されました。「性格はいいが、見てくれが悪いと言われたようなもの」と、鎌倉市の担当者は不満を募らせているようですが、「世界遺産委員会で勧告が本決まりにならないよう推薦を取り下げ、再挑戦の可能性を残す道を選んだ」と分析しています。
プロフィール

高木規矩郎

昭和16年、神奈川県三浦三崎生まれ。読売新聞海外特派員としてレバノン、イタリア、エジプト、編集委員としてニューヨークに駐在。4年間の長期連載企画「20世紀どんな時代だったのか」の企画編集に携わる。のち日本イコモスに参加、早稲田大学客員教授として危機遺産の調査研究に参加。鎌倉ペンクラブ、鎌倉世界遺産登録推進協議会に参加、サイバー大学の客員教授として「現代社会と世界遺産」の講義を行う。

【著書】
「日本赤軍を追え」(現代評論社)
「パレスチナの蜂起」(読売新聞社)
「世紀末の中東を読む」(講談社)
「砂漠の聖戦」(編書)(講談社)
「パンナム機爆破指令」(翻訳)(読売新聞社)
「ニューヨーク事件簿」(現代書館)
「20世紀どんな時代だったのか」全8巻(編集企画)(読売新聞社)
「20世紀」全12巻(編集企画)(中央公論新社)
「湘南20世紀物語」(有隣堂)
「死にざまの昭和史」(中央公論新社)

《写真撮影と景観からの視点》
写真は妻の高木治恵が担当します。特派員時代からアシスタントとしてインタビュー写真などを撮ってきました。現在は「鎌倉景観研究会」で活動しています。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ