船木誠勝さん興行、9月30日大阪、

アレクサンダー大塚選手との試合はタッグマッチに変更となりました。

タッグパートナーに同門のKEI山宮選手が入ることに。各パートナー、船木さんが決めたもので、その意向に関しては
納得してます。

試合はセミファイナルに決定しました。いずれにせよ、壮絶な試合になるでしょう。
今、練習追い込み中です!
当日、応援よろしくお願いします!


Hybrid Fitness presents 
闘宝伝承2018 
『甦ったサムライ 船木誠勝デビュー33周年記念大会』
【日時】2018年9月30日(日)開場11時30分 開始12時30分
【場所】エディオンアリーナ第2競技場(大阪府立体育会館)
主催 闘道館Y1968
後援 松竹芸能株式会社
協力 リアルジャパンプロレス、道頓堀プロレス

【対戦カード】
<メインイベント 船木誠勝デビュー33周年記念試合 33分3番勝負>
船木誠勝 vs X
船木誠勝 vs 佐野巧真
船木誠勝 vs AKIRA

<セミファイナル 時間無制限1本勝負 遺恨決着!>
菊田早苗&KEI山宮 vs アレクサンダー大塚&冨宅飛駈

<第5試合 スペシャルタッグマッチ 33分1本勝負>
藤原喜明&池本誠知 vs 青柳政司&伊藤崇文

<第4試合 特別公開スパーリング 3分1R>
近藤有己 vs 武士正

<第3試合 真説タイガーマスクデビュー戦 33分1本勝負>
真説タイガーマスク&スーパー・タイガー vs 金本浩二&スーパー・ブラック・タイガー

<第2試合 大阪スペシャル3WAYマッチ 33分1本勝負>
ビリーケン・キッド vs 松山勘十郎 vs ユン・ガンチョル

<第1試合 ザ・グレート・カブキ 1日限定復活 松竹芸能 vs 西口プロレス 33分1本勝負>
若翔洋&安田大サーカス HIRO &代走みつくに with 山石名人
vs アントニオ小猪木&ジャイアント小馬場&賀川照子withザ・グレート・カブキ

<第0試合 サンテレビ 聞き上手選手権>
山石名人vs西口軍

<特別来場>
天龍源一郎、田中稔、スペシャルゲストX

【プレイガイド】
・e+ イープラス 
 http://eplus.jp/funaki/(PC&携帯)、ファミリーマート店内Famiポートほか。
ED180753-D54F-4682-AFBD-DBDB26CB369A

お誕生日コメントありがとうございました。

先日は、甲本ヒロトさん、マッハ君とたまに繰り広げられる愉快な会でした。 マッハ君とは最近よく会いますが、顔見ると安心します笑

とある都内。日本人が手作りしてるカレーでは珍しいほどの本格インドカレー。
自分は昔、南インド行って食べまくった事あるのでよく分かります。店の作りからすべて、その人の人生が見れました。
19B74B8D-F117-4AFD-9718-98F8CA7CCF7A
A5069E99-F046-4C91-BAC2-064781903287
19CE5F67-E618-44E3-8351-9C1CC33FBAE8

年が経つのは早いものです。

今までも楽しく最高な日々でしたが、

更に楽しんでいかないとあっという間に終わりそうですね笑

知り合いの会に、エスパーさんとゆりおか超特急さんを派遣しました笑

二人とも長い間の知り合いで、

今日は僕がマネージャー兼雑用。

こういう世界も試合の時となんか似てるなーと感じました。

写真は、終わって三人でミニ打ち上げ。
AE5BABB8-0AFB-46D8-A101-6828A57F0522

高山さんのTAKAYAMANIA、沢山の関係者の方々のご協力の元、本当に素晴らしい大会でした。

プロレス、格闘技の枠を超え、後輩から先輩から友達から知り合いまで、とにかく皆が一つになって会えた一日。
募金活動をやらせて頂きましたが、やはり蝶野さんが来た時は凄い人集り。
有り難かったです。

試合は、自分の先輩、元キングオブパンクラシスト鈴木みのるさんが最後を締め、これまた熱い試合。皆が高山さんの応援、復活を祈りました。

高山さん、頑張ってください!


CA01ECC4-AC3C-4B3B-A3A0-FFCCAADFA127
59823823-746B-4E83-905A-D6155F169959
68FE768E-60E7-4613-93F5-94FA0183C1FB
3D40509E-0342-482A-8506-EB079CC1B7DF
ADAF46A0-8490-481C-9C4B-0EF6458DE582
AF755FBC-2388-4314-AEAF-282605844580
D9F457AF-F403-49F7-BD85-D59BF73890BD

毎度ですが笑

また反論をしてきたようなので、

アレク選手のコメントを受けて返します。

16年ぶりにまた交わろうとしてますが、はっきり言って全く意味が分かりません。

高卒とか大卒とかもよく分からないし、考えた事もない。

しかし、何度でも言うけどあれは金的で反則なんですが、

二流のプロレスラーってこんなんですかね?

通常のプロレスルールが希望だとか言ってるけど、今更ビビってどうするのかって感じですね。

当日は、本人の言ってるプロレスって何なのか目の前で見せてもらいましょう!

船木さんの記念大会で、失礼ですが、この試合だけどうやっても普通には終われないと思っています。

言い合いももう面倒くさいので、当日黙らせます!





先日は中学柔道部の集まりでした。


その頃が自分の格闘人生の始まりでした。

当時、今思えばみんな子供なのに輝いていたと思います。

その代償として、学生らしい普段の日々とか、

楽しい夏休みとか送れなかったので、

次があるなら、来世は都立高校に普通に行きたいですが笑


たまたまテレビ番組で、中学時代相撲日本一に輝いた人が、

大相撲の力士と稽古した事で、厳しいプロの世界は諦め、

サラリーマンの世界に入ったと語っていたのを見ました。

なるほど!と思いました。

今になって思うのは、やはりプロになろうと思うのも、他のことでも、気持ちが大事なんだなと感じます。

動くも動かないも、
すべてに理由を付けて、どうするかは本人です。

でもマイナスに理由付けするのは勿体ない。

自分で諦める事を考えてるだけで、本当はどうなるか誰にも分からないからです。

なので、夢を持つ事はやっぱり大事だなと思いました。

仮に叶わなくても、ワクワク出来るって、その瞬間すごく楽しいし、

動いた事で、違う方向の良いものに出会うかもしれない。


夢を叶える事だけが大事ではなく、やっぱり夢を持つこと自体が良いことかなと。

しかし、その番組を見て、
昔を思い出しました。
自分も自信のないタイプだったです。


考えすぎて、途中で挫折や諦めが入ってしまう。

でも、格闘技の世界だけは、それまですべてを諦めてきただけに、もう辞めちゃダメだと強く思っただけで、


その他は途中で辞めてるものばかり。



格闘技の練習を初めてした時も、こんな世界で生きれる訳がないと同じ事を思ったのを思い出しました。


でも、結局やり続けた結果、

やってみないと誰にも分からないんだなと。

意識を上に持ってる人、諦めない人はそれなりになる。

それが現在の僕の感想です。

そしてもう一つ大事なのが肉体。


沢山の怪我をしながらも、致命的な怪我や病気がなくここまで来れたのが本当に大きな事でした。

まだ戦えます。


しかし、これからの事だけは誰にも分かりません。

なので、体調を崩さないよう、

健康面を大事に、怪我にも神経を使い、なるべく万全でいないとと思ってます。


食事を気をつけてる理由もそれです。


そんな事をふと考える近頃でした。






9月30日大阪、船木さんの記念興行での対戦相手、アレクサンダー大塚選手がコメントを出したので、それに対してコメントします。

PRIDEでの試合、反則の急所蹴りをルールに則ってと言っていました。
急所蹴りが反則なの知らないのですかね笑

まさか、プロレスでは許されているからそれをPRIDEに持ち込んで、これがプロレスラーだ!なんて言ってたつもりならレベルが低い。
あの時、レフェリーが見て見ぬ振りしただけで、あの反則の連発では普通退場です。

自分に通常のプロレスルールでやってみろ?と言ってるようです。
この二人の戦いに誰がそれを望むのでしょうか!?
そこにあるのはドロドロ感だけです。

彼は船木さんやお客さんに楽しんで納得してもらえる試合をしたいそうですが、これが楽しいカードな訳がない。自分は自分のやりたい試合をするだけです。これまでも自分の為に戦ってきただけなので。

現段階でもルールが主催側から伝えられていません。
とにかく当日自分はぶっ潰しに行くだけです。
9090E4BA-FA6C-43E7-94F8-DC4EFAECB2DC

いいところでした。

玉さんのイベントに付いて行って、いい思いばかり。

バチが当たらないことを祈ります。

人生はバランスが大事ですね笑6E5EADAE-D49C-4B3D-AF83-588AA12DD7B5
8A674334-52DB-412C-91AD-2803BE7CA0FE

お盆休みも終わりですね。

自分はどちらかというと世間の休み期間と関係なく、

活動してるほうです。


毎週、毎日のようにイベントだらけな気が。


でも、今年はなんとまだ海外は行ってません、

ここから連発したいところですね!


さあ、どこへ行くか!


船木さんの33周年記念興行

大阪で久しぶりのプロレス出場が決まりました!

船木さんからのオファー。
高校生の頃から憧れの人であり、パンクラスの大先輩でもあります。
光栄です。

そんな船木さんに今回言われた対戦相手はアレクサンダー大塚。驚きです。

16年前のあの日、PRIDEで横浜アリーナは17000人超満員、騒然としてました。試合前からプロレスをナメてるだとか、遺恨だとか。

自分の格闘人生の中でも、経験した事のない精神状態で戦った試合で、印象に残っている試合です。

ただ、決して良い意味ではありません。

パンクラスの当時の社長は、弁当に毒が入ってるかもしれない!と弁当を僕に食べさせなかったくらいです。大げさかもしれませんが、普通の試合ではないんだなと感じてました。


試合中、とにかくブーイングやうるさい野次だらけ。まあそういう時のほとんどが自分への野次ですが笑

とにかく、

それを今またやる事に意味あるのか。ずっと考えました。
しかもまだルールも何も聞かされてません。どうなるのか分からない。
船木さんに言われた、それだけです。

当のアレクは16年前と同じようにまたグダグダ言ってるらしい。
勝負も負けてないと。

冗談じゃないと一言言ってやりたい。

あの試合は、1R目からアレクのヒザが自分の急所に入ってます。それも何発も。
レフリーには何度もアピールしましたが結局最後まで無視されました。

レフリーが止めない。
試合に集中出来ない 。
何がなんだか分からない試合で、戦い続けた試合です。
それがあっての勝負もついてるのに、負けてないとは??です。

なぜあのような試合になったのか未だに分かりません。

敵が何人もいる。
それに尚今も、勝負に自分が勝ったと言ってるアレク。
やった事はただの反則だろと言ってやりたい。逆に、そんな恥ずかしい事言ってるお前自身がプロレスナメてるんじゃないのかと。

自分は、アレクと話しすらした事がありません。関わる事は二度とないと思ってました。
ただ、興行に出ると決まった以上は奴をブチのめすだけです。

9月30日は間違いなく荒れる試合になるしょう。ただのケンカなのかもしれません。 やるだけです。
9090E4BA-FA6C-43E7-94F8-DC4EFAECB2DC

↑このページのトップヘ