2014年11月28日
ブログ引っ越しします。
先日、ブログ開設10年と書かせてもらいましたが、このたび、移動することになりました。

実は、半年前から新しいブログは出来ていたのですが、なかなかの面倒くさがりで、やっと引っ越す決心をしました。

まああまりブログにこだわりもなかったのですが、なんだかんた10年。

本当に見てくださってる方々、ありがたいです。ありがとうございます。
これからはもう少し頻繁にアップいこうと思っています。

今後ともよろしくお願い致します。


新しいブログはこちらから
↓ ↓ ↓
http://grabaka.com/kikuta-blog/



  

Posted by Sanae Kikuta at 00:03Comments(1)
2014年11月24日
二丁目
久しぶりにイングラムさんにお邪魔しました。
いつもお世話になっている加藤社長と。

・・・そして、この日の最後はお茶へ行こうとなって、どうなってか二丁目へ。

そう言えば日体大のとき、文化祭になると二丁目からよく見物客が来ていたなーと思い出し、その事を話すと、「日体大の文化祭は自分たちにとって大事な年間行事なのよー」とママ一言。

なるほどどうりで。笑

日本の良き文化の話しも楽しかったです。







2014-11-20-22-21-07
2014-11-22-23-21-04
  
Posted by Sanae Kikuta at 00:43Comments(2)
2014年11月19日
ブログ10周年
2004年の11月から始めたブログ。

丸10年が経ちました。

早いもので、あとっという間。

最近は、Facebookとかぶった内容があったり色々ですが、たくさんのことを書いてきました。

基本的には、自分のウンチク、難しい話、どーでもいい話、長い話、真面目な話などをこちらで書き、

Facebookは、たまーにちょっとした出来事とか、告知とか書かせてもらってます。

これからはブログをもう少し頻繁に書いていこうと思っています。

楽しいコメントお待ちしております。
いつもありがとうございます。

  
Posted by Sanae Kikuta at 01:24Comments(4)
2014年11月16日
空道 世界大会
代々木第二体育館で、大変な盛り上がり。

やはり流派って凄いなと感じた。
熱がすごい。

その昔、たくさんの先生方々が独立し、流派を作ってきた。

空手の世界は特にそうだ。

GRABAKAは、今のMMAの流れの中にいる一つの小さな町道場。

興行は数度行ってきたものの、流派などとんでもない。
これだけの規模で行われる世界大会を作り上げてきた東先生、そして関係者の方々の力、素晴らしいと感じました。
2014-11-16-16-30-54
  
Posted by Sanae Kikuta at 22:26Comments(1)
2014年11月12日
コーヒー論
皆様のコメントありがとうございます。

本当面白いですね!

いろんなコーヒー論があるものです。笑

本当に美味しいコーヒー以外はミルク入れたり砂糖入れないと苦手な自分ですが、ダイエット的にそれもあまり出来ず、なんとなく気分でいつも頼んでしまい失敗しています。

結局のところ、コーヒーやアイスコーヒーを頼んでダラダラしてる自分が好きななのでしょうね。

どちらかというと、コーヒーとイス、雰囲気はセットで考え、イスには特にうるさいです。笑

海外に行ってもいい雰囲気や好みのイスのカフェを探し続け、楽しんでます。
かなりの数のカフェに行きました。

ひじ掛け付きで、角度のついたゆったり柔らかイスが好みです。

2014-11-12-18-20-06


  
Posted by Sanae Kikuta at 18:20Comments(4)
2014年11月07日
銀座のアイスコーヒー
銀座で入ったお店のアイスコーヒーは950円

しかし、これが過去人生トップ1、2に入る美味しさだった。

場所代もあるだろうけど、この美味さならそれ関係なしに払ってもいい納得の味。

と、雰囲気。

だいたいがアイスコーヒーとは自分にとって苦くて濃すぎて飲み辛い。

酸味が強いのもキツイ。

しかし、ここのはいや〜な苦味ではなく、深い味わいの苦味。
そう、深い。
苦味が美味しい。

そして、スッと喉に馴染んで入っていくような絶妙な濃さにマイルドさ。

気づけばミルクも忘れゴクゴク飲んでいました。

こんなコーヒーばかりならいいのになぁ。

お店の名前は忘れました。笑


2014-10-30-18-29-16

  
Posted by Sanae Kikuta at 01:31Comments(4)
2014年11月02日
明中高校の会
明中高時代の先輩、空手家の岩崎達也さんが、肉の名店、銀座吉澤に招待してくれました。
実はこのお店、同じく明中高校時代の友達のお店で、久しぶりに再会しました。

AACCの阿部さん以外は全員明中出身というなんとも不思議な会。笑
みんな格闘技の細かいところまで詳しすぎで、僕が一番素人でした。
先輩に呼んでもらって行く会など、もうこの会くらいなのでとても有り難いものです。
肉もさすが最高でした!

2014-10-31-02-14-28

2014-10-30-20-59-55
  
Posted by Sanae Kikuta at 01:15Comments(1)
2014年10月27日
12月23日試合決定!
今日、試合発表会見でした。
12月23日祝日、有明コロシアムで、REAL1という大会に出場することになりました。

中国で興行を行ってきた団体がREAL1と
して、日本初上陸。ヒクソンの息子がメインデビューを務める大会となります。
自分の相手は中国の散打チャンピオンに決定。それしか分かりませんが、今年最後の試合頑張ります。
GRABAKAからはKAZZと二人出陣します!菊田早苗2014-10-27-14-14-25

2014-10-27-14-14-57
  
Posted by Sanae Kikuta at 15:37Comments(2)
2014年10月21日
サウナ
バンコクに知る人ぞ知るサウナがある。ここはタイ人しか来ない。というのも、ネットにも出てこなければ、場所もかなり入り組んだ所にあり、まあ外人には分からない場所。
僕は十何年前からここを知っていて何度か来ている。
今回は腰痛治療家ケン先生たちと一緒に訪問。

なんと昔はいきなりの140℃という過激な熱を発したサウナであったが、近年は110℃に安定している。それでも日本にはまずない異常な熱さだ。
しかも、冷水のほうも氷水並みの冷たさ。非常に極端なタイらしいサウナだ。

そして、風呂場にドリンクやらフルーツやらお汁粉やら色々置いてあって、サウナの中で食してもいい変わったスタイル。

ちなみにこのサウナは貸し海パンみたいのを貸してくれて、それを履いて入るシステムになっている。

サウナに入ると、一人の大柄な男がゲホッ!ゲホッ!と今にも吐きそうな勢いで苦しんでいた。かなりキツそう、前の日に飲み過ぎたのか。
男の腹はボーンと出ていて、ゲホッゲホ言う度にプルンプルン!と凄まじい腹の動きをする。失礼ながらあんな自然腹芸が出来るものかと見入ってしまった。

しかも彼のパンツはずれ落ちケツが3分の2は出ている。我々は段々このスチュエーションにおかしさが込み上げてきてしまい、等々、みんなで一斉に笑い出してしまった。
半ケツ、、。
腹芸みたいだなー!笑
あはははは〜。
やっぱりタイ人って面白いな。

色んな勝手なこと言い、失礼ながら横目でゲラゲラ笑ってしまった。もちろん彼はお構いないしゲポゲボッ!腹もプルンプルン!言葉が分かるはずもない。

しかし、サウナ内で数分経った次の瞬間、戦慄が走った!
男が突然自分の体をじっーと見てボソッと言った。
「その筋肉どうやって?」
一瞬みんな凍りついてしまった!汗
完全な日本語だったのだ。

今まで彼を見て爆笑のドン底だったのに、なんとまさかの日本人とは!
このサウナに日本人!?当然彼は聞こえていた、、。
もう逃げ出したい!!サウナで逃げ場のないこの空間。。

もう自分はガラリと気を入れ替え、彼の質問に答えた、「昔から鍛えてるんですよ!」「それより、日本人だったんですね!?」
すると彼は、「いや〜そんなのどうなのかも分からない。日本人がどうとか外人がどうとか信用しないほうがいい。ゲボッ!」笑
なんだか意味が分からない。

そして、相変わらず腹芸をしながら、水風呂に行くとすぐさまビシャビシャでサウナに戻ってくる。
かなりの面白キャラだ。

また質問してみた。
「お名前は?」
「いやいや、笑」
ニヤニヤ笑って答えない。
「ニックネームは?」
「じゃイソップで」
イソップ?笑
もしかしたらイソップとはスクールウォーズの。昔いじめられてたのか!?

「ご出身は東京?」
すると彼は、「東京は高いでしょ?住めない住めない、、」と首を横に振り渋い顔をした。
彼は話すとき、考えながらゆっくり、ボソッと相手の目も見ず独り言のように話すクセがある。そして質問の答え話す完全にズレまくる。

自分は更に質問した。
「なんでサウナに?」
彼「ラーメン夜中に食べて、喉が乾くから水飲んで。そしたら汗かきたくなる」笑

自分「、、、、、、」

「タイはもう長そうですね。いつ日本へ帰国?」

イソップ「、、、、自分で決めます!」

ビシッと言ってくれたのはいいが、よく考えると会話が変だ。笑


しばらく時間が経つと、ちょっと気を緩めてきたか、彼はなぜだか高校時代の話を僕らに話し始めた。

「なんか派閥とかあったり、馴染めなかったり」遠くを見ながら言った。
「学生服が黒くて男子校だったから。高校の頃の思い出は、、、、真っ黒というか、、すべてが真っ黒、、、、」

そう言うと、
スクッと立ち上がり、イソップはサウナのドアの前で、
「仕事するようになって、また派閥が出てきて、、」
「、、、、、、、」
「転職とか、、、」

自分たち「??」
そう言うと、首をひねり、話しを聞いてた自分たちを置き去りにして外へ出てしまった。笑

会話が成立しない。
しかも、だいたいこちらの質問の半分は無視。笑

またすぐに彼がサウナに戻ってきた。年齢的には30代後半だそうだが、40代後半の貫禄。

サウナに戻ると彼は独り言で呟いた。
「しかし、この人たちどういう関係なんだ、、」
「う!?ゴルフ仲間。。」
目の前に自分がいるのになぜか遠回しに独り言。

そしてとうとう自分と二人きりになり、彼から質問が飛び出した。
「その体どうやって?」
「いやウェイトトレーニングとかですよ」自分

するとイソップは一瞬沈黙を作り、

「でも、なんでもやり過ぎはなぁ〜、、」
とまた目を合わせず独り言。笑

何気に腹立つ事をサラッと言ってくる。

イソップの質問は続く「音楽はなにを聴くんですか?」
サウナでかなり唐突な質問だったが、自分は分かりやすいところで、「ビートルズ」と答えてみた。

すると、また一瞬間が空き、ボソッと 一言「古いな、、」 笑


次の日、時間が取れる自分は本格的に彼のインタビューでも試みようかと、明日ランチでも時間がないか聞いてみたが、笑
イソップ曰く、「もうサウナの中でインタビューは充分にされた」
とのことで、断られた。笑

なんの仕事をしてるのか僕の体を見てだいぶ気になってる様子だった。

その後、、サウナの中でも、冷水の中でも、ずっと会話は彼とはなく時間は過ぎていったが、なぜか彼は僕の胸や体を見て、なんとなく遠目で笑っている。笑
筋肉をどう付けるか関心があったのかもしれないが、お互い話し過ぎて逆に照れが出てしまったのか、後半は沈黙の妙な時間が過ぎていった。終


2014-10-09-18-25-03





  
Posted by Sanae Kikuta at 23:14Comments(2)
2014年10月17日
不思議なミャンマー回想録

切符を買おうとすると外人価格があるのか、困った顔で急に電話し始めエライ待たされることに。でも結局切符は20円。笑

しかし、このボロボロ手書きの切符、どこにも見せる場面はなく。。みんな勝手に乗っていた。

子供の髪型はこれが今最先端の刈り上げ。

タクシーに乗ろうとすると運転手の口中がメチャクチャに切れまくっていて大出血。

ピザをオーダーするとなんと蒸し器で蒸し始めた。

子供が食事を拒んでいると知らないオヤジが突如参戦し顔を押さえつけ凄まじいことに。

外で配っていたオレンジジュースはオヤジの手が入りまくりコップも使い回し。

一緒にいたKEN先生はこんなミャンマーの様子を極上CanonD810で撮っていました。こんな良いカメラで初めて遊ばせてもらったので凄い高性能で楽しかった!

それにしても大丈夫かミャンマー。


2014-10-17-18-14-33

2014-10-17-18-13-54

2014-10-17-18-02-31

2014-10-17-18-15-36

2014-10-17-18-16-31

2014-10-17-18-15-16

2014-10-17-18-14-46







  
Posted by Sanae Kikuta at 20:31Comments(1)