リハビリ相手の怪我で試合が流れてしまったものの、今回の自分のコンディションは全開には程遠かった。

いろいろ身体を調べてもらった結果、リハビリからのスタートとなってしまった。

今は病院に通い地道なトレーニングを繰り返している。

身体が頑丈ではあるので、骨を折ったりはしたことがないが靭帯などやっかいなものが多い。治りは早いけど完璧な状態に戻るのは難しいし、いつでも再発の可能性が高いのが靭帯。

この歳になってくるといかに怪我しないで練習をこなしていけるかもかなり重要になってくる。みんな怪我は絶対持っているし、だんだん治り辛くなってくるもの。

普段やってることが練習とは言え100%負荷の掛け合いなので万全な状態で試合に望めること自体奇跡的なことなのかもしれない。

こう考えると格闘の世界ではランディ、野球の世界では工藤投手あたりは、ごくマレな選手達なのだ。あらゆるすべての面で自分の身体を管理していないとここまでは来れない。そしてそれだけでなく、いつの時代でもトップレベルで自分を保っているというのは凄いこと。菊田