前回は、、、

朝、先輩を10分刻みに徐々に起こしていき、トレーニングをした後に洗濯、掃除、、、ここまで話しました。

そして次が朝飯作り。これは昼以外、朝と夜は一年生が作るんだけど、4年生から1000円をもらってこれでおかずを作る。なんと7人前!

あまりいい物は作れない。だから、いつも一番安い豚こま炒めてなんて感じだったけど、それでも、4品くらいは作らなきゃいけない。

確か、ご飯と味噌汁、おかず一品くらいは一年生の食事当番がいつもいて、毎日スタンバイされているんだけど、それにしても作るときがひどい!


まず、フライパンを取り出すと、そこには大量のゴキブリがまとわり付いていて、これを一気にガスコンロの火をかけてゴキ達を落とすところから料理が始まる!

鍋類を使うときも、全く同じ作業でゴキを落とすところからスタート!

普通、ゴキブリって、あっ!いた!って感じで、びっくりしてゴキブリが逃げる、みたいな感じだけど、この厨房内では壁にウジャウジャいつまでもゴキが張り付いていて、火を点けない限り逃げる雰囲気がまるでない。

本当に初めて見たときはびっくりした。

何せ2年生の先輩達が、ライターでカベにいるゴキ達を追いやってるわけだから。

多分、一生であんなにゴキ達を見る機会もそうそうないでしょう。

でも、悲しいことにこんなのも慣れてきちゃうんだけど。

とにかく、合宿所では厨房内が一番汚かった。それに、そんな汚いフライパンを取り合いしてるのが、なんだか・・・・。


夜になると、風呂の時間がやってくるわけだけど、ついうっかり、風呂場で先輩と遭遇したものなら、あの硬いタイルの上で正座して、「お背中お流しします。。」と先輩に必ず言わなきゃいけないルールがあった。

それなので体が休まるときがなかなかない。

風呂場で先輩と2人きりになってしまったときには、先に風呂場を出てはいけないというルールもあった。

またこれを破ったりしたものなら、夜中中正座で大変なことになるんですよね。続く