優勝先週末は、GRABAKAジム生が多数出場した、デラフィーバ杯、柔術&グラップリングの試合へ応援に駆けつけた。

凄い活気だった。

TV中継が少なくなった最近の格闘技事情としては、一般層のファンは確かに減って来てると思うが、やる側のアマチュア競技としては、変わらずの人気を誇っている。

組技、柔術の試合は、体を使った頭脳ゲーム、まさにチェス。見ていて心理戦がオモシロい。

観戦してると、先週の自分の試合が終った直後というのもあって、何人かに励ましの声をかけてもらった。だいたい皆同年代でこの競技に熱中してる人達。同年代としてまだまだ頑張ってほしいと、と言われ、力をもらった。ありがたい。


そんな中、GRABAKA女子、見事に優勝!おめでとう。

女性で、スポーツの世界で頑張って汗を流してる姿はカッコいいですね。
スポーツウーマンはこれからどんどんモテるでしょう。


女性でもそう思うわけだから、男だったら尚更ひ弱にならないよう、最低限は鍛えてほしいなって思う。最近はIT時代なのか、細いもやし男が多い気がする。

海外に行ったっていつストリートファイトに巻き込まれるか分からないんだから、奥さん、彼女を守れない所か、自分一人も守れないんじゃひ弱過ぎてしまう。
下手するとスポーツガールのほうが強いかもしれない。いや、多分強い。

普段はスーツ着て、仕事はやり手でも、男としての肉体的強さもちょっとはほしい。肉体的鍛錬で精神面も強くなれるから。

と、話は完全にずれたけど、スポーツはいいということで。