いろいろとご心配して頂きありがとうございます。

貴重な意見、参考にさせて頂きますね。助かります。
痛みも順調に良くなってきています。

そもそもは、昨年のヤスベイ戦前に負傷した箇所です。
結果的にあの試合中にも激痛が出てしまい影響してしまいましたね。

何もしないで終わった試合はあれぐらいなので、悔しかったですが、

でも本番はそこからで、それからずっとまとわりついてる感じで。

今回の痛さはまた前の痛さと異なる激痛で、ぶり返しも激しいし、治療法も異なるし、何もかもが別物です。

新しいクエッションと向き合えた経験はそれはそれで良かったですけどね。

長年避けてきたブロック注射も一つの手段として貴重なものだし、これも経験。

首の複雑な神経が入り混じるこの部分への注射は、なんて大変な事だと思ったし、奥底に打つなんて怖いと思ったけどこれも経験です。

首へのブロックは賛否両論みたいですが、

神経に麻酔を打つ事で痛みを一瞬和らげる。痛くない感覚を思い出させるということと、神経の炎症を抑えるのにはステロイド系は効果が大だということ。

実際、その部分の骨の変形などが治るわけではないけど、何回か打っていくとその後、一切痛くなくなったという選手がかなりいます。
とにもかくにも激痛は困りますから。

もちろん、短期型で治す激痛を取る方法だと思うので、今後また新たな自然治療を取り入れていきたいと思っています。

ちなみに今のブロックは、ちゃんと手術台の上に寝て透視画面を見ながら先生が慎重に行ってくれます。
昔はいきなり神経に触って、あー!!みたいなことがあったみたいですね。