もともと、地球には土や木や草、

そして、水と空気しかなかったのに、今やエライことになっています。


もともと、これしかなかったのに、あとは人間が様々なものを造って凄いことになりました。

文明は本当に発達しましたね。


でも、ものに執着したり、ものを持つ事で本当に幸せに繋がるのかは疑問が残ります。

それはもともとなかったもので、人が造りあげた幻想品みたいなものだからです。


人が飽きないように、人が楽しめるように、人が楽になれるように、色んなものが造られてきましたが、

ものを作り過ぎて、発達し過ぎたのかもしれません。

結局ベーシックなものさえ幾つかあればいいんではないかなと。

なので、どんなに発達して凄いものがどんどん出てきて買っても満たされないし、

何もない中のたった1つと、沢山ある中の1つでは全く意味合いが違ってきてしまうのです。