かなり時間が開きましたね。

新年、仕事のほうは休んでいました。だいぶ、賑わっていますね。  

今回のことは正直言うと何も書きようがないんですよね。
というのも、周りは騒いでいますが、やれんのか!のほうからは何も言われていないから何も言いようがない。レフリーが試合を判断して終わったので。

この件は、周りの人からもスルーでいいんでは、と言われたけど別にそうする必要もないから書きようはないけど書きますけど(笑)

ボクは三崎陣営だし、本当は客観的に見る必要もないんだけど、ちょっと客観的に、また選手側に立って見てみます。ただ、ボクは個人的にあれは反則とは思っていないです。なぜなら、両膝もついてない、仰向けでもない、あの中腰状態での蹴りが駄目とはルールで聞かされてないから。皆さんはルールミーティングを見たことないと思いますが、ああいう微妙な位置での反則、反則でないというものは必ず事前に時間を割いて説明があるものなのです。

だいたい足の裏以外のお尻や背中がマットに付いてるとグランドとみなされ、お尻がついてない状態だと、三点か四点かどうしようというふうになる。どうして三点、四点が重要になるかと言うと、それを利用して攻撃させないというずるい選手をなくすためと、三点でも攻撃出来ないとなると紛らわしくなるからでしょう。

なので、完全な亀状態だったり、タックルの後の完全な正座状態だったりしてる以外は流れの中でのあの中腰での攻撃は全然問題ないはず。すなわち四点とは、ボクの見解では亀状態や正座状態の人には蹴りを入れてはいけないというもので、まさしく紛らわしいあの起き際の攻防は3点であり、攻撃オッケーの位置だという判断です。主催者もそう思ってると思うんだけど。

なのでお尻も背中もついてない、起き上がりの際の四点でもないあの状態が攻撃OKとボクらが判断するのは当然のこと。

でも今回は、あれをグランド状態と思う人とグランド状態と思わない人と両方いるということですね。ここまで言ってあれですが、あえて言うなら、両方とも正直な気持ちだと思いますよ。

見る人によって違うのは見る人によってルールの捉え方が違うから。これを責めても仕方ない。言うなればこういう微妙なルールを作る場合は、細かいルール説明を用意しないといけないということ。

こういう捉え方が違う人が出てくるということは、このルールがいかに難しいかということですね。何でも有りのノールールにルールを作ると必ずどこかに曖昧さが出てくるんです。だから打撃も寝技も平等にノールールっていうのが最初出てきたんですけどね。

しつこいけどまとめると、今回、ルールミーティングで四点ポジションの話しか聞いてない(しかも当たった瞬間は三点)。しかもあれは中腰。あれは起き上がりの流れだし、あれがNGとなるとタックルに来た選手に蹴りを合わすことすらできなくなる。更に、マットに片手や両手を付けながら歩いてこられても蹴れなくなるという異常なことまで可能になってくるので、総合の試合が総合ではなくおかしなことになってしまう。

さっきも言ったようにルール上グランドなら蹴らない。でも、両膝ついてるわけじゃないし、仰向けで寝てるわけでもない。ああいう立ち際の中腰位置はOKと、やれんのかは判断してると思っている。だから勝った。
でももし、ファンの人で反則と思った人がいてもそれはおかしいとボクは思わない。微妙なラインは人によって必ず捉え方が違ってくるもの。だからルールの説明はしっかり細かくないと駄目なんだと思う。

もし今回のルール説明の中で、立ち際の蹴りは頭を狙ってはいけません。完全に立ってから蹴りましょう!と言われてたなら話はまた別だけど、説明は一切受けてはいない。そう聞いてたら反則も納得だけど、やれんのか!はそんなことは思ってないと思う。試合は終わってるし、反則と判断もしてないでしょう。

だけど仮に、そんなアマチュアルールみたいな説明を本当に受けてたとしたら総合もどうなってしまうのかなと心配にはなってしまう。

ボクからするとこういう煩わしいルール自体がないほうがいいとは思うんだけど、それと関係なしにしても、あれはグランド状態での蹴りではない、立って来た相手を蹴った。でもだからそれが駄目なんだよ!!と言う人がまだいるなら、ちゃんとこのルールをはっきりさせてもらわないと今後においてボクらも困るしお客さんも困りますね。

でも、寝てた相手を平然と黙って立たすようなルールだったら。。。そうしたら、総合の試合でワクワクしていたあの緊張感はもう味わえないな。あの、立ち際の攻防っていうのは総合格闘技の一番の凄味の部分でスリリングな瞬間だったから。これは今後無くしてほしくない。

だから、TVが関係しているルールなのかボクにはよく分からないけど、自分達としてはルールに守られてる試合はこういうのがちょっと気になるんですよね。何でも有りが一番後腐れなくていいんだけど。

ただ、現時点で主催者から呼ばれてるわけではないのでこの長い話しすべては勝手なボクの仮定の話。

説明通り、今回の試合に関してあれは反則ではないし、仮に今後の試合で反則となっていくとするなら、反対だという自分の意見です。だけどそれもすべて妄想の話で現実には何も言われてません。

ちなみに、ボクは寝技系だけど個人的にグランド状態での蹴り、膝、何でも有りがいいですね。ポジションが優れていればもらわないと思っているから。まあこんなところでお許しを(笑)。菊田