「やれんのか」の裁定を受けて非常に残念に思っています。

これが、「やれんのか」の単独の判断なのか、どういう経緯でこうなってしまったのかは自分には分からないけどとにかく残念です。

応援してくれたファンの皆さん、あの日に一緒になって感動してくれた皆さん、本当に申し訳ないです。自分たちが謝ることではないかもしれないけど、格闘界にとってこれが良かったこととは思えないので。

あの日、TVで試合を見てた人、応援に来てくれて感動してくれた人達は今更「ナシ」と言われても、それをどう受け止めたらいいのか。

ただ、自分達はあの日の試合で誰が勝ったのか心の中で分かっていればそれでいいです。結果がすべてではないから。

もうちゃんと決着はついてたし、その終わったことをどうのこうの変えてしまうことについては、お任せしたい。ノーコンテストなのか負けなのか、そこには興味はありません。自由に決めてもらえばいいと思う。

ただ、ボクらは小さいチームだけど格闘技を盛り上げようと自分たちなりに正しくこれまでやってきたつもり。
こういう結果をファンが望んでいるのか、本当にこれがスポーツマンシップに乗っ取って出た裁定なのかは聞いてみたいと思っています。

三崎もボクも試合が近いです。三崎自身にも余計なことをあまり考えさせたくない。
終わったことを立ち止まって考えてるより、前に進まないと行けないので、これをどうのこうのやり合うつもりは今の所考えていません。

また近くコメント出すと思いますが、ちょっと時間もらいます。応援してくれてた皆さん本当にすいません!菊田