試合映像


https://youtu.be/d0JaChwFbnw


「ADCCでの不可解な裁定について」



去る9月24日にフィンランドにて開催された行われたADCC(アブダビコンバット)のスーパーファイトにおいて、私、菊田早苗はヘンゾ・グレイシー選手と対戦をしました。

ADCCは世界一のグラップリング大会であり、世界一の団体です。私はここで唯一優勝している日本人です。そして、ヘンゾ・グレイシーは偉大なるファイターです。


その試合において、勝敗に影響する不可解な裁定があり、今回このように自分の意見を公開するに至りました。

これは、ヘンゾ・グレイシー選手、及び、そのサポーターの方々を抗議してるものではありません。レフリーのミスジャッジについての抗議です。

試合後すぐに反論が出来なかったのは、私が英語が出来ない為です。
このような形で時間がかかってしまいました。


試合展開を振り返りたいと思います。

試合時間は本戦10分間。この本戦では両者ともにスタンドレスリングの攻防となり、大きな動きはなく、両者ポイントは0−0のまま、5分間の延長戦に突入します。

ここからの五分ですべてが決まるサドンデスです。
この延長でも両者はチャンスを探り合うような展開が続きました。ところが、延長戦、2分が経過した頃、自分にのみ消極姿勢を問うマイナス1ポイントが与えられました。そして、延長戦も残り1分を切った終盤に問題が発生します。私の仕掛けたテイクダウン(大内刈)により、ヘンゾ選手は背中から転倒し、私はポイントを得るためにヘンゾ選手を下にした体制をキープ。ビデオで確認しても少なくと4秒〜5秒くらいの間はヘンゾ選手の上の姿勢をキープしている攻撃でした。しかし、その攻撃に対して、レフリーは「ノーポイント」と裁定し、そのまま試合は終了し、私にのみ与えられたマイナス1ポイントが決定打となり、先に述べたようにヘンゾ・グレイシー選手の勝利となりました。

ここで私が「不可解な裁定」と指摘するのは、2か所。
ひとつは延長戦で両者ともに展開を作れずにいた中での、私のみへのマイナス1ポイントの付与。

そして、最も問題視したいのは延長戦での私のテイクダウンがポイントとして評価されなかったことです。ルール上ではテイクダウンを仕掛け、上下の体制を3秒以上成立させることが出来れば2ポイントが付与されることとなっており、その条件を満たした攻撃であったにもかかわらず、「ノーポイント」と裁定されたことです。

そもそもルールの3秒以上の意味は、
投げても一瞬で立たれてはポイントにしないという意味なので、数秒、上をキープしたこの試合では十分に投げが認められるはずです。
この投げでダメなら他に何の投げがポイントになるのでしょうか?

本来は2-0で私の勝利。
仮にマイナス1点があったとしても
勝利です。

私は、これまでプロとしての22年間、様々な試合を経験しましたが、ジャッジに関し、問題定義したことは一度もありません。日本人は本来そういった事を遠慮する国民性です。

ですが、映像を見てもらっても分かる通り、接戦ならまだしもこの試合はあまりにもそうではない。
なぜなら、ヘンゾの攻撃では尻もちすら与えていないのですから。ヘンゾ選手の優位を示すものがなく、この試合をご覧になった方はどちらが勝ったかは明らかにお分かりになったでしょう。

誤解を受けたくないのは、私はADCCという団体を尊敬してますし、ヘンゾ・グレイシー選手は今も変わらず、尊敬する偉大なファイターです。

ヘンゾ選手ならば、決して今回の結果に納得していないと私は信じています。


ADCCに対し、今回の事についてすでに内容を提出しています。
このVを見てもらい、今一度、勝敗について協議して頂き、ADCCからきちんとした回答を待っています。

そして、私は尊敬するADCCの出す改めての結果に関してはスポーツマンとして素直に受け入れたいと思っています。争う必要はありません。

ただ、この結末はどうなるにせよ、
スポーツマンとしてではなく、
武士道魂を持つ日本人として、
私は彼とのリマッチを強く望みます!

2年後の、スーパーファイトが一番いいでしょう。
更には日本にもRIZINという舞台があります。どこでも場所は問いません。また、グラップリングでもMMAでもいいです。

あの日見ていた、世界中のADCCファンは、なぜ私が負けたのか理解出来なかったはずです。ADCCに、あのテイクダウンをもう一度見てほしい。
ADCCは、世界一の団体だと信じています。


私は、ヘンゾと再戦を望んでいます。
皆様のお力をどうかお貸し頂き、世界への発信をお願いします。
シェア拡大お願いします。
試合映像です。


https://youtu.be/d0JaChwFbnw





Incomprehensive judgement in ADCC

I fought a match against Renzo Gracie at ADCC, Abu Dhabi Combat Club, super fi
ght in Finland Sep 24 2017.
I believe that ADCC is the world highest level grappling event and one of the best martial arts events.
I’m a only Japanese competitor who won the ADCC.
Renzo Gracie is great fighter and I really respect him.

There were incomprehensive judgements that effect victory or defeat in the mat
ch, and I decided to publish my opinion.

This statement is not a protest regarding Mr. Renzo Gracie and his support team.
This protest is in regards to the referee’s misjudgment with respect to the s
coring points.

Because I am not fluent in English, I could not initiate this protest immediately after the fight.
Therefore, it takes too much time to begin a protest against this misjudgment.


I would like to look back the match.
The main match was draw after 10 minutes.
Renzo and I were giving pressure each other on standing wresting.
There were no major movement and match finished points 0 for Renzo and me.

Then match went to 5 minutes extra round. Renzo and I were still looking for chance to take the opponent down.
However, after 2 minutes past, somehow referee gave minus point to only me fornegative action.
And another thing happened match reached 4 minutes over. I took Renzo down by Ouchi.
Renzo fall from back and I hold him to keep top position and keep Renzo bottomposition.
As I checked video, I kept the top at least five seconds.
However, referee judged as no point and match timed up.
And Renzo won the match by minus point that referee gave only me.

I have things that I would like to point out as incomprehensible judgement in this match.
One is the minus point for only me due to negative action even both Renzo and I could not make the aggressive move.

And most incomprehensible thing is another point that referee did not award the points for my take down to Renzo.
According to the ADCC rule, if the position is established for 3 or more seconds after take down, points will be awarded.
The reason that ADCC rules defining that top position needs to establish for 3or more seconds after take down is even you take down the opponent but oppone
nt stands up in moment, it will not count as take down.As I established top poison for more than 3 seconds after take down, referee must award the points
for my take down.
If my take down cannot be awarded, what take down can be awarded points?

The judge should be I defeat Renzo by point 2.
Even judge counted the my minus 1 point, I still defeated Renzo by points.

Since I started martial arts carrier as professional from 22 years ago, I havenever protest against the judge.And most Japanese fighters hesitate to protest against the judge after fight due to Japanese culture .

However, this time, the match was not close one. You can tell if you watch thevideo.
Because Renzo did not fall me down to ground even once.
It is obvious that there was no situation I'm dominated by Renzo during the match.
I believe no one will say I'm defeated by Renzo if you watch the video.

Please do not take this wrong, I respect ADCC and I still respect Renzo. Renzois great fighter.

I believe that he great fighter Renzo is also not happy about the match and judgement.

I already requested ADCC to playback the match and re-determined the judge.
And I will wait for ADCC official answer.
I will accept the official answer from ADCC as I respect ADCC and I follow sportsmanship.
I do not want to contend with ADCC as long as I receive official answer from ADCC .

But any answer I get, I would really like to have rematch with Renzo as Japanese fighter with Bushido sprits.

I'm fine to rematch ADCC super fight 2 years later.
Or in Japan there is Rizin fighting event. I'm fine to fight in MMA or grappling match.

Many of ADCC funs who watched my match could not understand why I'm defeated by points.
I really like to ADCC to see my take down in the match.
I believe ADCC is the best event in the world.

I'm eagerly hoping to have rematch with Renzo.
Please support me to share this message in the world.

Best regards,
Sanae Kikuta

https://youtu.be/d0JaChwFbnw