本サイトは、著作権期間延長に反対します

本Blogの『機械伯爵』の文書は、GFDL( 原文日本語訳)に準拠します。

Copyright (c) 2005 COUNT KIKWAI

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Copyright (C) 西暦2005年 機械伯爵

この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNU フリー文書利用許諾契約書(バージョン1.2かそれ以降から一つを選択)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変することを許可する。変更不可部分、表カバーテキスト、裏カバーテキストは存在しない。この利用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれている。

なお、機械伯爵以外の来訪者の方々によるコメントは、当然この範囲ではありません

2017年01月14日

基本システムを利用する理由

 過去ログを見たら、フルスクラッチのゲームを作ることを書いていた。
 これが、なぜ「基本システム拡張」の方向に行ったのか、という経緯を少し話したいと思う。  続きを読む

PCデータ上書きの危険性

 前回の通り、エナジードレインを実装して「0レベル」に達したPCを「消滅(ロスト)」させる機構を実装。
 さらに、ロストさせたキャラクターのデータを新規キャラクターで上書きしようとしたところ、パーティーメンバーの変更で異常が出た。  続きを読む

2017年01月05日

ウディタの基本システムを拡張

 学校で教えてる関係で、ウディタ=Wolf RPG Editorを拡張。
 ウィザードリィ(旧版 1〜5あたり)の雰囲気が出ればいいかな、と思う。  続きを読む

2016年12月26日

ポメラ PM200 続き

 というわけで、先の記事からほどなく購入。
 ある意味予想通りではあるけど、買わないとわからないところなどレポート。
  続きを読む
Posted by kikwai at 20:59Comments(0)TrackBack(0)ガジェット

2016年10月17日

ポメラ PM200

PM100を、かなり悩んだ末、去年「もう後継機出さそうにないし、このまま無くなったら困るなぁ」と、思い切って買ったら・・・・今年、PM200が登場。
 しかも・・・

●アウトラインプロセッサがついた・・・
●UTF-8に対応した・・・
●LAN機能でプリンタが使えるようになった・・・

 とか、欲しかった機能が満載してるよ(泣)
 まぁ、リチウムバッテリーはマイナスだけど、それを差し引いても買わないとなぁ・・・

 ・・・PM100、どっかに置いて使おうかなぁ。
  
Posted by kikwai at 11:52Comments(0)TrackBack(0)ガジェット

2016年02月03日

いまさらながら、QPython3の直接起動

 今、いじっていて気がつきました。
 Programsから、目的のスクリプトかプロジェクトを長押しして、Create shortcutにokすればできます。
 いちいちコンソールが立ち上がるのは気になるけど、とりあえず一発で立ち上がります。
 ・・・Pythonいじってないなぁ、こんとこ。  

2016年02月01日

JavaScriptのオブジェクト指向プログラミング

 node.jsのバージョンがあがったり、ロングサポートパージョンが出たりして、JavaScript環境でのES6スタイルクラスが本格稼動しはじめた感じです。
 これは勿論、歓迎すべきことなんだろうけど、例えばNW.jsなんかを使った手軽なアプリなんかでは、「プロトタイプベース」という珍しくも手軽な性質を捨てて、強固な静的クラスのスタイルを持つのは、なんかもったいないような気がします。

  続きを読む
Posted by kikwai at 10:05Comments(0)TrackBack(0)JavaScript

2016年01月25日

ティラノスクリプトのセーブデータ

 ティラノスクリプトでJavaScriptを使用するのに便利なloadjsタグ(JavaScriptファイルをごっそり読み込むタグ)は、f(しおりで記憶する変数)、sf(ゲーム全体で共有するセーブ変数)を扱うことが一切できないことが判明、そのあたりは、[call][return]タグを用いて処理用シナリオファイルを使用するしかないようです。
 なお、シナリオの[if][elsif][else][endif]タグによる条件分岐は「入れ子(ネスト)」構造ができないので、こまめに[jump]タグでサブルーチンを作るしかないですね。
 う〜ん、GO-TOいっぱいのBASIC時代を思い出すなぁ(実際、気を抜くとスパゲッティになるし)  
Posted by kikwai at 08:36Comments(0)TrackBack(0)JavaScript

2015年10月15日

ティラノスクリプトで埋め込みHTMLとの連絡

ティラノスクリプトの埋め込みHTMLフォームは非常に強力な機能なのですが、このHTMLを入力フォームとして使用する際、入力した内容を受け渡すのにはちょっとしたコツが必要になります。
  続きを読む

2015年09月24日

ティラノスクリプトのクセ

 ティラノスクリプトとは、吉里吉里/KAGシステム互換の、インターネット指向ノベルゲームエンジンです。
 吉里吉里/KAGや、その他のノベルエンジンを使ったことのある人には、この程度の説明で十分ですが、この手の話題に全く知識の無い方に合わせて話しをすると「ノベルゲームエンジンって何?」ってな話から始めることになるので、今回は「知ってる人のみの話題」ということで。  続きを読む