本サイトは、著作権期間延長に反対します

本Blogの『機械伯爵』の文書は、GFDL( 原文日本語訳)に準拠します。

Copyright (c) 2005 COUNT KIKWAI

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Copyright (C) 西暦2005年 機械伯爵

この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNU フリー文書利用許諾契約書(バージョン1.2かそれ以降から一つを選択)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変することを許可する。変更不可部分、表カバーテキスト、裏カバーテキストは存在しない。この利用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれている。

なお、機械伯爵以外の来訪者の方々によるコメントは、当然この範囲ではありません

2019年10月12日

無色と透明は違う!

 「チコちゃんに叱られる」の10/12放映で「水は透明でない」とあったが、正しくは「無色でない」なのに、大学の先生がツッコミを入れないとかいかがなものか。
 透明は「透けて向こうが見える」で、無色透明の他に「赤くても透けて見える」の赤色透明なんかもある。
 液体が透明か透明でないかは、液体などに「懸濁(濁り)」の原因である「コロイド」があるかの話であり、色の吸収云々は「無色」の話。

 余談だが有名なウェルズの「透明人間」の原題は「The Invisible Man」で直訳するなら「不可視(見えない)人間(男?)」。
 そのあとがきで、「ホントに不可視だったら、網膜も光を通過するので見えないね」とSF作家の科学オタクっぽいセルフツッコミ入れてるのはご愛敬。
  
Posted by kikwai at 09:14Comments(0)教育

2019年07月25日

パクリはそんなに軽くない

 この記事を書く前に、令和元年七月十八日の放火被害の犠牲になられた京都アニメーションの方々に、お悔やみ申し上げます。
 私自身は、この会社の作品の数々を存じてはいますが、特に見ることも無く、ファンでもありませんが、だからといって(クリエイターとかそういう話ではなく)放火殺人が許されるわけではありませんし、事件には憤りを感じています。
 なぜ最初にこう断るかといえば、私自身はこの放火殺人犯の動機に対して一切同意・同情する気はない、ということをはっきりと表明しておき、誤解のないようにしておきたい、ということです。
 私の主張は、令和元年七月二十一日のTBSの「サンデージャポン」で同事件を取り上げた際に、爆笑問題の太田光さんのコメントに対して、違和感を感じた、ということです。



  続きを読む
Posted by kikwai at 21:41Comments(0)その他の雑記

2019年06月14日

AWKスクリプトに読み込みファイル名を組み込む際の注意

組み込み変数(配列)ARGV(argument vector)を操作すると、読み込むファイルを変更できることはよく知られている。

ただ、変更するのではなく追加する場合、同時にARGC(argment counter)変数を変更しておかないとおかしな話になる。

ARGCは引数+1(ARGV[0]に入っている"awk.exe"などの実行ファイル名をプラス)となるので、例えば一つの読み込みファイルを指定する場合は以下のようになる。


$ cat arg_test.awk
#! awk -f
BEGIN{
        ARGC=2
        ARGV[1]="hello.txt"
}
{
        print
}
$ cat hello.txt
hello
hello
hello how are you?

$ arg_test.awk
hello
hello
hello how are you?

  
Posted by kikwai at 08:19Comments(0)懐かしいAWK

2019年05月07日

GAWK5の名前空間

というわけで、GAWKの名前空間(namespace)のテスト及び解説。

  続きを読む
Posted by kikwai at 11:21Comments(0)懐かしいAWK

名前空間付きGAWK

 新年(令和)明けましておめでとうございます。

 新年(十連休明けともいう)最初の話題は、GAWK5.0.0。
 普段はbusybox-awkを使ってる私だが、GNU awkを全く無視しているわけではない。
 しかも「名前空間」大好きなPythonistaの性(さが)で、これは無視できない。
  続きを読む
Posted by kikwai at 08:58Comments(0)懐かしいAWK

2019年04月09日

本日の一行野郎

 十進数(十六進数、八進数)を、二進数表示するワンライナ。
 マイナスを入れるとヘンな表示になるが、対策は面倒なので捨て置く。

$ awk 'function bin(n,s){return n?bin((n-n%2)/2,(n%2)s):s"[B]"}$0=bin($0)'
5
101[B]
10
1010[B]
255
11111111[B]
-5
-10-1[B]
-10
-10-10[B]
-255
-1-1-1-1-1-1-1-1[B]
077
111111[B]
0xFF
11111111[B]  
Posted by kikwai at 11:10Comments(0)懐かしいAWK

2019年04月08日

本日の一行野郎

 すでにネタ切れっぽいが、フィボナッチ数列。

$ awk '{for(f=b=1;f<$0;f=(b+=f)-f)printf f" ";print""}'
10
1 1 2 3 5 8
20
1 1 2 3 5 8 13
100
1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89
  
Posted by kikwai at 19:33Comments(0)懐かしいAWK

avast BusyBoxのウィルス判定解除

 ふぅ、ようやっとウィルス判定が解除された。
 これで使えるぞっと。
  
Posted by kikwai at 09:29Comments(0)BusyBoxを使おう

2019年04月04日

Pythonは「どんな」言語?

しばらくPythonから離れていた所為か、ちょっと情報が遅れていたのを実感した記事。

「Pythonってどんな言語なの?(https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1904/02/news024.html)」

ここで、フォーマット文字列「f''」(Python ver.3.6以降)の書き方を知ってびっくりした。

「ちゃんと継続的に勉強しなきゃなぁ」と思ったが、それはそれとして、「Pythonの紹介」と銘打って例に出されているコードが、どうも気持ち悪い。

  続きを読む

2019年04月02日

令くしい和へ

 新元号、「令和」に決まりました。
 悪くない元号だと素直に思います。
 安倍首相も、「安晋」ほど露骨では無いにせよ、自書(だれか代筆してるとは思うけど)の「美しい国へ」に(なぞら)えて「(うつ)くしい(くに)へ」とかにしてるような気がしないでもないけど、気の所為だろう、たぶん。
 ただ「R」は結構普通に使う英字なので、令和18年を「R18」とか書くと、いらん想像を掻き立てそうな・・・まぁいいか。
 ということで「H」な平成もあと一ヶ月。
 昭和生まれは、のんびり過ごすとしまししょう。
  
Posted by kikwai at 11:26Comments(0)その他の雑記