本サイトは、著作権期間延長に反対します

本Blogの『機械伯爵』の文書は、GFDL( 原文日本語訳)に準拠します。

Copyright (c) 2005 COUNT KIKWAI

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".

Copyright (C) 西暦2005年 機械伯爵

この文書を、フリーソフトウェア財団発行の GNU フリー文書利用許諾契約書(バージョン1.2かそれ以降から一つを選択)が定める条件の下で複製、頒布、あるいは改変することを許可する。変更不可部分、表カバーテキスト、裏カバーテキストは存在しない。この利用許諾契約書の複製物は「GNU フリー文書利用許諾契約書」という章に含まれている。

なお、機械伯爵以外の来訪者の方々によるコメントは、当然この範囲ではありません

2017年06月26日

「デミ」は何を語る?

 「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」というマンガは、教育職についている私からも面白く、毎回非常に楽しみにしている・・・のだが、一応(作者さんはわかってるのだろーけど)言っておこうと思う。
 このマンガのヒロインス(ヴァンパイア、デュラハン、雪女、サッキュバス)等々は、そもそも、どんな意味でも「デミヒューマン」ではない。  続きを読む

2017年06月14日

RPGツクールフェス、サンプルデータ一覧

公式ガイドブックにさえサンプル数値データの一覧が載ってないので、挙げておく。

  続きを読む

2017年06月12日

RPGツクールフェス

 ひょんなことから、new NINTENDO 3DS LLを買うことになり、ついでに3DS用RPGツクールである「RPGツクールフェス」をダウンロード購入。
 ウディタと比較して不満を挙げているとキリがないので、「作って楽しめるか?」に絞れば、まぁ、悪くは無い(個人的には渋い中年のオヤジグラフィックが秀逸で好き)
 おなじみの公式ガイドは、グラフィック素材に絞れば確かに使い易いが、実践テクニック集にあれほどページを割くなら、サンプルの数値(特技など)の一覧が欲しかった・・・(作ってます)
 あと、戦闘関連の数値計算は、ネットに上がってたので見たが、これもまとめが欲しいとこだ。
 少し遊んでみた後、気づいたことをまたアップしたいと思う。  

2017年04月26日

基本的なことが・・・

 現在の拡張システムは、まだサンプルゲームを作れる段階ではないので、テストプレイが限定的になりがちだが・・・まさか毒ステータスでヒーリングするような初歩的なミスをしているとは思いもよらなかった。
 その他、戻り値の受け渡しが不自由だったり(グローバル変数参照という綺麗でない方法を使った)条件がクリアできていなかったり・・・最初のイベント設計段階のミスが目立つ。
 直後のデバッグでさえこれだけミスが見つかるのだから、実用したときにどんな不具合が出るかが恐ろしい・・・やっぱそろそろ、デバッグ用サンプルゲームを作らないとダメだなぁ。  

2017年04月25日

トラップのプログラム

 ウディタの機能にトラップを組み込む。
 すると、Wiz(Wizardry)のトラップが以下に変態的だったかということを実感した。  続きを読む

2017年04月21日

ver.2.21にバージョンアップ

 ウディタのver.2.10(v210)で作成されていたオリジナルの基本システム(素材入り)と、拡張システムを、ver.2.21にアップデートした。  続きを読む

2017年04月20日

Wolf RPG エディター ver.2.21

 ver.2.10長いことバージョンアップしてなかったウディタが、気づいたらver.2.21になっていた。
 早速「自分自身のみの効果の技能」が自分以外しか選ばれないバグと、死んでいるメンバーに経験値が入る仕様を調べてみた。
 結果、バグの方は直っていたが、死者に経験値が入る仕様(笑)はそのままだった。
 現在、2.10で作っている拡張システムを、2.21に移植しなければならないわけだが・・・面倒だなぁ(笑)  

2017年03月27日

Ren'Py導入を真剣に考える

 来年の高校の課題研究の材料として、Ren'Pyの導入を念頭に調べようと思う。
 ノベルゲームエンジンとしては、同様のTyranoscriptがあるのに、わざわざRen'Pyを導入するのは、ある意味不可解かもしれない。

 メジャーという点では、2004年にリリースされたにかかわらず「ほとんど日本製のゲームが存在しない」Ren'Pyより、2012年に実験版リリースされたばかりなのに既に数千のゲームが乱立するTyranoscriptを選ぶ方が現実的だろう。
 拡張性も、Webのテクノロジーが直接導入できるTyranoscriptの方が、よく見える。
 スクリプト言語も、JavaScriptとPython2.7では、JavaScriptの方がメジャーだ。
 「普通に考えるなら」Tyranoscriptを置いてRen'Pyを始める理由は無い。
  続きを読む

2017年03月22日

恋ぱい(Ren'Py)

 Pythonをベースにした「Ren'Py」というノベルゲームエンジンが存在することを、最近知った。
 外国製で、なんでも日本より海外でよく使われているらしく、発表当時は日本語の使用に難があったらしいが、現在は日本語ドキュメントも結構増えて、そこそこ使える状態だと思う。
 表現力その他は、正直吉里吉里やTyranoscriptほどではないが、書き方の簡便さと、何よりPythonで拡張できるのが魅力だ。

  続きを読む

2017年03月13日

Pythonista 3 …Python for iOSかぁ…

 漸く本格的なPython開発環境がiOSで使えるようになったんですね。
 Pythonista 3
 悪くはなさそうだけど…1200円って、高いよなぁ。
  続きを読む
Posted by kikwai at 18:20Comments(0)TrackBack(0)