December 02, 2015

永住ビザサポート

ブログをずっとさぼっておりましたので、お客様の声がたまってしまいました。

おめでとうございます。
永住許可が出たお客様です。

092501


ビザサポート行政書士ブログ 名古屋も対応可

kikyosolicitor at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

親の呼び寄せビザ

親の呼び寄せ

 外国籍の方が日本に長年居住するにつれ、母国に残した親の面倒が心配になり、日本で一緒に生活ができないかというお問い合わせを多く頂いています。確かに、仕事もあり家族もいて生活基盤を築いた日本社会で親子そろって生活したいというお気持ちはよくわかりますが、残念ながら日本の「出入国管理及び難民認定法」では、親を呼ぶためのビザは存在しません。そのため、短期滞在などの一時的なビザを除き、長期ビザでは親を日本に呼ぶことはできません。

親の呼び寄せビザ

お客様の声

とは言え、絶対に両親とは生活できないのかというと、例外的な措置として長期ビザが発給されて親が日本に滞在できている例があります。ACROSEEDでは何件も実績がありますが、法律に規定がない以上、申請が受理される基準もなければ、許可か不許可という基準もありません。1981年の開業以来、30年以上にわたってビザ申請を専門とするACROSEEDでも、非常に難しい申請と言わざるを得ません。

従来の経験則からいうと、以下の方は許可が下りる可能性があるようです。
・配偶者の死亡など、自己都合以外の理由で親が一人で生活している。
・母国で親の面倒を見る人が誰もいない
・親が70歳以上であり、1人で生活することに困難がある
・来日した場合、生活保護など日本政府の負担となる恐れがない
・日本で生活する子が日本社会で信用される社会的地位を築いている
・親が重篤な病を抱えている
・日本で生活する子に未成熟の子供がいない

ただし、ご両親がそろっていても許可された例もありますし、62歳と61歳の両親が許可された事例もあり、必ずしも明確な基準という訳ではありません。

ACROSEEDでは1986年の創業以来、許可率が著しく低いと判断した内容は、業務をお断りする方針を貫いています。許可が取れない以上、お客様にとっても、ACROSEEDにとっても良い結果にはならないからです。そのため、法律に規定がない親の呼び寄せについては、電話で条件を伺った結果、依頼をお断りするケースが大半を占めています。

 親の呼び寄せは非常に難しい案件であり、ACROSEEDとしても積極的にお勧めできる方法ではありません。もし、ご両親が比較的お若くて元気であれば日本でビジネスを開始して経営者として来日するなど、より前向きな方法をお勧めします。親の呼び寄せをお考えの方は、入管法で規定されていない現状、不許可となるリスクについてご検討いただく事をお勧めしています。


【お客様の声】

 この度、両親の特定活動のビザ(難関中の難関ビザ)がおりて、誠にホットしております。それには、 すべて貴社(ACROSEED )の宮川先生のお陰だと思っております。心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました!

 この四半世紀弱日本でがむしゃらに頑張ってきた私達兄妹は、気がつくと親も大分年を取り、衰え目立ち、子供に頼りたいと弱音を吐くようになってしまって…その高齢の親を自分達のそばで置いておきたいと言う願望は日に日に強くなり、去年の秋から色々調べ、行政書士の会社を何軒も廻り、このビザは難関ビザでほぼ下りないから、ビザ申請をするよりも本国で他の手を考えた方がいいですよとまで言われ、困ってるからこそ助けを求めたのにも関わらずに、こんな無責任な答えなんて!怒り心頭と同時にショックでした!

 その時、インターネットで貴社のお客様の声を拝見し、藁を掴む気持ちで相談に伺いました。そして宮川先生と出会い、人生が変わりました!

 宮川先生の親切な対応、そしてなによりも私達の心情をよく理解してくださった事から、迷わずに依頼を決めました!

 申請から降りるまでの日々は高齢の親と私達にとってはいってもたっても居られなく、苦しい日々でしたが、その間でも、宮川先生から何度も諦めずに頑張りましょうと励ましのお言葉をいただき、本当に精神的に助かりました!宮川先生の熱意が実る形となった今、家族共々嬉しい涙を流しました!これからは、今まで出来なかった親孝行が出来ると感無量です!

 此処で、私達と同じ境遇の方に言いたい!

  どんなに難しいご事情でも、1人で悩まずに、まず宮川先生にご相談をお勧めいたします。宮川先生なら、必ず素晴らしい結果に結び付くように導いてくださいます。

  多く書き過ぎました事をお許しください。最後にもう一度お礼を言わせていただきたく思います。
 心から感謝いたします
 ありがとうございました


  また、よろしくお願い申し上げます


kikyosolicitor at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 01, 2015

ACROSEED の 書籍

ACROSEEDの書籍 

ビザ サポート行政書士のブログ

kikyosolicitor at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 23, 2015

国際結婚応援キャンペーン

image

VISAサポート行政書士
行政書士法人アクロシードでは、
国際結婚VISAサポートキャンペーン実施中です。


kikyosolicitor at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 19, 2015

キャンペーン第2弾 永住キャンペーン実施中

http://www.visajapan.jp/cam3.html永住キャンペーン

kikyosolicitor at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 14, 2015

国際結婚のビザ

http://www.visajapan.jp/cam1.html国際結婚のビザ キャンペーン実施中、是非ご覧ください。

kikyosolicitor at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 09, 2015

国際結婚は質問書が重要

最初で最後の申請にしたい国際結婚ビザ
グローバル化に伴い国際結婚は増えております。しかし、そのカップルの多くは初めての国際結婚であり、ビザ申請ももちろんのこと初めての経験です。情報に乏しく、最近の審査傾向を踏まえた提出資料がわからないというご相談を沢山いただきます。インターネット上に情報は氾濫しておりますが、古い情報であったり、無責任に一般論を語っているものが多いように思います。浅田次郎さんの『ラブレター』という映画だったと記憶しますが、入国管理局で夫婦そろっての面接シーンがありました。本当の結婚なのか対面式の審査を行うということでした。その影響なのか情報が古いのか未だに面接があると思い込んでいる方もいらっしゃいます。しかし、国際結婚が少なかった時代であればいざ知らず、審査する方の人員は限られます。人員、時間に制約のある中で、たとえ対面式の審査をしたとして嘘を見抜けるはずもありません。現状の国際結婚ビザは書面審査がなされており、この書面での審査が思いのほか大変なのです。
書面で真の夫婦であることを立証することは面接よりも大変です。書面での立証が大変だというのはどういうことか、分かりやすいように説明します。新婚さんが出演するテレビ番組がありますが、ラブラブのカップルがいるとします。だいたい二人がラブラブであることは客観的に見ると分かりますよね。視聴者にそれを伝えるのが番組の売りでしょう。これがラジオ番組だったらどうでしょうか。あるいは書面だったらどのくらい伝わるのでしょうか。態度も声色も無い状況で自分たちのラブラブ度を相手に伝えるなんてことは一生に一度あるか無いかのことでしょう。よほど審査官と対面した方が本当の愛を証明しやすいのではないでしょうか。ひょっとすると文章よりも会った方が印象がよいという人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、現実は書面オンリーでの審査をクリアしなければならないのです。
国籍や年齢が異なるように、交際歴やその内容も国際結婚をされるカップルの数だけ異なります。ACROSEEDは、膨大なデーターと経験に基づき、お客様にとってベストとなる申請方針をご提案しております。圧倒的な量の「お客様の声」が物語るように、実績に裏打ちされた信頼を大切に考えます。
国際結婚した場合のビザのことを「結婚ビザ」や「マリッジビザ」「配偶者ビザ」、中には「ニッパイ」なんて呼ぶ場合もありますが、正式には「日本人の配偶者等の在留資格」と言います。とても堅い響きの名前です。ACROSEEDは日本加除出版から『外国人のための国際結婚手続マニュアル』という本を出版しております。しかし、一生に一度の結婚ビザ申請のためにこのサイトをご覧になった方に詳細を説明し、ご理解いただく必要はないと考えております。要は結婚ビザが取れれば良いと割り切って、ここでは分かりやすい表現を交えてご説明いたします。
中には私の妻が不許可になる訳がないとの自信から自己流で申請を行い、致命的なミスをしてしまったため、再申請すら難しい状況に追い込まれたというケースも見受けられます。審査があるということは、自動的に許可されるのでは無いという事実をしっかりと認識する必要があります。申請が受理されるために必要な書類はインターネットでも案内がありますし、申請書類もダウンロードで入手できます。しかし、それを提出すれば自動的に許可されるほど簡単なものでもありません。審査が通らなければ「日本人の配偶者等」の在留資格は得られないのです。実際に「入国管理局に言われた通りの書面を出したのに不許可になった」と文句をおっしゃる方がいらっしゃいます。お気持ちはわかりますが、言われた通りの物を提出すれば、自動的に許可されるものではありません。「願書を受け付けて貰ったのに不合格だった」と言っているようなものです。さらに、再受験であれば不合格になったとしてもオールリセットで次回の受験ができますが、再申請での審査は前回の審査結果を踏まえての判断となりますので、前回のミスが尾を引く恐ろしさもあります。
受理してもらえる最低限の『準備資料』と許可を貰うための『立証資料』は異なりますので、「入国管理局に言われた通りの書面だけ出したのでは不許可になる」ともいえる訳です。では何をどのように出せばよいのか。ここに専門家の存在意義があると言えます。
日本人の配偶者等というビザは国際結婚カップルにとって最初の申請です。最初であり最後の申請にしたいから専門家に頼んだ方がよいと判断される方も多いと思います。ACROSEEDは申請件数が非常に多いため、アップデートされた最新情報が常に入ってきます。最新情報をもとに、お客様のケースにあった情報を提供し、許可率にこだわった申請を心がけております。受理されるために必要最低限の書類を提出するのではなく、許可されるために必要な書類を考えます。
ACROSEEDでは事前に許可される可能性について無料診断を行います。そのため、お引き受けした案件の許可率は非常に高くなっております。また、お引き受けした案件が、万が一不許可の場合にはACROSEEDスタッフが入国管理局の永住審査部門に同行し、(不許可時同行サービスは、2015年10月現在関東に限定したサービスです)不許可の原因を徹底的に分析し、無料で再申請を行いますので、フォローも大変充実しているとご評価いただいております。もちろん一回の申請で許可されることが望ましいのですが、思わぬ原因で不許可になってしまう怖さがビザ申請ではつきものです。この場合、致命的なミスによる不許可を避けることが再申請の可否を左右します。実験的に、一か八かというギャンブルのような申請はするべきではありません。致命的なミスが後々影響することもあるからです。
ACROSEEDの日本人の配偶者等のビザ申請は資格と実務経験のある専門家が担当します。俗にいう資格のない補助者や素人同然のスタッフに丸投げは致しません。外国人にとってのビザは命の次に大事なものと表現された方がいらっしゃいましたが、ドクター資格の無いインターンに料金が安いからと難しい手術を頼むに等しい行為です。ACROSEEDは最初で最後の一発申請を念頭にプロが徹底してサポートします。最初の申請でご信頼をいただき、永住まで末永いお付き合いをさせていただいているお客様も多数いらっしゃいます。
またACROSEEDは他社との違い、他社との比較でお客様を惑わすようなことは致しません。担当者の人柄や料金の安さというPRポイントではなく、あくまでも実績や結果でお客様のご期待に応えたいと考えます。ACROSEEDの無料相談は本当に無料ですので(笑)、
配偶者ビザの可能性が低いと判断すれば、平然とお断りすることもございます。取り敢えず実験的に申請してみようと勧誘することもありません。インターンに経験を積ませるために手術を希望する患者はいないということを熟知しております。どうぞお客様の目でしっかりと比較検討していただければと思います。
ACROSEEDの日本人の配偶者等のビザ申請サポートの料金は明示しております。大変大事なビザ申請で専門家、業者選びに慎重になるのはもっともなことです。ACROSEEDは約30年、お客様からご愛顧頂いております。いわば老舗ですが、それにもかかわらず業界の平均よりも料金が高いなどという事はありません。むしろ長きに渡りお客様にご愛顧いただいているからこそ、安定した料金での高水準サービスの提供が可能なのです。不意な追加料金等も一切ございませんので、安心してご利用いただけます。
 まずは無料相談をご利用ください。


kikyosolicitor at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

永住許可申請をご検討中の皆様

ビザの更新の日を勘違いしていた。
「何かあったらどうしよう」と更新審査中は日々不安だった。
たまたま就労ビザの更新のタイミングで会社が潰れてしまい、更新できなくて日本にいられなくなった友達がいた。
3年ビザを更新をしたら1年になってしまった。
永住が無いと住宅ローンが組めなくて困っている。
 
 永住ビザがあったらどんなに楽でしょう。更新の日が近づいてきた。入国管理局からは更新が近づいてきていることを知らせる通知なんて送られて来ない。だから更新を忘れたら大変だ。私のビザは3年だから確か今年更新のはずだ。何度も在留カードを見直す。今年の〇月〇日までで間違いない。今日は朝から更新のためにわざわざ入国管理局に行き、長い列に並んでやっと窓口にたどり着いた。窓口で色々とチェックをされて、ようやく受付をしてもらったけれど資料が足りないと言われてしまった。いつ終わるかわからない審査が始まる。許可されるのだろうか…。大丈夫だろう。許可されたとしても再び長い列に並び、新しい在留カードができるのを待たなければならない…。面倒くさい。

永住は外国人にとって最後の申請です。永住許可がされれば在留期間はなくなるのですから、更新よりも審査が厳しいのは当たり前です。これまで更新手続きは自分でやっていたという方も、永住だけは専門家に頼んだ方がよいと判断される方も多いと思います。
自己流で申請を行い、致命的なミスをしてしまったため、再申請すら難しいというケースも見受けられます。また、情報に乏しく、最近の審査傾向を踏まえた提出資料がわからないというご相談も沢山いただきます。インターネット上に情報は氾濫しておりますが、古い情報であったり、無責任に一般論を語っているものが多いように思います。
審査があるということは、自動的に許可されるのでは無いという事実をしっかりと認識する必要があります。申請が受理されるために必要な書類はインターネットでも案内がありますし、申請書類もダウンロードで入手できます。しかし、それを提出すれば自動的に許可されるほど簡単なものでもありません。審査が通らなければ「永住者」の在留資格は得られないのです。
ACROSEEDは申請件数が非常に多いため、アップデートされた最新情報が常に入ってきます。最新情報をもとに、お客様のケースにあった情報を提供し、許可率にこだわった申請を心がけております。受理されるために必要最低限の書類を提出するのではなく、許可されるために必要な書類を考えます。ACROSEEDは企業の顧問先が多い為、就労ビザのご依頼から永住申請のご依頼にいただくことも多々ありますが、所属する企業の規模や仕事の内容は様々です。また、国際結婚のサポートをさせていただいたお客様からリピーターとして永住申請のご依頼をいただくことも多くあります。リピーターのお客様の中には4年前に不法滞在をしており、ACROSEEDの在留特別許可出頭申告サポートをご利用いただいた方もいらっしゃいます。もちろん一発で永住許可され、大変喜んでいらっしゃったのはつい最近のお話しです。国籍や年齢が異なるように、在留歴などもお客様の数だけ異なりますが、膨大なデーターと経験に基づき、お客様にとってベストとなる申請方針をご提案しております。一般的には「ちょっと難しいかな」という案件も案外許可されたりします。圧倒的な量の「お客様の声」が物語るように、実績に裏打ちされた信頼を大切に考えます。
ACROSEEDでは事前に永住許可の可能性について無料診断を行います。そのため、お引き受けした案件の許可率は非常に高くなっております。また、お引き受けした案件が、万が一不許可の場合にはACROSEEDスタッフが入国管理局の永住審査部門に同行し、(不許可時同行サービスは、2015年10月現在関東に限定したサービスです)不許可の原因を徹底的に分析し、無料で再申請を行いますので、フォローも大変充実しているとご評価いただいております。もちろん一回の申請で許可されることが望ましいのですが、思わぬ原因で不許可になってしまう怖さがビザ申請ではつきものです。この場合、致命的なミスによる不許可を避けることが再申請の可否を左右します。実験的に、一か八かというギャンブルのような申請はするべきではありません。致命的なミスが後々影響することもあるからです。
ACROSEEDの永住申請は資格と実務経験のある専門家が担当します。俗にいう資格のない補助者や素人同然のスタッフに丸投げは致しません。永住を希望する申請で、ところどころ日本語のおかしい永住理由書をプロに頼んで提出するのは笑い話です。外国人にとってのビザは命の次に大事なものと表現された方がいらっしゃいましたが、ドクター資格の無いインターンに料金が安いからと難しい手術を頼むに等しい行為です。ACROSEEDは有終の美を飾るに相応しい永住ビザ申請のサポートをプロが徹底して行います。
またACROSEEDは他社との違い、他社との比較でお客様を惑わすようなことは致しません。担当者の人柄や料金の安さというPRポイントではなく、あくまでも実績や結果でお客様のご期待に応えたいと考えます。ACROSEEDの無料相談は本当に無料ですので(笑)、
永住許可の可能性が低いと判断すれば、平然とお断りすることもございます。取り敢えず実験的に申請してみようと勧誘することもありません。インターンに経験を積ませるために手術を希望する患者はいないということを熟知しております。どうぞお客様の目でしっかりと比較検討していただければと思います。
ACROSEEDの永住申請サポートの料金は明示しております。最後の申請で専門家、業者選びに慎重になるのはもっともなことです。ACROSEEDは約30年、お客様からご愛顧頂いております。いわば老舗ですが、それにもかかわらず業界の平均よりも料金が高いなどという事はありません。むしろ長きに渡りお客様にご愛顧いただいているからこそ、安定した料金での高水準サービスの提供が可能なのです。不意な追加料金等も一切ございませんので、安心してご利用いただけます。
 永住申請にご不安がある方は、ご相談は無料ですので是非ご相談ください。


kikyosolicitor at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 27, 2015

専門士 VISA取得

ファッション業界に内定をもらいましたが、専門学校はビザの申請が難しいと聞いていました。
そこで、信頼のある事務所を探すことにしました。個人的な依頼でしたが、ACROSEEDさんは無料相
談でも丁寧に相談にのってくれました。おかげで就労ビザが許可されました。有難うございます。


image


kikyosolicitor at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 03, 2015

経済産業省 九州産業局主催 九州創業促進フォーラム

http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1502/150203_1.html

経済産業省 九州産業局主催 九州創業促進フォーラムにてパネリストをつとめます。

kikyosolicitor at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 27, 2015

20th Seminar for setting-up company / start business in Japan

We are pleased to inform our 20th Seminar for setting-up company / start business in Japan.
This time we also provide information how to rent the office, and tax procedures for your future company.
The seats are limited, please contact us for the reservation at your earliest convenient time.
20th Seminar for setting-up company / start business in Japan
http://www.kigyojapan.com/kigyojuku.html

kikyosolicitor at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2015

シンガポールのお客様 投資経営ビザ

2015-01-14-19-30-53


kikyosolicitor at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 06, 2015

日本でも対応している事務所が数少ない外国人の指紋認証

他人名義で不法滞在歴があり指紋データが残る外国人が、その後に結婚などの事情により本名で再入国していることがあります。このような外国人はいったん海外に出てしまうと残っている他人名義での指紋データが引っ掛かり、本名での再々入国は困難となります。
不法滞在で強制送還になった後、名前を変えて再入国した方の結果が出ました。

【お客様の声】
  いろいろ お世話になりました。昨日 午後 宮川さんに お電話をしました、でも でませんでした。
昨日 入管のはがきが 届いました、永住者の配偶者ビザは 一年を 更新しました。
あとで 永住者ビザを申請するときは まだ よろしく お願いします!!!
今回のことは ほんとに ありがとう ございました!

指紋認証サービスとは
http://www.visajapan.jp/shimon.html

ビザ サポート行政書士 の ブログ 

kikyosolicitor at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 05, 2015

国際結婚ビザサポート 2015 初仕事

一発で許可されたとのことで、
妻と電話して涙が出るほど喜びあいました。
これで夜はちゃんと寝られます。本当に有難うございました。

【担当者からのコメント】

国際結婚が増える中、入国管理局の審査も厳しくなる傾向にあります。
当たり前のことですが、きちんとした申請を心がけることが益々重要になります。
image
ACROSEEDでは無料相談の段階でじっくりとお話しを伺い、しっかりと状況分析を行います。
また海外にいらっしゃる外国人配偶者の方にもご連絡をさせていただき、より詳細な情報を申請書類
に反映させることを心がけております。

本当の結婚であることは当然のこととして、それを立証しなければならない点に国際結婚ビザの難しさはあります。30年近くの蓄積されたデータと最新の傾向分析に基づいて、お客様にあった立証方法のご提案もしております。

そのため、許可率が高くなるのはもちろん、国際結婚をされるお二人から安心してご依頼をいただく機会が増えております。

国際結婚のサポートはACROSEED



kikyosolicitor at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 28, 2014

お客様ご訪問

2014-11-28-15-50-13


kikyosolicitor at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

六本木 チムサーチョイ

お客様のお店で食事しております。
2014-11-28-12-05-40


kikyosolicitor at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 20, 2014

an reportの取材を受けました。

http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20141117.html求人情報サービス「an」、転職サービス「DODA」などを手掛ける総合人材サービス 株式会社インテリジェンス様の人事・採用担当者のための人材市場レポート
an reportの取材を受けました。

kikyosolicitor at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2014

ワールドビジネスサテライト様のインタビューを受けました。

kikyosolicitor at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 10, 2014

大手町の広い会場

image


kikyosolicitor at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外資系 グローバル企業

image


kikyosolicitor at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

VISA 相談員

image

外資系 転職

kikyosolicitor at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 01, 2014

お客様の声

2014-10-01-17-35-58

kikyosolicitor at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 04, 2014

外国人起業家のためのセミナー またおこないます。

kikyosolicitor at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

投資・経営ビザ

黄爽飛さま
徳豊商事株式会社の代表取締役黄爽飛と申します。

 弊社の主力業務は対中トレーディングの輸入出です。 現在、日本国内に流通している全種類粉ミルク、紙オムツ、赤ちゃん用品、興和ブランドの三次元マスク、化粧品、日常薬、及び雑貨店の生活用品を取り扱ってる。信頼度と安心感のある日本の製品を中国で販売することを考えております。業務を拡大するため、中国内陸と海外の拡販パートナーも募集中です。

 『徳』は精神的、道徳的に優れて、高度の社会責任感を持つ心で世界に広がって、高い生活を送って貰うことを弊社が目指しています。

 宮川さん、折茂さんへ
長い間にお疲れ様です!
貴社を頼んでよかったです。
ありがとうございます。
今後も貴社にお願いします。


kikyosolicitor at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 18, 2014

ロイター様の取材を受けました。

kikyosolicitor at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 07, 2014

お盆休み

タメ口を聞く部下をもつ友人からまた相談があった。そうです、「君」と言ったら「僕は君ではありません」とのたもうた彼。
今度はお盆休みにどうしても来客があるので出勤予定の彼に引き継ぎをお願いしたそうだ。

「僕がですか?」

「そう、お願いしたいんだ」

と言ってみて、彼は嫌になったそうだ。
明らかに嫌な態度でブツクサ...
超ネガティブ。

「もう頼まねーよ」と心の中でつぶやいて、そいつより後輩で既に部下を持つ女性に同じお願いをした。

「いいですよ。喜んで。
私たちチームで対応しますから」

わっ天使
タメ口部下の後輩だぜ!
この差!

この一言で友人もお客様も救われたの
です。

実はタメ口部下に断わられた時に友人はお盆休み返上の覚悟だったらしい。

天使部下が皆に慕われるのが理解できますね。こういう人を見習いたい。



kikyosolicitor at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 17, 2014

今日も名古屋

2014-07-17-17-31-16

今週も名古屋
競馬場前のガストで打ち合わせ、
入管を出たのは17:30で最後でした。



kikyosolicitor at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 11, 2014

SONY Reader

電子書籍を読もうと思って以前買ったのだけれど、どうしてもiPad優先であまり使っていませんでした。

新幹線の中で、
iPadで見られるようになっていた事が判明。

昔の本がての入った気分。

kikyosolicitor at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

名古屋は晴天

2014-07-11-14-34-39

台風は?

名古屋も暑いですね。
来週も出張です。

kikyosolicitor at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「君は...」
と上司に言われて切れた人の話の続きです。先ほどの議論の的からは外れるのは明らかですが、なぜ部下が過剰反応をしたのかについては興味があります。

君を辞書で調べると沢山の意味があり、どれも悪い意味は無い。

この場面で一番近いのは、

[代]二人称の人代名詞。
1 多く男が同等または目下の相手に対していう語。「―、一緒に行こう」

つまり、上司が部下に用いるのは適切と言えます。

では、部下の○○君が切れたのは何故か?

実は先にも書いた通り、上司にタメ口をきくという点が、彼の言動の原点と言えます。

辞書でには、
「男が同等または目下の相手」に用いるとあります。

僕は君ではありませんとの主張は、
僕は同等でも目下でもないと上司に言っていることにほかなりません。

上司が幹部と話をしているのも気に入らないらしいので、心理的に上司の上にいるのではないでしょうか?



kikyosolicitor at 07:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 10, 2014

僕は君ではありません。

友人が部下と仕事のやり方で議論をしていた時のこと

友人「君が...」
と言った瞬間、
部下「僕は(君)ではありません!」

友人もそのツッコミに一瞬たまげたそうですが、咄嗟に「○○君が」と言い直したそうです。

「そこが争点ではないからね」と笑っていましたが、【そいつ】は上司にタメ口きいたりと色々と常識の無い人物のようです。

論ずるべきテクストの[誤字]を指摘するのに精一杯で、何が書かれていたのかがわからないのと同じ。論ずることは不可能。

きっとこの「会話」は、「きみ」と言われた記憶しか残らないでしょう。
(「お前」ならまだしも 「きみ」といわれて過剰反応するのは国語力の問題では?)

議論にもならず、無駄な時間です。
物事の本質を見極めるのは大事なことだと感じました。

私だったら、人間ができていないので、
「きみは大丈夫か?きみは!」
とその後に言ってしまったと思いますが....

ハッキリ言って次元の低さに呆れて、
あいた口がふさがらないのが本音です。





kikyosolicitor at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 24, 2014

The Japan Times様の取材を受けました。

kikyosolicitor at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ナイジェリア お客様の声

配偶者ビザ取得の際にお世話になりました。

 最後にご連絡をいただいてから、既に2か月以上経ってしまいました。 先日、やっと無事に来日することができましので、お礼をと思い、メールを送らせていただきます。

 約一年前、何も分からない状態で一度目の申請を自力で行い、案の定不許可となり、一人で入国管理局へ面談に行ったことを覚えています。また、面談には行ったものの、今後どうすれば良いのか全く分からず、正に『絶望』という表現通りの心情であったことを思い出します。

 そんな時、インターネットでACROCEEDさんを見つけ、相談したことがきっかけで、今、主人と一緒に幸せに暮らすことができています。

 途中、申請は依頼したものの、確かに、依頼された資料等を集めることは大変でした。 しかしながら、結果的に、一度の申請で交付に成功したのは、豊富な知識や経験を お持ちの専門家集団『ACROCEED』さんにお願いしたからだと思っております。

 本当に感謝の気持ちでいっぱいですし、主人も大変喜んでおります。

 今後、またビザの更新等の際には、是非お願いしたいと考えています。 今後ともよろしくお願い致します。



【担当者のコメント】

 ご自分で申請されたところ不交付となり、先が見えない状況でご相談いただくケースもございます。ご本人は精一杯の準備をされているので、この結果が絶望的にお感じになるようです。

 事前に審査が厳しいというのはインターネットの情報でご存じなのですが、具体的に何が厳しいのか見当がつかないようにお見受けします。地図を持たない旅人のように迷う方が多いのです。あるいは情報過多になり、色々なルートを知り過ぎてしまい、遠回りしてしまいます。

 配偶者が日本で暮らせるかどうかは人生を左右することですので不真面目に準備をする方はいらっしゃいませんが、真面目すぎるほど先の見えない方向に進んでしまいがちです。かえって不交付の結果を招くことにもなりかねません。私どもはこれまでの多数の実績から、何が足りないのかを客観的に分析をさせていただき、方向性を探り、今後の方針をご提案させていただいております。ACROSEEDは、最短のルートを示す羅針盤のような存在を目指しております。


kikyosolicitor at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 20, 2014

ストレス発散

ストレス発散のため、クラシックをエレキギターで練習しています。

パガニーニやモーツァルトをマーシャルアンプに繋いで練習しています。
画像1


kikyosolicitor at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 20, 2014

おめでとう

画像1

ビザサポート行政書士
行政書士法人アクロシードスタッフとお客様

kikyosolicitor at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2014

博多の入国管理局

画像1

博多の入国管理局でお客様と別れた後、
フライト前に外に出て見ました。
画像1

博多ラーメンは美味しいですね。
画像1

明太子

kikyosolicitor at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 31, 2013

年越しそば

本年は大変お世話になりました。
ありがとうございました。

年越しソバ
画像1
ここはいつも満席ですが、タイミングよく座れました。

画像1


それでは、
良いお年を!


kikyosolicitor at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 03, 2013

指紋認証とビザ

画像1

http://www.visajapan.jp/shimon.html
指紋
指紋認証のサポートをさせていただいたお客様からのFAXです。


kikyosolicitor at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

お客様とのアポで移動中

名古屋画像1
画像1
入国管理局

ビザのサポート行政書士ブログ

kikyosolicitor at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

入国管理局 名古屋

また名古屋です。画像1
ハンガリーのお客様が多いのはこの方のお陰かも^o^
マルトンさんもハンガリーのお客様です
画像1


kikyosolicitor at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 20, 2013

GLOPPINESS株式会社 おめでとうございます。

GLOPPINESS株式会社 社長ガラスウー様
投資・経営ビザ

ビザサポート行政書士がフルサポートさせていただきました。

http://fanblogs.jp/gloppiness/
ブログも面白いです。


ビザについてのコメントを見るとビザのサポートをする行政書士として身につまされる思いです。
http://fanblogs.jp/gloppiness/archive/6/0

kikyosolicitor at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 25, 2013

Global career Fair

画像1


kikyosolicitor at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

秋葉原

画像1


kikyosolicitor at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

グローバル人材キャリアフェア

画像1


kikyosolicitor at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 24, 2013

グローバル人材 ご案内 

グローバル人材キャリアフェア

ビザサポート行政書士がVISAの取り方をお教えします。

kikyosolicitor at 19:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 08, 2013

高度人材の緩和について

アクロシードでは高度人材のビザサポートを多数お手伝いしてまいりました。
特定活動ビザなのに、申請方法が特定活動ではない。ポイントに該当する書類を添付するなど、
最初は戸惑いましたが、投資経営ビザの方の高度人材などにも対応し、成果を出しております。
高度人材の方からの依頼でご家族やメイドさんの申請も多く手掛けております。

さて、このポイント制度が緩和されるとのこと、
優秀な人材であれば日本以外の国から収入があることはあると思いますが、
日本の所属機関以外からの年収も考慮してもらえるようです。
日本語能力やMBAなどの専門の学位によるポイントも評価されます。
より利用しやすい制度になるのではないかと思います。
優秀な人材が魅力を感じるビザ制度は歓迎です。




kikyosolicitor at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

お客様の声 両親の中長期ビザ

 拝啓 長い残暑もようやく落ち着き、吹き抜ける風の心地よさに、ほっと一息つけるようになりました。先生におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、先日、先生の厚いご支援・ご指導賜り、両親の中長期ビザへの許可がスムーズかつ迅速に下りることが出来ましたことに対し、改めて心より厚く御礼申し上げます。

 ご存知のことかと思いますが、私は一人子で、中国で両親の加護のもとに大事に育てられ、大学卒業後両親から物心両面の支援を受け、故郷を離れ日本へ留学に来ました。来日して約15年が経て、無事に定職にも恵まれ、日本に骨を埋める覚悟で日本国籍を取得し、昨年翻訳通訳の専門会社も立ち上げました。順風満帆に思われますが、中国に残っていた両親の寂しさと孤独さを思うと、後ろ髪を引かれるように胸が痛みます。しかし、仕事の多忙さで頻繁に里帰りが出来ません。アジア文化圏における伝統的な親孝行文化に鑑みると、私は親不孝ではないかと常に自責の念に駆られていました。そのため、年老いた両親を日本に呼び寄せ、晩年の世話をすることは私にとっての長年の願いでもありました。

 今回の両親の中長期滞在ビザの認定許可を得ることは、容易なものではないということは事前の調べで良く承知しておりました。特に両親健在という現状の中で入管が在留許可を与えてくれるのは、本当に至難の業、最も難関であることと考えられます。距離的にも、時間的にも自分が東京入管へ出頭し、ビザ申請を行うのが大変なため、いくつかの行政書士事務所に問い合わせましたが、すべて断られる中、行政書士法人ACROSEEDだけがご丁寧に対応してくださり、宮川先生から直ちに詳細な回答を頂きました。暗闇の中に一筋の光が眩しく降り注いだように感激し、迷わずACROSEEDに全面的に信頼を置き、両親の中長期ビザへの申請を宮川先生に依頼することを決心致しました。今年6月から9月にかけては、酷暑の中宮川先生が煩雑かつ膨大な書類の準備を手取り足取り教えてくださり、計画から申請理由書の吟味までご面倒を厭わずご指導くださりました。何よりも先生のご支援のお言葉は、揺れていた自分に強い自信を与え、大きな後押しになりました。

 お蔭様で、申請提出後、無事に最難関を突破し、1ヶ月足らずで順調に両親の中長期ビザが下りました。宮川先生からお知らせの電話を頂いたときに、あまりの嬉しさに、すべての関わりの方々に対し、感謝の念で胸が一杯になりました。宮川先生を始め、ACROSEEDの皆様の方々の豊富な経験、誠実で責任のあるプロフェショナルとしての仕事と結果に対し、心から敬意を抱いております。先生のご支援頂き、非常に有意義かつ充実した3ヶ月間を過ごさせていただきましたことに対し感謝するとともに、来年の期間延長申請の際にもご指導・お付き合いいただきたく、重ねてお願い申し上げます。

 今後も宮川先生にはくれぐれもお体ご自愛くださいませ。最後になりましたが、行政書士法人ACROSEEDの益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。


kikyosolicitor at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 15, 2013

永住3連発

画像1

永住ビザが連続で出ています。
お客様の声もどしどしいただいてます。

kikyosolicitor at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

会社法の条文

会社法の条文をジックリ読み込んでます。
クライアントとの打ち合わせは勿論、弁護士や司法書士との打ち合わせでも会社法の知識は重要です。
画像1


kikyosolicitor at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 21, 2013

騒音

夜は静かのはずが最悪。
上の階の住人が毎日深夜に帰宅してくるため、
扉や襖の音で夜たたき起こされる。
1時、2時は寝とるわな!

12時過ぎに洗濯機を回したりするので常識のない奴なんだろうな。
Kさん。

不動産屋時代には間に入ってこの手のクレームを解決してきたが、
当事者となるとことんやりたくなります。

法的に。





kikyosolicitor at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)