2007年02月15日

鶯や柳のうしろ薮のまへ

“うぐいすややなぎのうしろやぶのまえ”49歳の句(または元禄年間)

ディズニーランドの出し物で、「魅惑のティキルーム」ってのがありましたね。
並ばなくてもスグ入れるので、時間調整に使えるやつ。
サラウンドで鳥のおしゃべりがぐるぐるまわります。
ここかと思えば又あちら。
やなぎのうしろかやぶのまえ。
本当に鳥の声って神出鬼没なものです。
日本昔話に出てくる庄屋さん家のうぐいすもとっても神がかって、幻の象徴みたいな存在でしたよね。なかなか姿を現さないのに鳴き声が印象的だからでしょう。
近頃は情報にすべて画像がついてくる時代ですから、こんな、うぐいすみたいなアーティスト活動って出来ない時代です。これってどうでしょう。
菓子は煉切製。雀より若干キュートなシルエットです。鶯や柳のうしろ薮の前

kikyou0123 at 23:27│Comments(0)TrackBack(0) 春(spring) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔