7-14「男装の麗人」感想

  • 2009年02月18日

 予想どおりというかなんというか、微妙…でした。

 帝都歌劇団、もちろんモデルはあの劇団ですわな。私は以前も書いたことがありますが、ファン、でございますよ。で、その目線から見て、あれはねーよ…とまでは言い切れないところが、ちょっと「ヅカファンです!」ってそうそう公言できない隠れファンの自覚っていうか、あー何が言いたいんだか。えっと、相当こっぱずかしかったです。なんでこんな題材取り入れようと思ったんだろうか。脚本家がファンなのか。確かに「同期の絆が強い」とかはそうなんですけどね。まー、シーズンに1回ある「たまきさんお出かけの回、決してデードではない」の回としては、たまきさん好きそうでありだなー。

 例の劇団を題材に取り上げるってのもビミョーならば、肝心の事件もちょっとビミョーでした。定番の語るに落ちるとはいえ、ああどうどうと「サーキュレーター」言われると報道された情報かと。視聴者もだまされるのが狙い?「薔薇」だけでいいと思うけどな…。
 うーん。最初、3人に容疑者が絞られたってとこで、「おおっ!今回はイロモノ回と思わせておいて、実はフーダニットの本格モノか!?」とちょっと期待するものの、すぐに紫雨さん一択になっちゃって、あとはしゃべりすぎる真犯人がでてきて…。真犯人が元男役ってのは意外だったかな。でもたかだが男に変装して殺しに行くのに「一世一代の男役大芝居」みたいなって、そんなん誰でもできますがな。

 関係ないですが、あのセリに落ちるエピソードって確か寿美花代さんですよね。あ、もちろん単純な事故で、しかも奇跡的に無傷だったんですよねー。
 あのー、ホンモノはいいですよ、見ず嫌いの人は見てもいいのではないかと。ダメな人はダメだろうけどねえ。ま、そんな感じでドラマ自体は「薫ちゃん」云々以前だなー。

 

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

奥山さんがどうしても「トップ」に見えず…

殺されたわけじゃないですが、奈落に役者が落ちたのを見て

「オペラ座の怪人」を思い出したのは私だけでしょうか?

まあ、「〜怪人」ではシャンデリアが落ちてきたんですがね。

なんか、ホント最近だめですね。見たことあるような話ばっかり。

脚本家の人にはもう少し、がんばって欲しいです。

1. Posted by イブ 2009年02月19日 20:33 1

イヴさbん、コメントありがとうございます。
確かに奥山さんじゃねえ…。どうせなら元トップにやってもらえばって思いますよね。
カナメさん(涼風さん)出演の実績もあるのですしねえ。

2. Posted by ヒロ 2009年02月20日 11:22

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲