花散里日月抄

いい歳(良い歳(笑))の日々雑感。ライヴとジャズピアノとハンドメイド布小物を作るのが大好き☆(それからホラー映画も)

ネットの向こう側

Facebookでつながってる知人女性の元に、友達でもつながってもいない
見知らぬ人からこんなコメントが来たんだって。

******************************************************
大好きだよと愛していますだよ美人女性の(その人の名前) 美人お姉ちゃんこんばんははじめましてこちらは〇〇市出身の優しい○○○○○お兄ちゃんの今年の誕生日くると年齢は36才に迎えるだよ優しい○○○○○お兄ちゃんの誕生日と生年月日は1980年昭和55年○月○日生まれ男性👨だよと申し上げます今年もよろしくお願いいたします。これからも大好きだよと愛していますだよ美人女性の(その人の名前)美人お姉ちゃんと優しい○○○○○○お兄ちゃんと男女関係になって行ってラブラブ💓💏💓カップルにして行って行こうねよろしくお願いいたします。さらに優しい○○○○○○お兄ちゃんのきれいなしている最高のくちびる💋かこナイスキス💏チュー💏を大好きだよと愛していますだよ美人女性の(その人の名前)美人お姉ちゃんのくちびる💋かこナイスキス💏チュー💏をすごく好きだから差し上げます。よろしくお願いいたします。優しい○○○○○お兄ちゃんが大好きだよと愛していますだよ美人女性の美人お姉ちゃんのことをがとてもドキドキして行って愛にこめて大好きだよと愛していますだよ美人女性の
(その人の名前)美人お姉ちゃんのきれいなしている顔とくちびる💋がセクシーな美人お姉ちゃんだよとおっぱいかこ胸元と背中とお尻かこおけつパンティーかこパンツがセクシーな美人女性だよと優しい○○○○○お兄ちゃんがとても美しいからゆうていますだよ。これからも大好きだよと愛していますだよ美人女性のお姉ちゃんをすごく優しいから友達なって付き合って💓😍💓して行って差し上げますからね楽しく二人きりでラブラブ💓💏💓にして行ってなろうねおもしろくなるからです。よろしくお願いいたします。優しい○○○○○お兄ちゃんから愛にこめていい投稿写真ラブラブ💓💏💓コメントメッセージを大好きだよと愛していますだよ美人女性のお姉ちゃんにくちびる💋かこナイスキス💏チュー💏を送ってあげますからねよろしくお願いいたします。❤チュー💏チュー
***********************************************************

それで、 悩んでるの、彼女。。。。

「ブロックするなり無視すればいいんだろうけど、
自分がもし誰かからブロックされたら凹むし、だから基本 人を
ブロックするなんてしたくないし、「そういう投稿やめてください」
っ言えばいいんでしょうけど、なんだか怖いし病むわ〜」

えっ、病んでる必要もなにも・・・
こんなのどうみてもこうみてもアホやん。
そもそも「詐欺」にもならない便所の落書き(笑)
文章から見て、日本語不自由な人がなんかのソフト使って
書いたやつをテキトーに送ってる感じ?

「ブロックしたら相手が凹むから」

相手なんていないっつーの。

このコメント書いたやつよりも、こんなコメントで病みそうに
なってる彼女のほうがわたしは心配。

こんな落書きの向こうにも「人」が存在すると信じている彼女の
「純真」さに。悪く言えば「無知」に、わたしは一抹の不安を
抱くわけです。

彼女のお友達が「そんなの怪しいから即ブロック」
ってアドバイスたくさん寄せてるのに
「でも〜相手が傷つくから〜」って悩んでる、そのメンタルって
どうなんだ?!

もしかして「美人」連発してることに反応してるか?(笑)
「大好きだよ、愛してる」って言葉にひっかかってるか?(笑)

こんなコメント来たーーーって笑いとばすのが普通の反応だと
思っていた。

こんなにまともに悩む人、初めてみた(;^_^

ネットが普及し始めた頃、ネットは魑魅魍魎の世界だから
自分の身は自分で守る。個人情報は流さない。
ましてや自分の顔写真など載せるものではない
と、口がすっぱくなるほど言われてた。

Facebookが蔓延すると、電話番号から住所
自分の氏素性、顔 全部垂れ流しが当たり前になった。
仕事で使う人が増えてるから、個人情報出して当たり前。
むしろ、顔出ししない人は信用できないって言われるくらい。
(わたしは出してないけど)

情報垂れ流しにしてる割に危機管理が薄い。

昔はネットの向こう側には人間がいるから、文字で
傷つけることのないように」なんて言葉があったけど
今はネットの向こうに必ずしも人間がいるとは限らない。

いるかどうかわからない相手が、便所の落書き投げつけてきても
「ブロックしたら相手が凹む」なんてノーテンキなこと
言ってる時点で、終わってますよ。

メンタル弱すぎますよ。

池袋でオフ会

5日の土曜はニフティ時代の友人たちと池袋で飲み会(笑)
DSC_0202


インターネットが普及する以前、個々のパソコンとホスト局の
サーバーを経由して通信回線使ってデータ通信を行う
「パソコン通信」が一世を風靡していた。
いろんなサーバーがある中で、わたしたちは「ニフティ・サーブ」の
「ホームパーティ」(後にパティオと名称が変わる)で出会った。

当時は20人以上いた仲間も、次々といなくなった。
パソコン通信が終了して、つながる場はFacebookやラインに
変わった。遠くてなかなか会えない人もいるけど、
残ったのが、10人ちょっと?

それでも、20年も続くとは誰も思ってなかった。
20代〜40代だったメンバーが、50代〜60代になり、
今年はとうとう亡くなってしまった人も出た。
こうなってくると同級生みたいなものだと思う。
一面識もなかったけれど、亡くなったその友が(あえて友と呼ぼう)
「ネットは玉石混合だ」と言っていた。
使い方しだいで悪にも善にもなる、と。
だとすれば、わたしたちはこの通信手段によって「善」であるところの、
かけがえのない友人を得たのだと思う。

どっぷりまったりしたつきあいじゃないけれど
数年に一度集まれば、まるで先週会った続きみたいに打ち解けて酒を酌み交わせる。

しかも当時使っていたハンドルネームで呼び合って(笑)
ちなみにわたしは「クララベル」(通称クララ)(;^_^A
あの頃2才だった息子が「機関車トーマス」にはまっていて
トーマスがひいている客車がクララベルだったのだ。

そんな息子ももう22なんだから、時の経つのは早いものだ。
こんな遠くて近い関係が、これからもずっと続けばいいな。

70、80になっても(笑)

ペンション木いちごさんへ

ペンション木いちごさんに行ってまいりました☆
今年の春に木いちごマルシェに参加させていただいたご縁で
カフェスペースに作品を置いていただけるようになり、
その直後、一身上でいろいろありまして(;^_^A
つい置きっぱなしになってました。

すみませーーん。。。

久しぶりの蔵王ペンション村はすっかり秋。
紅葉の真っ盛りで、ため息が出るほど綺麗♪

外国では、紅葉の美しさが理解できないという。
「ただ葉っぱが枯れただけだろう」

紅葉を愛でる風情を持ち合わせた日本に生まれたことを
幸せだと感じるのが「秋」

そして久しぶりのペンション木いちごさん
なんだか実家に帰ったような気持ちになるのはな〜ぜ〜?

美味しいランチと、スイーツをいただいて、
まったりした午後を過ごしました。
DSC_0187

DSC_0188


今季のカフェは10月いっぱいで終了。

また来季、カフェオープンの際は
またまたよろしくお願いします!

ミツバチガーデンカフェさんのパンケーキ

今日は「38garden cafe」(ミツバチガーデンカフェ)さんに
パンケーキ食べに行ってきました♪
with あやめ堂さん&ききさん

みはらしてしごとマルシェで「38ガーデンカフェ」さんのパンケーキを
食べて、はまってしまったのでした。

フッカフカのパンケーキに、甘くてほのかにしょっぱいハチミツバター

舌も心もほっこりします。
DSC_0192

DSC_0191

DSC_0190


ああ〜♪美味しい 美味しい おいしーーい(^_^)

パンケーキを堪能し、場所をうつしてファミレスで
延々とおしゃべりも堪能させてもらいました(笑)

つきあってくれたあやめ堂さんとききさん
ありがとう!

ドラフト会議

昨日旦那は義妹のところに行ってたんだけど
泊まったホテルがたまたまドラフト会議の開催場所の
隣だったらしい。
だからどうってことじゃないんだけど。

ドラフト会議って前からこんな大々的にテレビ中継してたっけ?
あんまり興味がなかったせいか、
そこんとこよくわかりません(笑)

いずれにしても、実力人気共に持った選手は
複数球団からの希望が集中するわけで、
わたしの頭の中にはドラフト見るたび
「あの子が欲しい♪あの子じゃーわからん♪
この子が欲しい♪この子じゃーわからん
まーるくなって考えよ」
って「はないちもんめ」がぐるぐる回るんだが(;^_^

ここを華々しく通過して念願のプロ野球選手になった青年たち、
おめでとう!
でもドラフトは出発地点、ここから先が正念場。
どちらかっていうと、ここからが厳しいんだよねー

「おめでとう!」って高く高く持ち上げられれば持ち上げられるほど
落っこちた時のダメージってでかい。
学生時代に天才でも、プロで活躍できるかなんて誰にもわからない。

プロになればさまざまな誘惑がしのびよってくるのも常だし
マスコミなんて持ち上げて落っことすのが常套手段。
壁にかくれて石を投げる不特定多数の無責任ファンだって
いるでしょう。
そんな魑魅魍魎うごめくプロの世界に足を踏み入れたんだと自覚し
ふんどし(すみません)をひきしめてがんばってほしい。
(上から目線)
華やかなスポットライトの陰で
今回どこからも声がかからなかった選手もいるんでしょ?
わたしはいつもそういう選手の気持ちを思ってせつなくなる。

そういう選手こそ、踏ん張れ!って応援したくなる。

あの子をとらずに失敗した!って思わせてやれー

ドラフトでは指名されなかったけど、大化けしたと
言わせてやれー



謎のギャラリー

友人に、某ギャラリーで開催されている絵の展示会?を
見に行こうと誘われて、ちょっと興味もあったので同行することにした。

そのギャラリーは住宅街にあり、住宅を改造した感じのこじんまりとした造り。
最近開店したばかりだそうで、オーナーの女性が
自分の夢をかなえた結果なのだという。
友人はその女性と名刺交換会で知り合って、ぜひ見に来て欲しいと
誘われたんだそうな。

ギャラリーにはきついお香の匂いがたちこめていて、某国の細密画が壁に飾られている。
オーナーの女性はまだ来てないってことだったんでその間、絵を見る。
確かにうまい。すごく精密。

これが画家の11才くらいの時の絵だそうで、ほぉーと感心するも、あんまり好きな画風じゃないな〜
そこへ作者登場。

もちろん、日本人のかたではない。でも滞在歴が長いらしく日本語ペラペラ。
友人は絵を描く人なので、バックから自分の作品を数点出して作者に見せ始めた。
すると彼は「あなたはこれからどうしていきたいのか」と聞いた。
自分の絵を見てもらうだけでいいのか。
絵を教えたいのか。
絵を売りたいのか。

彼女はちょっと口ごもった。

「絵を見てもらいたいし、あわよくば買ってもらえたらうれしいです。」

すると画家は、
自分は母国ではかなり著名な画家だったが
日本に来てからはなかなか受け入れてもらえず、いろんな業種に
手を出したが成功せず、絵で食べていくにはどうしたらいいか考えた
というような話を延々と話し始めた。

いまは絵を描きながら、ギャラリーと画家との間に入って
コーディネーターのようなことをして収入を得ていて、
彼の話に寄れば一回の展示会で何千万も売り上げているそうだ。
要は 自分と組んで仕事をすれば必ず絵は1枚数十万 数百万で売れる
というようなことを言ってるのかなぁ・・・と思った。

スタッフが全員女性で、耳の不自由な女性スタッフは
元々はこの画家のお客さんで、ファンが高じてスタッフになったんだと言う。
30才くらいの女性も絵の説明をしてくれたんだが
元々は画家のファンで、仕事を辞めてスタッフになったという。

画家が席をはずしたすきを見て
「どうしてここには作者が少年の頃の作品しかないのか」と
聞いてみた。
すると、別室にあります との答え。
「それを見せてください」と言うと、なんだかんだ理由をつけて
なかなか見せてくれない。

ひととおり話が終わった時点で、では別室の展示場にどうぞとうながされる。
そのあたりでオーナーの女性もギャラリーに到着。

別室には最初の部屋にあった絵とはまったく違った雰囲気の
曼荼羅絵っぽい作品が何枚も掲げてあって、その金額は何百万円!

おそらく絵そのものの値段というより、なにかスピリチュアルなものを
含めての値段なんだろうな と思ったら案の定
オーナーが作者の絵を買ってこんな素晴らしいことが起きた
って話を真顔でし始めるわけ(;^_^A

わたしの会社の同僚も、これを買った3ヶ月後に結婚しましただの、
売れなかったマンションが売れました だの

そーかぁ・・・こういう販売会だったわけね(笑)
わたしを誘った友人も この手の展示会だとはまったく知らずに
絵も、オーナーが「若手を育てるのがとっても好きなかただから
気軽に作品持ってきて、見てもらったらー?」って言うので
持ってきただけなんだって。
それが「プロの意識に欠ける。見てくださいとも言わずに
わたしの展示会で自分の絵を広げるのは失礼だ」
的なことをいきなり言われて、正直面食らった。
それじゃー「気軽にもってこい」なんて言うなよ!

で、もちろんそんな高額な絵は買ってこなかった(笑)
「あなたはどの絵が好きですか?」なんて作者に聞かれたけど
適当に「あれかなー」とか言って 受け流した。

絵を買ったから運気があがったんじゃなくて、
そもそもそうなるべくしてなったことの、絵は後付けでしょ。

確かに元々は天才的な画家だったんだと思う。
でも日本に来て、受け入れられずつらい思いをしていくうちに
こういう販売方法で作品を売っていく作家に変化していったんだろう。

絵を購入する人は、絵に魅了されて購入するのではない。
絵に付随するスピリチュアルな部分に価値を置いて買うのだろう。
それは画家として、アーティストとして幸せなことなのか?

アーティストとしての評価より、金を稼ぐことを選んだ人なんだな。。。

これは一種の宗教か とも感じる。
オーナーもスタッフも、心底から画家を信じている。

画家は、自分が生まれながらにして持って生まれたパワーがあって
それは誰にもあるようなものではなく、
名前を聞いただけでその人の性格も、気持ちもすべてわかる
的なこと言ってたけど、ちょっと洞察力に長けてる人なら
そんなのわかりますって(;^_^

あやしいあやしい(笑)
これは一刻も早く退散しなきゃな。
とはいえ、30分くらいで出るつもりが、2時間半も話聞いてしまったぞ。

でも、面白い経験をした。
スピリチュアル絵画ってこうして売るのね〜

「ハドソン川の奇跡」

320


今週土日のイベント出店に向けて、作品補充に励まなければ
ならないのに のに のに
つい見に行っちゃった、「ハドソン川の奇跡」

2009年にアメリカで実際に起きた航空機事故
両エンジンの破損で操縦不能になった航空機がハドソン川に不時着
機長の冷静な判断と操縦、周囲の船舶の敏速な救助により
乗員乗客155人全員が生還した「ハドソン川の奇跡」は
記憶にも新しい。
事故後機長はアメリカの英雄とたたえられる反面
国家運輸安全委員会から その機長判断は本当に正しかったのか
危険なハドソン川着水より、着陸した空港に戻るか
最寄りの滑走路に着陸できたのではないか。
すべて機長の判断ミスではなかったのか、激しく追及される。

「英雄」と「容疑者」のはざまで、事故のトラウマを
抱えながら苦悩する機長の姿からこの映画は始まる。

従来のパニック物とはまったく違う。
事故から脱出してめでたしめでたしの映画ではない。

機長と副操縦士がどんなに、あの事故はあういう回避の方法しか
なかったのだと主張しても、
コンピューターのシュミレーションでは空港に戻れるという
結果が出たという委員会。

「そんな〜みんな助かったんだからいいじゃんよー」

見てる側はそう思ったりする(;^_^

それ以上書くとネタバレになっちゃうので以下自粛

とはいっても、実話なんでネタもへったくれもないわけなんだが。

副操縦士のジェフが言う。

「飛行機事故はコンピューターゲームじゃないんだ」

クライマックスの事故検証シーンでは、
結果がわかっていながら、「うーーーーーーーーーん」と
うなってしまった。

クリント・イーストウッド監督 うまい!!

不時着シーンを、最初は管制塔側から、次に客室内から
そして最後に操縦室側が描くことで
緊迫感をさらに増長させるとこなんか感心しちゃう。

でも見終わったあと、なんだか素直にほっとした。
面白い映画というよりも、良い映画を見た感じ。

原題は「Sully」  機長の名前

事故の顛末ではなく、機長Sullyの苦悩を中心に描く。

奇跡は神が起こすのではなく人間たちが行っているのだ。

昔のおさつ

こんなの 出ました〜〜〜
DSC_0193


年がばれるけど
わたしが子供の頃は100円も500円もお札でした(;^_^
DSC_0195



でも、さすがに1円札は知りません。

五十銭はなにものだ?(笑)
DSC_0194


いまでは実在したかどうかも疑問視されている聖徳太子。

でも、あの頃のお札のほうがなんとなく「お金」って
感じがして重みがあるような気がしません?

「ミニチュア工房 和」

さて、「ミニチュア工房 和」のお宅に。
DSC_0147


お蔵を改造した「和」さんの工房は
レトロな雑貨、グッズ、そして「和」さんの作った
ミニチュア作品が所せましと飾ってあって、
いつまで見ていても飽きない☆
DSC_0146

ああ〜こういうの大好き!!
こういう場所に住みたい!!

二階は古い箪笥や食器、お膳などが並ぶ。
DSC_0144

DSC_0145


そうそう、昔は祝儀不祝儀 自宅でやったから、
どこのうちにも大人数分の器やお膳が
準備されていたのよね。
そーいえばこの前切畑の叔母のところに行ったら
「うちにもむかーーし使った赤いお椀のお膳がやまほどあるんだけど
あれもそろそろ捨てなきゃなぁ」
などと言っていた。
確かに、いまでは使わないものではあるんだけど、
捨てられちゃうのはもったいないかなぁ・・・

あやめ堂さんのパステルトートバックの
ワークショップを体験させてもらい、
美味しいケーキもいただき
楽しい楽しい時間を過ごさせてもらいました。

「和」さんの蔵工房は、カルチャーショックでした。

断捨離の時代に、あえて捨てない道を選ぶ。
捨てずにどうレイアウトして楽しむ、楽しませるか。
目からうろこでした。
ミニチュアの数々もその雰囲気に見事にマッチして
ステキでした〜♪

「和」さん、さくらぎ工房さん、あやめ堂さん
誘っていただいて本当にありがとうございました。
有意義な時間を過ごせました。
またおじゃましまーす!!

「すみどや」さんですだまりかき氷

今日は、ミニチュア工房和さんの工房におじゃましました。

元々はチョークアートのさくらぎ工房さんと
パステルアートのあやめ堂さんに誘っていただいて
なにをするんだかもよくわからずに(笑)
着いていった感じなんだけれど。

元々「和」さんの作るミニチュア作品に心ひかれて
いたので、喜んでお仲間に加えてもらったわけです。

で、うかがう前にあやめ堂さんに
山辺名物「すだまりかき氷」を食べに連れてってもらう。

かき氷に酢醤油をかけて食べると聞いたのは
独身の頃(100年前 大嘘)
なななんでかき氷に酢醤油??
去年ケンミンショーで イチゴ氷に酢醤油かけて
食べる山辺町民が取り上げられていて、
初めて「イチゴ氷に酢醤油」文化を目撃したので
ありました。


そこで現山辺町民のあやめ堂さんが、美味しいお店に
連れていってくれるとのこと。
ほいほいとついて行ったのであります。

道端の小さなお店「すみどや」さん。
DSC_0140

レトロちっくな器に入ったイチゴ氷は、
生イチゴのペーストがトッピング。

DSC_0143

そこに、杉の葉っぱで栓をしたすだまり(酢醤油)の瓶。
傾けるとすだまりが流れてくるのを杉の葉が適度に邪魔をして
どばーーっとかかるのを防ぐ効果がある。
イチゴにすだまり 一見合わなさそうな組み合わせだけど
一度ぜひ食べてみることをおすすめする。

イチゴの甘さに、酢醤油の和の酸っぱさが相まって
なんともさわやかな甘ずっぱさが醸し出される。

(゚д゚)ウマー

いやん♪これよ、これだわ、あたしの求めていた味は。

洗面器いっぱいかき氷食べたくなる気持ちをおさえ、
たこ焼きも食する(笑)
DSC_0142

その前に朝食にサンドイッチを食べてしまっていたのに、
ついついたこ焼きも注文してしまう。
これがわたしには懐かしの「串刺したこ焼き」なの。
小学生の頃、初めて食べたたこ焼きが、串に三個
ささったやつだった記憶を持っているそこのあなた。
はい、40代後半〜50代ですね♪

以降、たこ焼きは一個ずつ独立した形でパックに
入って売るようになって久しい。
串刺し三個のたこ焼きは、涙がちょちょぎれるほど
懐かしい。
しかも外側はぱりっと、ソースが甘すぎず辛すぎず
紅ショウガが混ぜ込まれ、ちよっと大人のたこ焼き
といった感じ。

店の前に設置されたあずまや(?)で、
扇風機の風に吹かれながら、すだまりかき氷と
串刺し三個たこ焼きを食す。
これ、夏の醍醐味ですな。

「ミニチュア工房 和」さん編につづく

「カライヒ」

22日月曜日は、迫りくる嵐の中
山形まるごと館 紅の蔵「Cafe & Dining 990 (ククレ)」主催の
辛いものをとことん食べるイベント「カライヒ」に行った。
たまたま旦那が来てたので、連行する(笑)

誘ってもらったあやめ堂さんとそのお友達と、お店で
合流。

シェフが腕によりをかけた激辛料理、辛くない料理が
ずらりと並んで、2ドリンク付きのバイキング。
14068289_1138681742873806_9164009663415191694_n

MCは元山形住みます芸人、吉本の三浦友香さん。
14088669_1138656559542991_6968790256320175804_n


辛いスペアリブ、ラタトゥイユ、麻婆豆腐
チリコンカン、カルパッチョ
14102697_1138656456209668_4832563979181104568_n (1)

14046038_1138656526209661_8772196450744803769_n (1)

14045782_1138656442876336_3667075164360755774_n


最初は「この辛さなら楽勝♪」だったんだけど
激辛ピザに至っては、我が人生MAXの辛さで。。。
耳の両脇から刺激がドゥワーーっと上がってくる。
ベロがずきずきするほどの辛さです。
ひとかけらが全部食べきれません(;^_^A
ひりひりするベロを、飲み放題のカルピスの甘さで
冷やす。カルピスがぶ飲み(笑)
そして氷で冷やすこと30分、やっとチクチク感が癒えて

登場してきたホットローストチキン。

これがまたうまい!

お腹いっぱいなのについ食べちゃうくらい
辛うま!
お腹すいてたら一羽全部食っちゃうかも(笑)

ロシアンルーレット方式の赤唐辛子食いコンテストなどの
ミニアトラクションもありーので、
楽しい宵を過ごしている間に、嵐は過ぎ去っていたようだった。

辛いけど美味しかった☆

個人情報だだ漏れ

今回の父の葬儀にあたって、最初は新聞に広告載せるの
やめようと思っていた。
死亡広告を見て、一面識も無い議員が
自己ピーアール臭ぷんぷんの弔電を送ってくるのが
反吐がでるほど嫌だったからだ。
「ご尊父の逝去を悼み」って、あんたうちの父親を
知ってんの?
どうせ秘書か事務員が朝刊見て、選挙区に住んでる住民の
死亡広告みつくろって弔電送るんでしょ?

そういう「哀悼の意」の衣を着せた売名行為は虫唾が走る。

あんなのは議会が廃止したらいいと思う。

わたしの葬式の時は、その手の弔電いっさい読まないので
よろしくね(笑)
あ、今回はお名前だけ読みましたが。あくまでも父の葬儀なので。

でも、ここでは割愛するけど従妹の的確なアドバイスもあり
広告を載せることにした。
結果、載せて良かった点がたくさんあったなと思う。
新聞見て、わざわざ葬儀に参列してくださった人たちが
たくさんいらしたので。

ただ、葬儀後 仏壇やさん、墓石やさん、
法事会場 不用品買取業者、相続の司法書士
いろんなところからDM、電話 来る来る(;^_^

広告には住所氏名書いてあるから
個人情報だだ漏れだもんね。

それでも、うちに仏壇もお墓もまだ無いと
どうしてわかるんだろう・・・・

知らない男性がやってきて、「このたびはご愁傷さまです
ぜひお参りさせてください」と言うので
てっきり父の知り合いかと思ったけれど
いちおう「すみませんがどちらさまでしたか?」と聞くと
仏壇やさん(笑)

最初からそう名乗ってよ〜
弔問客を装って仏壇売ろうってかい( ´_ゝ`)

あっちからもこっちからも
墓買って〜仏壇買って〜
不要になった洋服売って〜 貴金属売って〜

あ゛ーーーーっ!うるさいうるさい!

あのね、お仏壇 もう購入しました。

お墓ももうだいたい決めてます。

売れるような不用品 ありません。

なんかね、もしかしたら売ったり買ったりすることが
昔よりずっと難儀な時代になったのかもしれないよね。
(って、いまさら感が満載なんだけど。)

どこにいても物が買える時代になって、売る場所も増えて
それは買う側にはいいことのように思えるけど
売る側は必死で「うちで買ってください」アピールを
しなきゃならなくなった。

人の悲しみに入り込むのは、議員も業者も
そうたいして変わらない。

そうやって必死で生き残っていこうとするのは
しかたないことなのかな、とも思う。
でも、この手の自己ピーアール攻撃には辟易する。

サイン

1471081679599


娘が突然 誰かのサイン画像送ってきたので
「これ、誰のサイン?」と聞くと

「卓球の水谷選手」

そりゃ銅メダルの水谷かい?

ギター侍と似てると評判の?(笑)

娘の旦那くんは青森の高校時代卓球部で、
県の大会で、当時青森山田に在籍していた水谷選手と
遭遇した時にサインしてもらったんだって(;^_^A

「まさかメダリストになるとは思ってなかった」

とのこと。

大会で、他の高校の生徒からサインねだられるほど
当時からその活躍はめざましかったのねぇ・・・・

とはいえ、同じ高校生同士でよくサインなんてもらうなぁ(笑)

わたしなら絶対にもらわない(;^_^

おそらく漠然とだけど、中高生の頃はサインをねだる側ではなくて
ねだられる側になりたいと思っていたからだと思う。

とか言うとアイドルになりたかったのかとか
女優志望だったのかとか思われるかもしれないが
そういうことではない。

じゃーなんだったんだと問われると
わたしにもわかりません(爆)

そもそもが、なにかちょーだいっていうより
ちょーだいって言われたい体質だったのかもしれない。

だからといって、お金ちょーだいって言われても
無いのであげられませんが・・・

サインならいつでもあげます(笑)

いらないか・・・(;^_^


パステルアート

前々から受講したいと思っていた
「パステル和、アート準インストラクター養成講座
今日からやっと通い始めることができました。

講師は「あやめ堂」さん。

絵心のまったく無いわたしでも、あやめ堂さんの優しいご指導で
なんだか描けそうな気がしてくるから不思議。

最初は「円」を描くことから始めます。

思いつくまま 気の向くまま
白い用紙にパステルを指でこすりつけていきます。
構図もなにも、まったく考えずに 紙にただ色を
乗せていく感じ。

宇宙のよーな

深海のよーな

抽象的で不思議な絵ができた(笑)

次は見本の絵をみながら描いていきます。
でもできあがると 見本とはちょっと違った風景が
浮かび上がってくる。

描いていると、なんだか絵の中に吸い込まれる気がしてくるのが
なんだか心地よい。
それはきっと、描く人それぞれの心の中が
無意識のうちに絵の中に投げ出されていくからなのかもしれない。

色と色が微妙に重なって、
水の波紋のように広がっていく。
その、どの部分を切り取っても同じ色がないように
人の心もどれひとつとっても同じものはない。

パステルアートと人って、どこかとっても似ている。

なーんてな(笑)

とにかくとっても楽しい時間を過ごすことができました。

日頃の疲れもすっかり忘れて、
パステルの淡い彩りの中にしばし身を沈めたのでありました。

あやめ堂さん、いや、師匠!!

よろしくお願いいたします。

こっちがわたし

DSC_0131


こちらがあやめ師匠の絵です。

DSC_0132


同じテーマ 同じ見本で描いても
こんなに違います。
そもそもわたしはもろ初心者(;^_^A
真ん中の円が歪んでいますね〜

不用品の処分

夏休みの旦那が来たので、葬儀代金支払いに行ったり
仏壇見に行ったり、四十九日の打ち合わせしたり。

せ〜んろはつづく〜よ〜どーこーまでもーー(ヤケクソ)

今回一番おおがかりなのは、
不用品の処分。

「捨てるな大魔王」の父が居なくなったので
「悪いけど不要なものは捨てます!」宣言したわたし。
「全部お前にまかせる」という母の承諾を得たので
葬儀後、大汗かいて不用品の整理をしていた。

いやーーあるあるあるある、壊れた電化製品
ボロな布団がたくさん、巨大なマットレス、塗装のはがれた洗濯物干し
もう絶対使わないスキー板、腐った風呂のふた
やたら重くてさびついてるスノーダンプ。等々
その他、じーさんが町の電気やさんにだまされて(笑)
購入した怪しい電気療法機器の数々。
(あたしが怒るので不在の時にこっそり買うのよね(;^_^)

ぜーーーんぶまとめて捨ててやるぅぅ!!

旦那の車に詰め込んで「クリーンピア共立」を2回往復した。
全部捨てても2700円

へぇ〜そんなもんでいいんだ〜?

ちょっと味をしめてます(笑)
あれも、これも 捨てちまおう。。。。

もちろん、普段の「もえるごみ」「もえないごみ」にも
何回にも分けて捨てた。

わたしの親の年代っつーのはほんとに物を捨てられない。
彼らには「捨てる」という概念が無いのだ。

せめて壊れたら(破れたら)捨てようよーと思う。

「捨てたらバチが当たる」

えーー?いつ?誰が当てるの?バチ

そうやってひたすら貯めに貯めた不用品が
それでなくても狭い家の中にひしめいている。

いっきにというわけにはなかなかいかないけれど
コツコツと捨てていこうと決める。

ケサランパサラン 捕まえた!

仙台市の男性が「ケサランパサラン」を捕まえたってニュースを
見たのが昨日の朝。

その後、山形市の「HAKOMISE」さんに納品に行ったついでに
「紅の蔵」によりましたら、そこでなななんと
「ケサランパサラン」発見!!
ふわふわと空中を飛んでいたのを
捕まえることに成功しました!!!
DSC_0124

DSC_0125


子どもの頃から謎の生物「ケサランパサラン」の
言い伝えは聞いてはいたんだが、捕まえたのはもちろん初めて。

桐の箱に入れておしろいを餌に増えるなどとも言われておりますが
桐箱はなかったので、たまたま家にあった木箱に入れてます。

捕まえると幸福になるというケサランパサラン

さてさてどうなることやら。

ウルフ 逝く

現役のころ、最初あんまり好きじゃなかった。

インタビューの受け答えが不遜にも思えて
なんとなくやな感じ と勝手に思ってた。

千代の富士を好きになったのは、彼が貴花田に負けた取り組みを見た
その瞬間だった。

自らが、初代貴乃花を倒し引退に追い込んだ
その息子に負け 引退を決意する。
なにものにも負けなかった「ウルフ」ですら
年齢の壁には勝てないという残酷な事実を
目の当たりにした時、
わたしは彼のことが好きになった。

「体力の限界っ」と腹の底から絞り出すように言った後
千代の富士は絶句した。

その強さで各界を突っ走ってきた彼が
体力の限界を認めなければならなかった。
それは若き貴花田に負けたことよりも
ショックでつらかっただろうな。

相撲取りは昼と夜しか食事をしない と聞いたことがある。
朝は食事をとらず、いきなりぶつかり稽古。
とにかく体重を増やすために食う 食う 食う。
飲む 飲む 飲む
だから力士にはすい臓がんが多いと。

61才は若すぎるじゃないか・・・・

「つらがまえ」という言葉がぴったりの精悍な顔立ち。
インタビュアーが「ありがとうございます」と言ったのに対して
皮肉まじりに「どういたまして」と答えた茶目っ気たっぷりのまなざし

いまでもはっきり思い出せる。

「シン・ゴジラ」 見た

夕食後、息子と「シン・ゴジラ」を見に行く。

こ、これは 怪獣映画というよりも
東京に想定外の災害がおきたら、政府はどう動き、対処するか
っていう、いわゆるひとつのシュミレーション映像のようではないかっ(笑)

とにかく延々と対策会議につぐ対策会議

なんちゃら大臣 なんちゃら長官 なんちゃら教授たちが
場所をとっかえひっかえ、未確認巨大生物が
なんなのかわからない だからどうしていいのかわからない
っていうことについて会議する。

「事件は現場でおきてるんだ」

って言葉が頭をよぎる。

3・11の時もこんな感じだったのかな・・・・?(ボソ。。)

ゴジラはね、今回着ぐるみじゃなくフルCGで制作したそうで
その動きを演じたのが狂言師の野村萬斎氏だった!
そのせいか、街を破壊しながらゆっくりと進むゴジラが
なんとも神々しく、冒しがたい雰囲気をかもしだしている。

いまから見てみようかなーと思っている人
見たほうがいいっすよ〜

ゴジラじゃなくても、万が一災害に襲われたら
ニッポンがどう動くのかが想像できる。
そういう意味ではとてもリアルな作品だと思う。

ゴジラは自衛隊の砲撃もミサイルもまったく歯が立たない。
強い!強すぎる!やはりゴジラは神なのか!

でも、ゴジラを倒すために使われる最終的な武器のひとつとして
使われるのは、みなさんとてもおなじみの「アレ」だよ。
東京にお住いのかたならおなじみの「アレ」
その雄姿は、涙が出そうになるほどかっこよかった(笑)

ただね、キャストのセリフが超絶早口なんで
聞き取れなくて難義した。
特に女性陣。
これって時間内に終わらせるためには、すっ飛ばす必要が
あったからなの?
それにしたって、ストーリー把握に支障をきたすほどの
早口にしなくても。。。。
途中でスクリーンに向かってポップコーン投げつけたくなった。



「真田丸」に呂宋助左衛門


「真田丸」に呂宋助左衛門

呂宋助左衛門を主役にした「黄金の日々」は、わたしが2番目にはまった
大河ドラマなので、今回「真田丸」に同じ役者で再び登場って聞いて
うれしいのなんのって。
それまでの大河ドラマ史上初めて 庶民である商人を主役にしたことで
話題になった「黄金の日々」

一介の水夫だった助左、鉄砲の名手善住坊、石川五右衛門の3人の若者が
船の難破で「ルソン」に漂着
ルソンの島の人々との交流。
その後帰国した3人にはそれぞれ過酷な運命が待ち受けているんだが
おそらくみな、ルソンでの日々が自分たちの「黄金の日々」だったんだと
思い返したに違いない。

オープニングテーマでは、(たぶん)ルソン島からの夕日が
勇壮なテーマ曲に合わせて、海に沈んでいく様子を映し出している。

人間の「黄金の日々」をどの時期にすえるかは人それぞれだろうけれど
それも必ずなにか広くて大きなものの中に
ゆっくりと沈んでいくものなのだと思う。

その落日のまぎわに
脳裏によぎる光景が、その人の輝いた黄金の日々なんだろう。


失礼な電話

昨日、携帯に電話帳登録してない番号からの電話。

出てみると「あ、□□さん?あたし、わかる?」

聞いたことあるような、女性の声

「え?えっと・・・」

「しばらくぶりだからもしかしたら番号登録してないかもって
思って。わかる?」

「〇〇ちゃん?」

「ちがうちがう」

「△△ちゃん?」

「ちがうなぁ」

って、悪いけどいまそんな問答やってる心境じちゃないんだけど。。。

結局 数年前友人に頼まれて
スマフォケースを作ったことのある、友人の同僚の女性だった。
そのあと、お孫さんの幼稚園リュックを作ってくれと
頼まれて、わたしはそういうオーダーは受けてませんって
何度断っても、「ただ切って縫うだけでしょー?そんなに
難しくないでしょー」って結構しつこかったけど
丁寧にお断りした。
(そんなに難しくないならご自分でお作りになったほうが
いいのでは・・・・?)

お友達じゃないんだから、いきなり「あたし、わかる?」
って言われても、数年前にたった一回話した人のことなんて
覚えてないっす。
電話登録もしてません。

そもそも、友人知人でもない相手に、そんな電話のかけかたって
あるんですかね。

要件は、わたしに頼みごとだったんだけれど
できないのでお断りした。

できても、断っていたと思う。
月別アーカイブ
Profile
松田 櫂
開き直って高等遊民
そんなあたしの日々是好日(もしくは口実)
【花散里】本館もどうぞよろしく)♪

アクセスカウンター

  • ライブドアブログ