Killer Market

今の姿ではない、今よりさらによくなるかを見よ

2024年5月24日 大引け

日経平均株価  38646.11  -457.11(-1.17%)
東証グロース市場250指数  608.14  -7.34(-1.19%)

今日はNY株安を嫌気して軟調に推移。日米の金利上昇がハイテク株を中心に売りを誘いました。週明け強いと週後半にかけてなぜか売られる。それだけ今の日本株が弱いということなのだろう。海外投資家が売ってるというより本腰を入れて買ってないんだよね。

◆セガサミーHD(6460)  2207.5円  12円安(-0.54%)
4営業日続落。いきなり2200円を割り込んで始まり、たいして押し目を拾う動きも見られなかった。どこかでスッキリ上げて投資家心理が上向かないと、2100円台半ばまでズルズル下げそうな雰囲気になってきた。
◆東京エレクトロン(8035)  3万5790円  1040円安(-2.82%)
残念ながら半導体関連株の上げは一時的なもので終わってしまったもよう・・・。ここまでは予想通りの展開だが、ここから先はどうなるのか読めない。意外と底堅い動きを見せたりするのだろうか。
◆NTT(9432)  152.6円  0.2円安(-0.13%)
2営業日続落&一時年初来安値を更新。下げ幅はそれほどでもなかったが、地合いが悪くなるとやはり売りが出てくる。値ごろ感で拾いたくなっても日足陽線が連発するようになるまで様子見がいいんじゃないかな。
◆ダスキン(4665)  3549円  168円高(+4.97%)
発行済み株式数の3.23%に当たる自社株買いを好感した買いが入って上場来高値を更新。地合いが悪い中、終始プラス圏で推移していました。ガンガン上値を追う雰囲気はなかったが底堅い展開が期待できそうだ。
◆王将フードサービス(9936)  8900円  600円高(+7.23%)
1対3の株式分割と株主優待制度の拡充を材料視した買いが入って年初来高値を更新。外食関連株は下手に増配するよりも株主優待に力を入れたほうが喜ばれる。増配したところで雀の涙程度ですからね。

2024年5月23日 明日の注目銘柄

ダスキン(4665) 自社株買い

エレコム(6750) 自社株買い

ケイアイスター不動産(3465) 自社株買い

王将フードサービス(9936) 株式分割&株主優待制度の拡充

加賀電子(8154) 株式分割

グローバルセキュリティエキスパート(4417) 増配

シグマ光機(7713) 下方修正

グッドコムアセット(3475) 下方修正

2024年5月23日 大引け

日経平均株価  39103.22  +486.12(+1.26%)
東証グロース市場250指数  615.48  -9.18(-1.47%)

今日は米エヌビディアの決算を受けて高く始まったのですが全面高とはならなかった。エヌビディアが好決算を発表しても半導体関連株の一角が買われるだけで大きな流れは変わってない。やはり日本株が復調するのは8月以降になるのかなぁ。まだまだ厳しい展開が続きそうだ。

◆セガサミーHD(6460)  2219.5円  4円安(-0.18%)
3営業日続落。下値を切り下げる動きが続いていて、買い上がる動きが皆無だから、良くて横這いの展開がしばらく続くと思う。近々2200円を割り込むんじゃないかなぁ。
◆東京エレクトロン(8035)  3万6830円  650円高(+1.80%)
エヌビディアの決算を受けて半導体関連株が物色されたものの、銘柄によって結構ばらつきがあって値嵩株ほど足取りが重かった。この感じでは当初予想していた通り一時的な上げで終わりそうな気がする。積極的に買い上がる雰囲気がないんだよね。
◆野村不動産HD(3231)  3925円  64円安(-1.60%)
3営業日続落。長期金利の上昇を警戒して不動産株の下げが続いている。つい先日まで金利が上昇しても関係なしに強かったのにね。これが本来の動きなんだろうがわからんもんやな。
◆住石ホールディングス(1514)  1549円  220円安(-12.44%)
麻生が保有比率50.01%まで高まったことを受けて需給妙味後退。そう遠くないうちに再び物色されると思うが目先は調整でしょ。急騰前の株価水準まで下げてもおかしくない。
◆出前館(2484)  251円  5円高(+2.03%)
特別利益を計上して赤字幅を縮小。売上高が減ってるのに本当に来期黒字化できるのか?仮にコストカットして黒字化を達成できたとしてもその先が見えない。

2024年5月22日 明日の注目銘柄

良品計画(7453) 株主優待制度の拡充

アドソル日進(3837) 自社株買い

ダイセキ環境ソリューション (1712) 自社株買い

桜井製作所(7255) 自社株買い

前澤工業(6489) 上方修正

出前館(2484) 上方修正

三井E&S(7003) 増配

大塚ホールディングス(4578) 下方修正

2024年5月22日 大引け

日経平均株価  38617.10  -329.83(-0.85%)
東証グロース市場250指数  624.66  -8.75(-1.38%)

今日は米エヌビディアの決算を控え様子見ムード。東証プライムの売買代金は4兆円を下回る薄商いでした。明朝、決算を受けてエヌビディアが時間外取引でどのような動きをするのかで全てが決まる。仮に好決算を発表してもトレンドは変わらないと予想しているがいかに!?まだ下目線継続中です。

◆セガサミーHD(6460)  2223.5円  36.5円安(-1.62%)
2営業日続落。下値を切り下げる嫌な展開が続いている。もう一押しあってもおかしくない雰囲気が漂ってきたので要注意。自社株買いが入らなければ下げが加速してもおかしくない。
◆東京エレクトロン(8035)  3万6180円  450円安(-1.23%)
エヌビディアの決算を警戒して軟調に推移。今日は半導体関連株が指数を押し下げてました。こればかりは蓋を開けてみないとわからないからなぁ。最近の弱い地合いを考えるとリスク回避の動きになって当然だ。
◆ニデック(6594)  7626円  334円高(+4.58%)
大和証券が投資判断「1」を継続、目標株価を8000円→1万円に引き上げ。レーティングと日経の記事を材料視した買いが入って年初来高値を更新。決算発表後に一旦下げて切り返して以降、ずっと強含んだ動きが続いている。エヌビディアの決算を控えてるのにこんなに上げちゃって大丈夫?最近、中国関連銘柄は強いけど嫌気されたらさすがに結構下げまっせ。
◆三菱UFJFG(8306)  1553.5円  1.5円高(+0.10%)
日銀の早期利上げ観測がくすぶり銀行株は底堅く推移していたものの、地合いには勝てなかった。長期金利が上昇すれば銀行株には追い風となるはずだが、今の地合いを見ていると指数とともに下げるような気がしてならない。
◆ヘッドウォータース(4011)  1万3550円  570円高(+4.39%)
シーメンスとエヌビディアの先端技術を活用し、産業用エッジ生成AIソリューションを開発したと発表して大幅高。エヌビディアの決算を控えてなかったらもう少し上で引けてたと思う。エヌビディアの決算次第では再度物色される可能性あり。

2024年5月21日 明日の注目銘柄

ゼビオホールディングス(8281) 自社株買い

タムロン(7740) 自己株式の消却

三櫻工業(6584) 増配
Twitter プロフィール
新着情報
ルール
コメントは大歓迎ですが下記に該当する書込みは発見次第削除いたします。
★誹謗中傷、差別的発言、個人情報、残酷な表現、公序良俗に反する行為等の書き込みは一切禁止します。
ブログ内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
広告
リンク集1
【仕手株】恐るべき注目銘柄株速報

株式投資 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]

株式投資 ブログランキング

※相互リンクを募集しております。お気軽にコメント欄から申し込みください。
カテゴリー
Archives
  • ライブドアブログ