日経平均株価 17484.78 -6.64(-0.04%)
ジャスダック指数 83.86 -0.49(-0.58%)
マザーズ指数 1027.84 -23.12(-2.20%)
ヘラクレス指数 1683.18 -15.17(-0.89%)

6日の東京株式市場は日経平均、TOPIXが共に小幅続落した。朝方は前日の米国株高を好感した買いが先行し小反発、日経平均は1万7500円台半ばまで上昇したが、週末要因に加え、欧米市場が3連休に入ることから、買い一巡後は見送りムードが強まり伸び悩んだ。その後動意薄のうち膠着感が広がり、前日終値近辺で小動きか続き、1万7400円台で取引を終えた。商いは薄く、出来高概算は17億7774万株、売買代金は2兆937億円と低水準だった。値下がり銘柄数1007に対して、値上がり銘柄数551。全33業種中18業種が下げた。
三菱重工、日立、トヨタ、ホンダ、三井不、住友不、NTTが下げ、JFE、イオン、7&I、ソフトバンクが安い。この半面、ソニー、京セラ、シャープ、東芝、三洋電が上昇し、関電工、荏原が買われた。個別で、ニチモウ、鈴丹が高い。(ラジオNIKKEI)

◆セガサミーHD(6460) 2660円 35円安(-1.30%)
そろそろ週末の引け後を気にしなくてはならない時期ですね。あるかどうかわからないけど早々に2度目の下方修正を発表してしまったほうがアク抜けするんじゃないかなぁ。
◆アセット・M(2337) 22万2000円 1000円高(+0.45%)
3営業日続伸。11営業日ぶりに出来高1万株超え!これは昨年の薄商い記録を軽く超えています!売り圧力はたいしたことないので出来高さえ戻れば・・・。
◆ダヴィンチ(4314) 12万4000円 1000円高(+0.81%)
鉄板の12万円を割り込む場面があったので一応直近の安値である11万5000円を意識しておいたほうがいいかな。