来週は下値探りの展開となりそうだ。日本株は年明け早々歴史的な下落を記録しており、そろそろ自律反発を期待した声も聞こえてきてるが、残念ながらそう簡単にはいかないだろう。3連休明けは月曜日の海外市場が大幅反発してくれないとぶん投げ祭りに発展してしまう可能性が高い。底入れはまだまだ先の話になりそうだ。

11日(月)
【国内】
成人の日
【海外】


12日(火)
【国内】
11月国際収支(8:50)
12月消費動向調査(14:00)
12月景気ウォッチャー調査
【海外】
英11月鉱工業生産(18:30)
米3年国債入札
オバマ米大統領が一般教書演説

13日(水)
【国内】
12月マネーストック(8:50)
10年物価連動国債入札
【海外】
仏12月消費者物価(16:45)
ユーロ圏12月鉱工業生産(19:00)
中国12月貿易収支
米12月財政収支(14日4:00)
ベージュブック
米10年国債入札

14日(木)
【国内】
11月機械受注(8:50)
12月国内企業物価指数(8:50)
【海外】
韓国中銀政策金利発表
豪12月失業率(9:30)
BOE金融政策委員会
EU財務相理事会(ブリュッセル)
米12月輸入物価指数(22:30)
米30年国債入札

15日(金)
【国内】

【海外】
米12月生産者物価・小売売上高(22:30)
米1月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米12月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(16日0:00)