日経平均株価  22298.08  -300.31(-1.33%)
ジャスダック指数  163.91  -0.46(-0.28%)
マザーズ指数  1003.98  -24.42(-2.37%)

今日は日米通商協議が当初予定になかった10日の交渉継続が決まったことで、交渉が難航している可能性があるとの警戒感から売られました。この局面ではリスクを回避する動きが出て当たり前だ。

◆セガサミーHD(6460)  1984円  26円高(+1.33%)
3営業日ぶりに反発。株価2000円が心理的上値になっているようだけど、この地合で下げなかったのはでかい。なんとか横這いで夏枯れ相場をやり過ごしたいものだ。
◆メルカリ(4385)  4225円  510円安(-10.77%)
営業赤字拡大に今期業績予想を非開示では誰も拾わない。はっきり言って海外展開が成功するとも思えないので、早めに見切りをつけるのも一つの手では?
◆ミクシィ(2121)  2609円  226円安(-7.97%)
会社計画に沿った数字にも見えるがやはり前年同期比45%ダウンのインパクトは大きかった。減配リスクを考えると配当を理由に持ち続けるのも危険だ。
◆コメ兵(2780)  2029円  268円高(+15.22%)
場中に発表されたQ1決算を好感した買いが入って急騰。進捗率はそれほどでもないが、前年同期比の増益率を見ると凄いから下期偏重なんだろうね。直近の高値2135円を奪回してからの年初来高値を意識した展開に期待だ。
◆日本マクドナルドHD(2702)  4970円  35円高(+0.71%)
市場コンセンサスを上回る決算を発表したものの上値は重たかった。同業他社に比べたらかなり健闘していたように思えたんですけどね。先日の月次を警戒する向きがまだあるのかもしれない。