来週は企業決算に左右される展開となりそうだ。米大統領選を控え様子見ムードのところに材料が投下されればいつも以上に値幅が出るはず。ただでさえ需給が不安定なのだからかなり神経質な動きになると思う。企業決算から回復の動きが確認されるのかどうか。

26日(月)
【国内】
9月貿易収支(8:50)
【海外】
中国共産党中央委員会第5回全体会議(5中全会)(〜10/29)
独10月Ifo景況感指数(18:00)
米9月新築住宅販売(23:00)

27日(火)
【国内】
2年国債入札
【海外】
米9月耐久財受注(21:30)
米8月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米10月消費者信頼感指数(23:00)

28日(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合(〜10/29)
【海外】


29日(木)
【国内】
黒田日銀総裁会見
日銀が経済・物価情勢の展望を公表
9月商業動態統計(8:50)
【海外】
ECB定例理事会(ラガルド総裁会見)
米7-9月期GDP速報値(21:30)

米9月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)

30日(金)
【国内】
9月失業率(8:30)
9月有効求人倍率(8:30)
9月鉱工業生産(8:50)
9月住宅着工統計(14:00)
【海外】
ユーロ圏9月失業率(19:00)
ユーロ圏7-9月期GDP(19:00)
米9月個人消費支出・個人所得(21:30)