来週は決算本格化で個別物色の展開となりそうだ。外部環境が回復傾向にあるので戻りを試す展開を期待できるが、主力株の決算が冴えないようだとトーンダウンしてしまう。仮に好感したとしてもそう簡単に全体へ波及するとは考えないほうがいいだろう。デルタ株への警戒感が上値を圧迫すると思います。

26日(月)
【国内】
6月全国百貨店売上高(14:30)
【海外】
独7月Ifo景況感指数(17:00)
米6月新築住宅販売(23:00)

27日(火)
【国内】

【海外】
FOMC(〜7/28)
米6月耐久財受注(21:30)

米5月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数
米7月消費者信頼感指数(23:00)

28日(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合の「主な意見」(7/15〜16開催分)
【海外】
パウエルFRB議長会見

29(木)
【国内】

【海外】
米4-6月期GDP速報値(21:30)
米6月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)

30日(金)
【国内】
6月失業率(8:30)
6月有効求人倍率(8:30)
6月鉱工業生産(8:50)
6月商業動態統計(8:50)
6月住宅着工統計(14:00)
【海外】
ユーロ圏4-6月期GDP(18:00)
米6月個人所得・個人消費支出(21:30)