来週は反転する機会を探る展開となりそうだ。オミクロン株への警戒感が投資家心理を冷やしているが、今のところ死亡報告はなく、パニックに陥ってるだけのように思う。そろそろ解析結果が出る頃なので冷静な買いが入るのではないだろうか。マーケットの関心は徐々に米国の金融政策の動向に移ると思う。

6日(月)
【国内】

【海外】


7日(火)
【国内】
10月毎月勤労統計(8:30)
10月家計調査(8:30)
10月景気動向指数(14:00)
【海外】
中国11月貿易収支
独12月ZEW景況感指数(19:00)
米10月貿易収支(22:30)
米10月消費者信用残高(12/8 5:00)

8日(水)
【国内】
7-9月期GDP確定値(8:50)
11月景気ウォッチャー調査(14:00)(14:00)
【海外】


9(木)
【国内】
10-12月期法人企業景気予測調査(8:50)
11月マネーストック(8:50)
11月都心オフィス空室率(11:00)
11月工作機械受注(15:00)
【海外】
中国11月消費者物価指数(10:30)
中国11月生産者物価指数(10:30)


10日(金)
【国内】
メジャーSQ
11月企業物価指数(8:50)
【海外】
米11月消費者物価指数(22:30)
米11月財政収支(12/11 4:00)