日経平均株価  38079.70  +117.90(+0.31%)
東証グロース市場250指数  659.87  +9.75(+1.50%)

今日はNY株安を受けて安く始まったものの、半導体関連株が下げ止まって切り返すと押し目を拾う動きになりました。TSMCの決算を無事に通過すれば安心感から引けにかけて買われると思ったのだが、思いのほか伸び悩んだ。この程度では投資家心理は改善しないということか。

◆セガサミーHD(6460)  1982.5円  17.5円高(+0.89%)
4営業日ぶりに反発。直近の下げがたいしたことなかったせいかリバウンドも限定的でした。全体相場が戻りを試す展開になったとしても、ここの上値は2000円付近だと思うから値幅取りには向かない。
◆レーザーテック(6920)  3万7510円  80円高(+0.21%)
ASMLショックから一夜明けて半導体関連株の動向に注目が集まりましたが、台湾のTMSCの決算を警戒して様子見ムード。寄り安後にプラス圏に浮上しても上値追いにはならなかった。TSMCの決算を通過しても微妙だったし、強いのか弱いのかよくわからない展開が続きそうだ。
◆日本航空(9201)  2836円  85円高(+3.09%)
前日発表された訪日外国人客数が単月で初の300万人超えと過去最高を更新したことを受けてインバウンド関連が物色されました。ただ、航空株は原油価格の上昇が気になるので、上値のめどは2900円付近になるのではないかと。
◆INPEX(1605)  2373円  55円安(-2.27%)
原油価格の下落を嫌気して軟調に推移。米エネルギー情報局が発表した米原油在庫が市場予想を超えて増加したことから需給悪化を警戒する売りで原油価格は下落。イランとイスラエルの対立のことを考えるとこのまま下落基調になるとは考えづらいので安いところは拾っておくといいかもしれない。
◆あさくま(7678)  2523円  301円高(+13.55%)
株主優待制度の拡充を材料視した買いが入って大幅高。これまでの年間4000円分の食事券に加え、抽選に漏れた場合でも3000円の食事券がもらえるというだけで一時S高付近まで買われるとは・・・。最近、この手の材料に対する反応が凄いから、株価対策をしたいのなら自社株買いなんかよりも優待を拡充させたほうが効果的かもね。