日経平均株価  38617.10  -329.83(-0.85%)
東証グロース市場250指数  624.66  -8.75(-1.38%)

今日は米エヌビディアの決算を控え様子見ムード。東証プライムの売買代金は4兆円を下回る薄商いでした。明朝、決算を受けてエヌビディアが時間外取引でどのような動きをするのかで全てが決まる。仮に好決算を発表してもトレンドは変わらないと予想しているがいかに!?まだ下目線継続中です。

◆セガサミーHD(6460)  2223.5円  36.5円安(-1.62%)
2営業日続落。下値を切り下げる嫌な展開が続いている。もう一押しあってもおかしくない雰囲気が漂ってきたので要注意。自社株買いが入らなければ下げが加速してもおかしくない。
◆東京エレクトロン(8035)  3万6180円  450円安(-1.23%)
エヌビディアの決算を警戒して軟調に推移。今日は半導体関連株が指数を押し下げてました。こればかりは蓋を開けてみないとわからないからなぁ。最近の弱い地合いを考えるとリスク回避の動きになって当然だ。
◆ニデック(6594)  7626円  334円高(+4.58%)
大和証券が投資判断「1」を継続、目標株価を8000円→1万円に引き上げ。レーティングと日経の記事を材料視した買いが入って年初来高値を更新。決算発表後に一旦下げて切り返して以降、ずっと強含んだ動きが続いている。エヌビディアの決算を控えてるのにこんなに上げちゃって大丈夫?最近、中国関連銘柄は強いけど嫌気されたらさすがに結構下げまっせ。
◆三菱UFJFG(8306)  1553.5円  1.5円高(+0.10%)
日銀の早期利上げ観測がくすぶり銀行株は底堅く推移していたものの、地合いには勝てなかった。長期金利が上昇すれば銀行株には追い風となるはずだが、今の地合いを見ていると指数とともに下げるような気がしてならない。
◆ヘッドウォータース(4011)  1万3550円  570円高(+4.39%)
シーメンスとエヌビディアの先端技術を活用し、産業用エッジ生成AIソリューションを開発したと発表して大幅高。エヌビディアの決算を控えてなかったらもう少し上で引けてたと思う。エヌビディアの決算次第では再度物色される可能性あり。