日経平均株価  39103.22  +486.12(+1.26%)
東証グロース市場250指数  615.48  -9.18(-1.47%)

今日は米エヌビディアの決算を受けて高く始まったのですが全面高とはならなかった。エヌビディアが好決算を発表しても半導体関連株の一角が買われるだけで大きな流れは変わってない。やはり日本株が復調するのは8月以降になるのかなぁ。まだまだ厳しい展開が続きそうだ。

◆セガサミーHD(6460)  2219.5円  4円安(-0.18%)
3営業日続落。下値を切り下げる動きが続いていて、買い上がる動きが皆無だから、良くて横這いの展開がしばらく続くと思う。近々2200円を割り込むんじゃないかなぁ。
◆東京エレクトロン(8035)  3万6830円  650円高(+1.80%)
エヌビディアの決算を受けて半導体関連株が物色されたものの、銘柄によって結構ばらつきがあって値嵩株ほど足取りが重かった。この感じでは当初予想していた通り一時的な上げで終わりそうな気がする。積極的に買い上がる雰囲気がないんだよね。
◆野村不動産HD(3231)  3925円  64円安(-1.60%)
3営業日続落。長期金利の上昇を警戒して不動産株の下げが続いている。つい先日まで金利が上昇しても関係なしに強かったのにね。これが本来の動きなんだろうがわからんもんやな。
◆住石ホールディングス(1514)  1549円  220円安(-12.44%)
麻生が保有比率50.01%まで高まったことを受けて需給妙味後退。そう遠くないうちに再び物色されると思うが目先は調整でしょ。急騰前の株価水準まで下げてもおかしくない。
◆出前館(2484)  251円  5円高(+2.03%)
特別利益を計上して赤字幅を縮小。売上高が減ってるのに本当に来期黒字化できるのか?仮にコストカットして黒字化を達成できたとしてもその先が見えない。