芸能・スポーツ・ファッションニュース遣らずの雨ブログ

芸能・スポーツ・ファッションニュースをお届けしています。うつくしいもの大好きブログです。雨宿りに最適なブログです。

2009年01月

2009年全豪オープン13年ぶり出場決定「ルーキーになりきってチャレンジします。」


全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2009)女子シングルス予選3回戦。日本のクルム伊達公子(Kimiko Date Krumm)は、オーストラリアのマリヤ・ミルコビッチ(Marija Mirkovic)と対戦。クルム伊達はセットカウント2-0(7-5、6-1)のストレートで勝利し、本戦出場を決めた。(c)AFP

★クルム伊達 公子

フリガナクルムダテ キミコ
英名Kimiko Date-Krumm
肩書き日本テニス協会総務・財務本部国際委員
生年月日1970年(昭45)9月28日(月)
身長163 cm 体重53 kg 出身地京都府京都市
出身校園田学園高卒
公式ブログameblo.jp/kimiko-date/
主な戦績全日本選手権 単優勝(1991,92年)/複優勝(1989年)
バルセロナ五輪(1992年)単2回戦/複2回戦
アトランタ五輪(1996年) 単ベスト8
フェドカップ 198992,9496年出場/シングルス9勝5敗、ダブルス4勝3敗
4大大会シングルス本戦 全豪(199096年/最高ベスト4)、全仏(1989,9296年/最高ベスト4)
ウィンブルドン(198992,9496年/最高ベスト4)、全米(198996年/最高ベスト8)


全日本ランキング87年14位/88年11位/89年5位/90年4位/91年2位/9296年1位


特記事項1996年フェドカップ対ドイツ戦で、日本女子史上初めて世界1位のグラフを破る。自己最高世界ランク4位は日本最高。ツアー単7勝。元フェドカップ代表選手

ラテン文字名 Kimiko Date
フルネーム Kimiko Date Krumm
国籍 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 1970年9月28日(38歳)
身長 163cm
体重 53kg
利き手 右(本来は左)
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 1996年(2008年復帰)

2009年全豪オープン13年ぶり出場決定
「ルーキーになりきってチャレンジします。」

ツアー通算 8勝
シングルス 7勝
ダブルス 1勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1994)
全仏 ベスト4(1995)
全英 ベスト4(1996)
全米 ベスト8(1993・94)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(1992)
全仏 2回戦(1993)
全英 2回戦(1991)
全米 2回戦(1993)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位
ダブルス 60位

第66回ゴールデン・グローブ賞ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)が2冠ティナ・フェイ(Tina Fey)は2年連続受賞


第66回ゴールデン・グローブ賞授賞式が11日、米カリフォルニア(California)州ビバリーヒルズ(Beverly Hills)で開催され、ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)が助演女優賞に続き、『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(Revolutionary Road)』でドラマ部門の主演女優賞も獲得した。

 ウィンスレットは、アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)、メリル・ストリープ(Meryl Streep)、アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、クリスティン・スコット・トーマス(Kristin Scott Thomas)ら強敵を抑えての受賞となった。(c)AFP

◆第66回ゴールデン・グローブ賞授賞式が11日、ビバリーヒルズにあるビバリー・ヒルトン・ホテルで行われ、ダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』がドラマ部門作品賞、監督賞など4部門を受賞。注目の助演男優賞は『ダークナイト』でジョーカーを演じ、昨年1月に急逝した故ヒース・レジャーに輝いた。

主演女優賞と助演女優賞をW受賞したのはケイト・ウィンスレット。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(主演)、『愛を読むひと』(助演)の演技が評価された。主演男優賞は、昨年9月のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた『ザ・レスラー』(原題)のミッキー・ローク。

コメディ・ミュージカル部門の作品賞はウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』。主演女優賞はマイク・リー監督の『ハッピー・ゴー・ラッキー』(原題)のサリー・ホーキンス、『In Bruges』(原題)のコリン・ファレル。日本でも大ヒット中の『WALL・E/ウォーリー』が長編アニメーション作品賞を受賞。それぞれ5部門で候補に挙がった『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『ダウト −あるカトリック学校で−』、『フロスト×ニクソン』は惜しくも受賞を逃した。

助演男優賞の表彰でヒースの代わりに登壇したクリストファー・ノーラン監督は「『ダークナイト』の関係者一同は、悲しみと誇りの入り交じった気持ちでいます。ヒースが亡くなった後、映画界の未来には大きな穴が空きました」と栄誉に対する複雑な心境を語った。ハリウッド映画界最大のイベント、第81回アカデミー賞のノミネーション発表は奇しくもヒースの命日である1月22日に行われる。



今年度の受賞結果は以下の通り。

<映画>
【ドラマ部門】
・作品賞:『スラムドッグ$ミリオネア』
・主演男優賞:ミッキー・ローク(『ザ・レスラー』<原題>)
・主演女優賞:ケイト・ウィンスレット(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)

【コメディ・ミュージカル部門】
・作品賞:『それでも恋するバルセロナ』
・主演男優賞:コリン・ファレル(『In Bruges』<原題>)
・主演女優賞:サリー・ホーキンス(『ハッピー・ゴー・ラッキー』<原題>)

・助演男優賞:ヒース・レジャー(『ダークナイト』)
・助演女優賞:ケイト・ウィンスレット(『愛を読むひと』)

・監督賞:ダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』)
・脚本賞:『スラムドッグ$ミリオネア』(サイモン・ビューフォイ)
・作曲賞:『スラムドッグ$ミリオネア』(A.R.ラーマン)
・主題歌賞:「The Wrestler」(『ザ・レスラー』<原題>)

・長編アニメーション映画賞:『WALL・E/ウォーリー』
・外国語映画賞:『Waltz with Bashir』(原題)

<テレビドラマ>
【ドラマ部門】
・作品賞:「マッド・メン」
・男優賞:ガブリエル・バーン(「In Treatment」)
・女優賞:アンナ・パキン(「True Blood」)

【ミュージカル・コメディ部門】
・作品賞:「30 Rock」
・男優賞:アレック・ボールドウィン(「30 Rock」)
・女優賞:ティナ・フェイ(「30 Rock」)

【ミニシリーズ・テレビ映画部門】
・作品賞:「John Adams」
・男優賞:ポール・ジアマッティ(「John Adams」)
・女優賞:ローラ・リニー(「John Adams」)

・助演男優賞:トム・ウィルキンソン(「John Adams」)
・助演女優賞:ローラ・ダーン(「Recount」)シネマカフェネットより

◆第66回ゴールデン・グローブ賞全ノミネート

●第1部 映画部門


主演男優賞 - ドラマ
レオナルド・ディカプリオ - レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
フランク・ランジェラ - フロスト×ニクソン
ショーン・ペン - Milk
ブラッド・ピット - ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ミッキー・ローク - The Wrestler

主演男優賞 - ミュージカル・コメディ
ハビエル・バルデム - それでも恋するバルセロナ
コリン・ファレル - In Bruges
ジェームズ・フランコ - スモーキング・ハイ
ブレンダン・グリーソン - In Bruges
ダスティン・ホフマン - Last Chance Harvey

主演女優賞 - ドラマ
アン・ハサウェイ - レイチェルの結婚
アンジェリーナ・ジョリー - チェンジリング
メリル・ストリープ - ダウト -あるカトリック学校で-
クリスティン・スコット・トーマス - I've Loved You So Long (Il y a longtemps que je t'aime)
ケイト・ウィンスレット - レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

主演女優賞 - ミュージカル・コメディ
レベッカ・ホール - それでも恋するバルセロナ
サリー・ホーキンス - Happy-Go-Lucky
フランシス・マクドーマンド - バーン・アフター・リーディング
メリル・ストリープ - マンマ・ミーア!
エマ・トンプソン - Last Chance Harvey

アニメ賞
Bolt
カンフー・パンダ
WALL・E/ウォーリー

監督賞
ダニー・ボイル - スラムドッグ$ミリオネア
スティーブン・ダルドリー - 愛を読むひと
デヴィッド・フィンチャー - ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ロン・ハワード - フロスト×ニクソン
サム・メンデス - レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

作品賞 - ドラマ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
フロスト×ニクソン
愛を読むひと
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
スラムドッグ$ミリオネア

作品賞 - ミュージカル・コメディ
バーン・アフター・リーディング
Happy-Go-Lucky
In Bruges
マンマ・ミーア!
それでも恋するバルセロナ

外国語映画賞
The Baader Meinhof Complex (Der Baader Meinhof Komplex) • ドイツ
Everlasting Moments (Maria Larssons eviga ögonblick) • デンマーク/スウェーデン
Gomorrah (Gomorra) • イタリア
I've Loved You So Long (Il y a longtemps que je t'aime) • フランス
バシールとワルツを Waltz with Bashir (Vals im Bashir) • イスラエル

作曲賞
チェンジリング - クリント・イーストウッド
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 - アレクサンドル・デプラ
ディファイアンス - ジェームズ・ニュートン・ハワード
フロスト×ニクソン - ハンス・ジマー
スラムドッグ$ミリオネア - A.R.ラフマーン

オリジナル歌曲賞
"I Thought I Lost You" - Bolt
"Once in a Lifetime" - Cadillac Records
"Gran Torino" - Gran Torino
"Down to Earth" - WALL・E/ウォーリー
"The Wrestler" - The Wrestler

脚本賞
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 - エリック・ロス
ダウト -あるカトリック学校で- - ジョン・パトリック・シャンリィ
フロスト×ニクソン - ピーター・モーガン
愛を読むひと - デヴィッド・ヘアー
スラムドッグ$ミリオネア - サイモン・ボーファイ

助演男優賞
トム・クルーズ - トロピック・サンダー/史上最低の作戦
ロバート・ダウニーJr - トロピック・サンダー/史上最低の作戦
レイフ・ファインズ - ある公爵夫人の生涯
フィリップ・シーモア・ホフマン - ダウト -あるカトリック学校で-
ヒース・レジャー - ダークナイト

助演女優賞
エイミー・アダムス - ダウト -あるカトリック学校で-
ペネロペ・クルス - Vicky Cristina Barcelona
ヴァイオラ・デイヴィス - ダウト -あるカトリック学校で-
マリサ・トメイ - The Wrestler
ケイト・ウィンスレット - 愛を読むひと

0ティナフェイ.jpg
ティナ・フェイ

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 12日(現地時間11日)、第66回ゴールデン・グローブ賞がロサンゼルスで発表された。テレビドラマシリーズの最優秀作品賞に選ばれたのは、去年に引き続き、テレビドラマ「マッド・メン」(原題)。ティナ・フェイも2年連続最優秀女優賞(ミュージカル・コメディー部門)に輝いた。そのほか、テレビドラマ「30 ロック」(原題)が3部門受賞を果たし、ミニドラマシリーズ部門では、「ジョン・アダムス」(原題)が、ほぼ独占状態の受賞結果となった。


テレビ部門の受賞一覧は以下のとおり。

・最優秀ドラマシリーズ 「マッド・メン」(原題)
・最優秀女優賞(ドラマ部門) アンナ・パキン 「トゥルー・ブラッド」(原題)
・最優秀男優賞(ドラマ部門) ガブリエル・バーン 「イン・トリートメント」(原題)
・最優秀ミュージカル・コメディシリーズ 「30 ロック」(原題)
・最優秀女優賞(ミュージカル・コメディー部門) ティナ・フェイ 「30 ロック」(原題)
・最優秀男優賞(ミュージカル・コメディー部門) アレック・ボールドウィン 「30 ロック」(原題)
・最優秀ミニドラマシリーズ 「ジョン・アダムス」(原題)
最優秀女優賞ミニドラマシリーズ
ローラ・リニー 「ジョン・アダムス」(原題)
・最優秀男優賞ミニドラマシリーズ
ポール・ジアマッティ「ジョン・アダムス」(原題)
・最優秀助演女優賞ミニドラマシリーズ
ローラ・ダーン 「リカウント」(原題)
・最優秀助演男優賞ミニドラマシリーズ
トム・ウィルキンソン 「ジョン・アダムス」(原題)



●第2部テレビ部門

主演男優賞 - ドラマシリーズ
ガブリエル・バーン - In Treatment
マイケル・C・ホール - デクスター 警察官は殺人鬼
ジョン・ハム - Mad Men
ヒュー・ローリー - Dr.HOUSE
ジョナサン・リース=マイヤーズ - The Tudors

主演男優賞 - ミュージカル/コメディシリーズ
アレック・ボールドウィン - 30 Rock
スティーヴ・カレル - The Office
ケヴィン・コナリー - アントラージュ★オレたちのハリウッド
デイヴィッド・ドゥカヴニー - Californication
トニー・シャルーブ - 名探偵モンク

男優賞 - ミニシーズ/テレビ映画
レイフ・ファインズ - Bernard and Doris
ポール・ジアマッティ - John Adams
ケヴィン・スペイシー - Recount
キーファー・サザーランド - 24: Redemption
トム・ウィルキンソン - Recount

主演女優賞 - ドラマシリーズ
サリー・フィールド - ブラザーズ&シスターズ
マリスカ・ハージティ - LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
ジャニュアリー・ジョーンズ - Mad Men
アンナ・パキン - True Blood
キーラ・セジウィック - クローザー

主演女優賞 - ミュージカル/コメディシリーズ
クリスティナ・アップルゲイト - サマンサ Who?
アメリカ・フェレーラ - アグリー・ベティ
ティナ・フェイ - 30 Rock
デブラ・メッシング - The Starter Wife
メアリー=ルイーズ・パーカー - Weeds 〜ママの秘密

女優賞 - ミニシーズ/テレビ映画
ジュディ・デンチ - Cranford
キャサリン・キーナー - An American Crime
ローラ・リニー - John Adams
シャーリー・マクレーン - Coco Chanel
スーザン・サランドン - Bernard and Doris

作品賞 - ドラマ
デクスター 警察官は殺人鬼
Dr.HOUSE
In Treatment
Mad Men
True Blood

作品賞 - ミュージカル/コメディ
30 Rock
Californication
アントラージュ★オレたちのハリウッド
The Office
Weeds 〜ママの秘密

作品賞 - ミニシリーズ/TV映画
Bernard and Doris
Cranford
John Adams
A Raisin in the Sun
Recount

助演男優賞- シリーズ、ミニシリーズ/TV映画
ニール・パトリック・ハリス - How I Met Your Mother
デニス・リアリー - Recount
ジェレミー・ピヴェン - アントラージュ★オレたちのハリウッド
ブレア・アンダーウッド - In Treatment
トム・ウィルキンソン - John Adams

助演女優賞- シリーズ、ミニシリーズ/TV映画
アイリーン・アトキンス - Cranford
ローラ・ダーン - Recount
メリッサ・ジョージ - In Treatment
レイチェル・グリフィス - ブラザーズ&シスターズ
ダイアン・ウィースト - In Treatment

★ティナ・フェイ(Tina Fey、1970年5月18日 - )は、アメリカ合衆国の女優、脚本家。ペンシルバニア州アッパー・ダービー町区出身。主にコメディ分野で活動している。

NBCの『サタデー・ナイト・ライブ』初の女性ヘッドライターとして有名であり、エミー賞5回を始め、数多くの賞を受賞している。現在、『サタデー・ナイト・ライブ』をモチーフにした同局の『30 Rock』で主演を努め、脚本や製作総指揮も担当している。



略歴
1997年より、『サタデー・ナイト・ライブ』に参加。1999年に女性初のヘッド・ライターとなり、2002年にエミー賞で脚本家チームの1人として脚本賞を受賞した。これは同番組にとっては13年ぶりの受賞であった。同年、NBCの75周年を祝した特別番組で脚本家の1人として参加している。

アメリカの女子高生のリアルな生態を描いた2004年公開の『ミーン・ガールズ』では自らで映画化権を獲得し脚本を執筆した。数学教師役で出演もしたこの作品は、旬のリンジー・ローハンを主演に迎えてBox Officeで1位を記録、入れ替わりの激しいサマーシーズンの映画興行で7週連続チャートインした[1]。

2006年、『サタデー・ナイト・ライブ』を降板し、秋からの新番組『30 Rock』に出演する。製作・脚本も担当しているこの作品では主役のリズ・レモン役で出演。人気コメディ番組のヘッド・ライターという役柄から分かるとおり、自分自身をモデルにしている。番組は批評家から絶賛され、第59回プライムタイム・エミー賞のコメディ・シリーズ作品賞を受賞し、フェイも製作者の1人として授与された。フェイはコメディ・シリーズの主演女優賞と脚本賞でも候補になっている。翌年の第60回プライムタイム・エミー賞では、2年連続で作品賞受賞、フェイ個人としても主演女優賞と脚本賞を受賞して3つのトロフィーを得た。他にゲストホストとして出演した『サタデー・ナイト・ライブ』から個人パフォーマンス賞の候補にもなっており、全部で4部門で候補になっていた。

『タイム』が毎年行っている「世界で最も影響力のある100人」の2007年版に選ばれている。People誌の「最も美しい100人」2008年版にも選ばれた。

2008年、同じく『サタデー・ナイト・ライブ』出身のエイミー・ポーラーと共演した『Baby Mama』で映画初主演を努め、全米1位を獲得した。また、かねてから似ていると言われていた2008年米大統領選挙の共和党副大統領候補サラ・ペイリン氏の物真似を『サタデー・ナイト・ライブ』で披露し、本人からお墨付きを貰うほどの評判だった[2]。

映画の最新作は『The Office』のリッキー・ジャーヴェイスが監督・脚本・主演を努める『This Side of the Truth』で2009年公開を予定している。

私生活では作曲家のジェフ・リッチモンドと結婚。一児をもうけている。


関連項目
サタデー・ナイト・ライブ
サラ・ペイリン
エイミー・ポーラー
セカンド・シティ

外部リンク
ティナ・フェイ(Tina Fey)

婚約者とカリブ海で休暇を過ごす中国人女優チャン・ツィイー(Zhang Ziyi)さん(29)のトップレス写真がネットに流出し、ネット上では非難派と擁護派の論争が巻き起っている。


婚約者とカリブ海で休暇を過ごす中国人女優チャン・ツィイー(Zhang Ziyi)さん(29)のトップレス写真がネットに流出し、ネット上では非難派と擁護派の論争が巻き起っている。

 問題の写真は、チャンさんがトップレス姿で婚約者でイスラエルの大富豪、ビビ・ネヴォ(Vivi Nevo)さんとビーチで親密な時間を過ごす様子を盗撮されたもの。

 写真をめぐり中国の人気ポータルサイト「Sina.com」には、「恥知らずだ。外国人と共にいようが、自身の行いが中国人女性を代表することになると自覚すべきだ」など、チャンさんを非難する意見が書き込まれた。

 しかし、中国版MSNには「好きなときに普通の暮らしもできない有名人は気の毒」と書き込まれるなど、悪いのはチャンさんのプライバシーを侵害したパパラッチの方でチャンさんに非はないとの声が多数を占める。1万5000人を対象にしたウェブ調査でも72%がチャンさんとネヴォさんの行為は「恋人として普通のこと」と回答した。

 9日付けの国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)にも「彼女(チャンさん)の人生とあなたとは関係ない。彼女をあなたの人生に巻き込もうとしたりせず、自分自身の人生に戻りなさい」との意見が掲載されている。

 一方、流出した盗撮写真は中国の検閲官には刺激的すぎたとみられ、現在は中国のほとんどのサイトから消えている。(c)AFP

▲一言 めげずに頑張るべし。本人はこのことを予想していたのでは。

★章 子怡(チャン・ツィイー、簡体字: 章子怡, 拼音: Zhāng Zǐyí。1979年2月9日 - )は、中国の女優。身長164cm。体重49kg。

中国では、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、周迅(ジョウ・シュン)とともに、四小名旦(四大若手女優)として知られている。

日本では、"チャン・ツィイー"の表記が一般的である。これは、発音記号であるピンイン "Zhāng Zǐyí" を英語読みした場合の発音から来ているが、実際の中国標準語の発音は、どちらかというと "ヂャン・ヅーイー" に近い。

来歴

生い立ち
北京で電信局職員の父親と幼稚園教諭の母親のもとに生まれる。体が細かったため「丈夫になって欲しい」という母の勧めで8歳から舞踊を始め、11歳のとき北京舞踊大学附属中学に合格し、16歳で全国青年ダンス・コンテストで優勝した。中学校卒業後、北京の名門演劇学校中央戯劇学院に入学。1994年に全国桃李杯舞踏コンクールで演技賞を受賞した。


キャリア
1996年にテレビドラマ『星に願いを〜星星点灯』(放送時は『蛍火』)の主役で女優としてデビュー。1999年に張芸謀(チャン・イーモウ)監督の映画『初恋のきた道』で語り手である青年の母(この映画の主人公)を演じ、映画初出演を果たす。この作品が第50回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したことから、脚光を浴びるようになる。

アカデミー外国語映画賞を受賞した『グリーン・デスティニー』、ジャッキー・チェンやクリス・タッカーと共演した映画『ラッシュアワー2』でアジア以外の国々でも広く知られるようになり、国際的な知名度を得るようになる。

2005年にロブ・マーシャル監督の映画『SAYURI』で主演を務め、ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。翌年の第59回カンヌ国際映画祭では審査員を務めた。

俳優以外の活動では、メイベリンやシャングリラホテルなどの広告塔や「関愛児童組織(Care for Children)」という慈善事業を行っている[1]。また、2008年8月に開催された北京オリンピックの公式サイトの特派員記者を務め[2]、また大手ポータルサイトの搜狐(SOHU)の派遣により、同年3月末にギリシャのオリンピア遺跡で行われた聖火採火式のリポーターを務めた[3]。

2008年2月6日から7日にかけて行われた「春晩(=春節聯歓晩会)」で「天女散花」という歌をソロで歌った[4]。この春晩は、春節(=旧正月)の年越しに放映される番組で、中国国民のほとんどが見るといわれている。また登場する際、テロップが中国語の発音では同じの「張子怡」になっていた、とも報じられた[5]。


人物・私生活
過去に香港のビジネス王ヘンリー・フォックの孫(Fok Kai-shan)と交際していた[6]。2007年5月からはニューヨークで投資会社を経営するイスラエル人のヴィヴィ・ネヴォと交際しており、2008年7月に婚約を発表[7]。このヴィヴィ・ネヴォは映画会社ワインスタイン・カンパニーの株主であり、今後ワインスタイン・カンパニーで彼女の主演作が3本制作される[8]。

2007年9月に香港政府による住民拡大制度「優秀人材入境計画」に申請し、香港の居住資格を取得したと報じられた[9]。

大変なマスコミ嫌い。以前映画のプロモーションのために複数のインタビューを受けたが、どのインタビュアーからの質問も妊娠説や張芸謀との恋愛の噂など私生活に関するものだったことから、マスメディアに不信感を持つようになった。近年は中国国内においても「無断で写真を撮影しない」「交際している富豪に関する質問はしない」など10以上の細かいルールに従うという契約書にサインしなければ取材には応じないハリウッド形式の取材方法をとっている。単に興味本位の質問を嫌うためであるとされるが、このことでより一層、彼女の発言や本音が聴ける機会が少なくなった[10]。


エピソード
『ラッシュアワー2』撮影時は英語が話せず、ジャッキー・チェン等に通訳してもらいつつ撮影に臨んだ。また、共演者だったロセリン・サンチェスから英語を習おうとしたが、ロセリンから「私の英語は訛りがあるから、真似するとハリウッドで仕事がなくなる」と言われ、断念したこともある。その後英語の必要性を痛感し、後に勉強を始めて約2年間で習得した。また、エミネムの曲を聴いて英語を覚えたと発言している。
2009年1月、アメリカの娯楽サイトにツィイーの全裸写真が多数流出した。写真はヴィヴィ・ネヴォの所有するフランス領サン・バルテルミー島で2人でバカンスを楽しんでいる様子を盗撮したもので、流出した写真は計81枚。ツィイーのマネージャーは「婚約中の2人のプライベートな生活を狙うのは許せない。有名人には普通の人と同じ生活が送れないなんて」と怒りをあらわにした[11]。

主な出演作品

映画
初恋のきた道 我的父親母親 (1999) - チャオ・ディ (若き日の母) 役
グリーン・デスティニー 臥虎藏龍 (2000) - イェン 役
ラッシュアワー2 Rush Hour 2 (2001) - フー・リー 役
天上の剣 The Legend of ZU 蜀山傳 (2001) - ジョイ 役
MUSA -武士- 무사 (2001) - ブヨン姫 役
HERO 英雄 (2002) - 如月 (ルーユエ) 役
パープル・バタフライ 紫蝴蝶 (2003) - シンシア/ディンホエ 役
ザ・ブライド 花嫁はギャングスター2 조폭 마누라 2 (2003) - ギャングスター・ボス 役
LOVERS 十面埋伏 (2004) - シャオメイ 役
2046 2046 (2004) - バイ・リン 役
ジャスミンの花開く 茉莉花開 (2004) - 茉/莉/花 役
オペレッタ狸御殿 (2005) - 狸姫 役
SAYURI Memoirs of a Geisha (2005) - さゆり/ちよ 役
女帝 [エンペラー] 夜宴 (2006) - ワン 役
ミュータント・タートルズ -TMNT- TMNT (2007) - カライ 役 声の出演、日本未公開
The Horsemen The Horsemen(2008) - Kristen 役 日本未公開
花の生涯 〜梅蘭芳〜 梅蘭芳(2008) - 孟小冬 役 2009年日本公開予定

テレビ
星に願いを〜星星点灯 星星点灯 (1996) - チェン・ウェイ 役 放送時は『蛍火』

CM
花王 「アジエンス」 (2003 - 2006)

脚注
[ヘルプ]
^ 中国情報局 (2007年12月12日). "チャン・ツィイー、里親チャリティーに参加". 2008年8月15日 閲覧。
^ 中国情報局 (2008年3月25日). "チャン・ツィイー、聖火リレーをアテネからレポート". 2008年8月29日 閲覧。
^ 中国情報局 (2008年3月24日). "北京五輪採火式:リポーター、チャン・ツィイー登場". 2008年8月29日 閲覧。
^ 中国情報局 (2008年2月7日). "ツィイーの歌はちょっとツライー!「中国の紅白」出場で". 2008年8月29日 閲覧。
^ 中国情報局 (2008年2月20日). "チャン・ツィイー「中国の紅白」で名前間違えられる". 2008年8月29日 閲覧。
^ レコードチャイナ (2008年8月26日). "チャン・ツィイーが大富豪御曹司の元カレと親密ぶり、人目気にせずハグ!". 2009年1月6日 閲覧。
^ 中国情報局 (2008年7月15日). "チャン・ツィイーついに婚約、恋人が認める". 2008年8月15日 閲覧。
^ VOGUE.com (2006年6月20日). "ワインスタイン兄弟がチャン・ツィイーと大型契約". 2008年8月15日 閲覧。
^ 中国情報局 (2007年9月17日). "チャン・ツィイー:香港の居住資格取得、活動の幅拡大". 2008年8月29日 閲覧。
^ レコードチャイナ (2007年3月28日). "ひょっとして妊娠?ふっくらしたチャン・ツィイー". 2008年8月15日 閲覧。
^ レコードチャイナ (2009年1月6日). "芸能界に衝撃!チャン・ツィイーの「全裸」写真、ネット上に流出". 2009年1月6日 閲覧。

外部リンク
Official Website(中国語)
Zhang Ziyi

人気急上昇のアイドル、杉原杏璃(あんり=26)がDVD「杏Sweet」(イーネット・フロンティア、3990円)で、Fカップ巨乳をきわどいビキニに包み、“やりすぎ"

0スギハラ0

テレビ東京系「やりすぎコージー」(月曜後9・0)で人気急上昇のアイドル、杉原杏璃(あんり=26)がDVD「杏Sweet」(イーネット・フロンティア、3990円)で、Fカップ巨乳をきわどいビキニに包み、“やりすぎ”なほど惜しげもなく披露している。

 常夏のインドネシア・バリ島で、1メートル57、B89W59H80のナイスバディーを全開。赤い長襦袢を着たままプールに入るシーンでは、襦袢が色落ちしてプールが赤く染まるハプニングも。「私の体まで真っ赤になっちゃった」と振り返っている。

 24日午後3時から東京・秋葉原の石丸ソフト2、同6時からソフマップ秋葉原アミューズメント館で発売記念イベントを開く。
サンスポより



★杉原 杏璃(すぎはら あんり、1982年6月12日 - )は、広島県出身のグラビアアイドル、タレント。所属事務所はフィットワン。前所属事務所はARIMAX、前々所属事務所はスターダストプロモーション。
すぎはら あんり
杉原 杏璃 プロフィール
別名 杉原 あんり(旧芸名)
生年月日 1982年6月12日
現年齢 26歳
出身地 日本・広島県
血液型 A型
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 157 cm / ― kg
スリーサイズ 89 - 59 - 80 cm
ブラのサイズ F
靴のサイズ 23.5 cm
単位系換算[表示]
身長 / 体重 5′ 3″ / ― lb
スリーサイズ 35 - 23 - 31 in



活動
デビュー 2003年
ジャンル グラビア
モデル内容 水着
他の活動 タレント、女優

人物
特技:カポエイラ
出身地である広島県への郷土愛が強い。
左利きである。
自身のブログ、『☆*★杉原杏璃のぉ部屋☆*★』は、杉原個人がファンとの接点として開設していたが、公式ブログ開設にともない閉鎖された。2007年5月11日より、公式ブログ『杏璃まぁめいど IN TOKYO』が開設。
マヨネーズ入りの料理や海老を使った料理、タルトケーキ(特にチーズケーキタルト)、チュッパチャプスが好き。
タイ(国名)が好き。
好きな映画は、『トゥルー・ロマンス』。
チャームポイントは大きい胸と長い舌。
胃下垂である。

出演

TV番組
Harajukuロンチャーズ (2001年3月 - 2003年9月、BS朝日)
麻布コネクション (2001年10月 - 2002年3月、テレビ東京)
テレバイダー (2002年4月 - 6月、MXTV)
電波少年的放送局 (2002年10月 - 2003年6月、CS日本)
晴れ・どきドキ晴れ (2003年1月 - 3月、CBC)
お厚いのがお好き?(2003年 フジテレビ) - 第21回ゲスト
アイドル道 (2003年10月 - 2004年9月、フジテレビ721)
みんなの挑戦物語 (2004年、テレビ新広島)準レギュラー
週刊ストリートチャンネル (2005年、MXTV)司会アシスタント
〜明日も絶対〜パチるん? (2005年10月? - 、群馬テレビ)アシスタント
ヴィッセル神戸TV (2006年? - 12月、サンテレビ)
誘惑のマーメイド (2007年3月、MONDO21)
アイドルにかけろ! (2007年4月 - 、エンタ!371)
エンタ!SELECTION (2007年5月、エンタ!371)
くわまんのパチラックスTV (2007年8月、テレ玉)
やりすぎコージー (2007年10月 - 、TX)6代目やりすぎガール
美しき青木・ド・ナウ (2007年11月19日、テレビ朝日)
偉大なる未来図鑑(2007年12月29日、フジテレビ)
あらびき団(2008年2月20日、TBS)

TVドラマ
しあわせのシッポ 第1,2話 (2002年4月、TBS)
夏の日の恋〜Summer Time〜 第2話 (2002年7月、NHK)
日本のこわい夜〜くも女 (2003年9月、TBS)
闇の死置人〜あなたの怨み晴らします〜 (2007年1月、日本テレビ)
秘書のカガミ 第2話 (2008年4月18日、テレビ東京)

Vシネマ
実写版 まいっちんぐマチコ先生 東大お受験大作戦!! (2006年)
真田くノ一忍法伝 かすみ 愛と裏切りの絆 (2006年)
改造巨大ヒロインYURIA「鼓動」 (2006年)
改造巨大ヒロインYURIA「波動」 (2006年)
グラビアヒロインUSA VANPIRE忍者 DARKFEATHER (2006年)
グラビアヒロインUSA VANPIRE忍者 BLOOD FANG (2007年)



インターネット
Yahoo!動画 『WE@アイドルTV』
インターネットテレビ ひかり荘 (2006年8月 - )
原宿アメブロ放送局 アメガチャ! (2007年4月 - 8月)MC
GyaO 『懸賞GyaO』 (2007年8月 - 9月)

舞台
Kiss me you〜がんばったジプシー達へ〜 (2002年9月)
お笑い劇場 劇団ショートケーキ (2007年4月)

イメージビデオ
QUEEN(2006年3月22日、エアーコントロール)
Anri My Love(2006年7月28日、アクアハウス)
杏璃色(2007年1月1日、ベガファクトリー)
杏璃コレクション(2008年2月25日、CLM/ビーエムドットスリー)

書籍

写真集
Vanilla(2003年12月15日、バウハウス) ISBN 978-4894619609 撮影:塚田和徳
Anri My Love(2006年5月31日、アクアハウス) ISBN 978-4860461058 撮影:斉木弘吉

[編集] 外部リンク
公式プロフィール
杏璃まぁめいど IN TOKYO
杉原杏璃のIDOL☆ULTRAMIX
FIT STATION(フィットワンオフィシャルファンクラブ)
スポニチアイドルレポート 杉原杏璃
杉原杏璃 mixi



表・話・編・歴フィットワン

FITONE ARTIST 乙葉・大原かおり・星井七瀬・ローラ・チャン・佐藤寛子・加藤沙耶香・次原かな・喜屋武ちあき・杉原杏璃・野田彩加・嘉陽愛子・吉木りさ・吉川麻衣子・島野亜希子・香島アヤ・堂上静華・木村和可・松井涼子・松田直樹・さいきあさ・ニーナ南・森川ゆきえ・小野雅美・麻衣花・上原歩・星野加奈・松本亜希・杏那・鈴木葉月・畑田亜希・西垣梓・水戸部泉

FITONE FIRST STAGE 工藤千晶・高谷あずさ・井上胡桃・石井ひな・小野りか・倉本早希・田井中茉莉亜・谷口真紀・島崎麻衣・柚季菜摘・柚季智美・田中彩乃・深山ジュン・未来・桃瀬麻美・水瀬葵

業務提携 愛衣・武藤静香・和泉佑実・高橋優

旧所属タレント Category:過去のフィットワン所属者

関連会社 GIRLS' RECORD・アリュール

雑誌ヴォーグ(Vogue)のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長化石に覆われて「間違ったファッショントップ10」の第1位に


0アナインタ
アナ・ウィンター(Anna Wintour)と娘キャサリン(Katharine )


米ファッション雑誌ヴォーグ(Vogue)のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長は世界の最先端を走るファッションの教祖的存在かもしれない。しかし、米誌タイム(Time)の2009年第1号は同編集長を2008年の「間違ったファッショントップ10」の第1位に選んだ。


 ウィンター編集長は昨年5月、米ニューヨークメトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art)のコスチューム・インスティチュート(Costume Institute)で開かれたガラパーティーの会場に風変わりなシルバーのドレスを着て現れた。同誌はこのファッションについて、「アンモナイトの化石に覆われているように見えた」と評している。

 第2位になった米歌手ジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)のSF風の金色のジャンプスーツについては、「衣装はかなり異様だ。ジャネットはそれを公共の場で着用した」とまるで犯罪を犯したかのような口ぶりだ。

 仏シャネル(Chanel)のメタリック・グレイのドレスで第5位に入った米女優ケイト・ボスワース(Kate Bosworth)の写真には「少しは同情しなければいけない。ケイトはシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)のデートの相手として、シャネルのイベントに参加しようとしているところだ。なんと言うか、光栄なことだ。ラガーフェルドはケイトを縦に並べたマフィンの型のようなアンサンブルに押し込めてしまった」というキャプションをつけた。(c)AFP



▲一言 一体誰が正しくて誰が間違っているのか?
ファッションは善悪の問題ではない。

★アナ・ウィンター
本名 Anna Wintour 生年月日 1949年11月3日 出身地 イギリス、ロンドン 職業 雑誌編集者
大英帝国勲章を授与されたモード界のカリスマ編集長

映画『プラダを着た悪魔』のモデルといわれる米国『ヴォーグ』誌の編集長。76年、ファッション誌『ハーパーズ・バザー』のファッション・エディターに就任以来、ファッション界で大きな権力をもつアナ。とはいえ発売前の『ハリー・ポッター』の原作を手に入れたかどうかは不明。映画については“自分のことではない”とコメント。プレミアムなファッション系パーティーやコレクションには、ロンドンの大学に通う、娘のビー・シャファーもたびたび姿を見せる。モデルクラスの美貌とスタイルを誇るビー・シャファーは“職業はセレブリティ?”ともいわれ、親子のファッションショットは、即、世界中に配信されるほど。コレクションに向かう毛皮を着たアナに動物愛護団体が粉をかけたという苦い経験もあるが、08年ファッション界への長年の貢献が評価されたアナに大英帝国勲章(=OBE)が授与された。

元夫:デヴィット・シャファー (精神科医)1984年、13歳年上の精神科医ディヴィット・シャファーと結婚。ディヴィットとの間には、チャールズ、キャサリンという2人の子供がいる。キャサリンは、ビー・シャファーという名前で知られていて、アナとともにコレクションに登場することも多い。 1999年、デヴィット・シャファーと離婚。
・「プラダを着た悪魔」を書いたのは、1999年から2000年までアナのアシスタントをしていたローレン・ワイズバーガー。映画の中でメリル・ストリープが演じた雑誌編集長ミランダ・プリーストリー役は、アナがモデルと言われている。 ・冷酷な性格と評されることの多いアナ。ニックネームは“Nuclear Wintour(核兵器ウィンター)” ・毎日朝5時45分に起床していて、出勤前のテニスが日課。ニューヨークでも頻繁にパーティーを催す人間の1人と言えるが、どんなイベントにも始まってから10分以上いることはめずらしい。夜は10時までにベッドに入るようにしている。



Anna Wintour
Vogue [US] January 2009 (単号)Vogue [US] January 2009 (単号)
(2008/12/30)
不明

商品詳細を見る

米国版『ヴォーグ(VOGUE)』誌編集長

英国生まれ
1970年、『ハーパース&クィーン』でキャリアをスタート
その後ニューヨークへ渡り、姉妹誌『ハーパース・バザー』のファッション・エディターに
1983年、米国版『ヴォーグ』クリエイティブ・ディレクターに抜擢
1986年、英国に戻り、英国版『ヴォーグ』の編集長に就任
1988年、米国版『ヴォーグ』の編集長に就任
以来、ニューヨークを拠点に活動

ニューヨーク・コレクションの企画や、チャリティ活動にも積極的に参加
一糸乱れぬボブスタイルがトレードマーク

米FOXニュースが選んだベストドレス1位 リアーナ/ジャンバティスタ・バリ


【 MODE PRESS】ケーブルTV局、ブラック・エンターテイメント・テレビジョン(Black Entertainment Television、BET)が主催する「08年BET賞(2008 BET Awards)」の授賞式が26日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアム(Shrine Auditorium)で開催された。 

 会場には、歌手のリアーナ(Rihanna)が登場。レッドカーペットに映えるレモンイエローのロングドレスは「ジャンバティスタ・ヴァリ(GiAMBATTiSTA VALLi)」のものだ

0ケイティ
ケイティ・ペリー(Katy Perry)

[eiga.com 映画ニュース] 今年もお気に入りのドレスを身につけた女優やモデル、歌姫たちが各種授賞式やプレミアのレッドカーペットに華を添えた。その中から、米FOXニュースが選んだベストドレスとワーストドレス各20点が発表された。

ベストなドレスの第1位に輝いたのは、まだ20歳ながらシックなドレスの着こなしが評判のリアーナ。ジャンバティスタ・バリのレモンイエローのティアードドレス姿がとても優雅で美しいと絶賛された。

ワーストの第1位は、グッチ主催のイベントに、ルイ・ヴィトンの09年春夏コレクションのグリーンの超ミニドレスを着て現れたマドンナ(マドンナは、ヴィトンの09春夏の顔を務めることになっている)。羽根を集めたようなそのドレスはランウェイでは素敵に見えたが、その日のマドンナは、「毛むくじゃら」「草の上を転がってきたのかと思った」とかなり不評だった。

▼ベストドレスのトップ10は以下の通り(人名/ブランド)。

Rihanna - SOS

1位 リアーナ/ジャンバティスタ・バリ
2位 テイラー・スウィフト/カウフマン・ブランコ
3位 バル・ラファエリ/ショパール&アルベルタ・フェレッティ
4位 マリオン・コティヤール/ジャンポール・ゴルチエ
5位 グウィネス・パルトロウ/シャネル
6位 ジゼル・ブンチェン/ベルサーチ
7位 ケイティ・ホームズ/ホームズ&ヤン
8位 ジェニファー・ガーナー/オスカー・デ・ラ・レンタ
9位 アン・ハサウェイ/オスカー・デ・ラ・レンタ
10位 キャサリン・ハイグル/エスカーダ

★リアーナ(Rihanna 本名:ロビン・リアーナ・フェンティ Robyn Rihanna Fenty 1988年2月20日 - )は、バルバドス出身の女性歌手。モデル。ファッションデザイナー。Def Jam Recordings所属。[1][2][3][4]
生名 Robyn Rihanna Fenty
出生 1988年2月20日(20歳)
出身地 バルバドス・セント・ミッチェル
ジャンル ポップ、R&B、ダンス・ポップ、ダンスホールレゲエ、レゲエ
職業 歌手、モデル
活動期間 2005年 - 現在
レーベル SRP、Def Jam Recordings
影響 ビヨンセ、マライア・キャリー、アリシア・キーズ、シャギー、ショーン・ポール、DC、

ルーサー・ヴァンドロス、ダイアナ・ロス、ホイットニー・ヒューストン等
公式サイト thisisrihanna.com


現在は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州サンディエゴで生活を送っている。
生い立ち
1988年2月20日にバルバドス人の父と、黒人のガイアナ人の母との間に生まれる。[2]バルバドスの小学校チャールズ・F・ブルーム記念学校、そしてグラマースクールのコンバーミア中学校(アメリカの工業学校に類似した6学年制の学校[2])に通い、学校では2004年にミス・コンバーミア・ページェントで優勝、学園祭ではマライア・キャリーの「ヒーロー」を歌うなどした。15歳の時、彼女の友人の一人が当時バルバドスに休暇で訪れていたニューヨークのプロデューサー、エヴァン・ロジャースに彼女を紹介し、人生の転機を迎える。ロジャースと、彼のパートナーのカール・スターケンはアメリカ合衆国で彼女の宣材用録音を手伝い、様々なレコーディング会社にデモを送った。その内の1つがデフ・ジャムのCEOであるジェイ・Zに届けられ、彼女が16歳の時にデフ・ジャムと契約することになった。[6]

2008年2月21日に行われた誕生日パーティで母国バルバドスの首相デーヴィッド・トンプソンから直々にバルバドスの名誉文化大使に任命された。バルバドス政府はこの日を「リアーナの日」とし、文化貢献を称え、セント・ジェームズ教区にある一等地をプレゼントした。この土地はリアーナの私有地となる[7]。


音楽活動


2005年:ミュージック・オブ・ザ・サン
2005年8月にアルバムからのリードシングル「ポン・デ・リプレイ」をリリースし、アメリカ合衆国とイギリスのシングルチャートで2位を記録した。このシングルの1週間後にはデビューアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』を発表。アメリカ合衆国では発売週に69,000枚を売り上げ、全米アルバムチャート(Billboard 200)で初登場10位を記録した[6]。アメリカ合衆国では現在までに60万枚を売り上げており、RIAAからはゴールドディスクに認定されている。世界では100万枚のセールスを記録している。


2006年:ガール・ライク・ミー
2006年4月、2作目のアルバム『ガール・ライク・ミー』を発表。発売週に115,000枚以上を売り上げ、全米チャート(Billboard 200)で初登場5位となる。ソフト・セルの大ヒット曲「汚れなき愛」をサンプリングしたシングル「SOS」は、ビルボードのビルボード・ポップ・100(Billboard Pop 100)、ホット・デジタル・ソングス(Hot Digital Songs)、ホット・デジタル・トラックス(Hot Digital Tracks)、ホット・ダンス・エアプレイ(Hot Dance Airplay)などの各種チャートで3週連続の1位を獲得[8]。また、全米シングルチャート (Billboard Hot 100) では34位から1位への急上昇を記録し、「TOP40圏内における1位への最大ジャンプ・アップ記録」を42年ぶりに更新した[9]。


2007年 - 2008年:グッド・ガール・ゴーン・バッド
2007年3月には、次のアルバムからのリードシングルとなる「アンブレラ」を発表。フィーチャリングアーティストとして同じレーベルメイトのジェイ・Zが参加した。このシングルは、アメリカ合衆国の主要チャートであるビルボードのビルボード・ホット・100チャート(Billboard Hot 100)で7週連続の1位を記録。またイギリスのUK・シングル・チャート(UK Singles Chart)では10週連続の1位、ヨーロッパ・シングルチャート(Eurochart Hot 100 Singles)でも11週連続1位、ワールドチャート(United World Chart)でも10週連続で1位を獲得するなど、大ヒットとなった[10][11]。UK・シングル・チャートにおける10週連続の1位は、ウェット・ウェット・ウエット(Wet Wet Wet)が1994年に発表した「ラブ・イズ・オール・アラウンド」の持つ15週連続1位に次ぐ記録となった[12][13]。

2007年6月にジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨ、レネ・マーリンらのサポートを受けた3作目のアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』をリリースし、全米チャート(Billboard 200)で2位、カナダとイギリスのアルバムチャート(Canadian Albums Chart, UK Album Chart)で1位を獲得した。売り上げ枚数はアメリカ合衆国で100万枚、世界では270万枚。RIAAからはプラチナディスクに認定された。

アルバム発売の1週間後には、アルバムからの2作目のシングルとなる「シャット・アップ・アンド・ドライブ」を発表。全米シングルチャート(Billboard Hot 100)では最高順位15位、全英シングルチャート(UK Singles Chart)では最高順位5位を記録した。[11]その後7月20日にはアルバムからの3作目のシングル「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」を、8月21日にはニーヨをフィーチャリングしたアルバムからの4作目のシングル「ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー」を発表。「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」はヨーロッパ・シングル・チャート(Eurochart Hot 100 Singles)で3週連続の首位を記録した[11]。

第50回グラミー賞に主要2部門、その他4部門、計6部門にノミネートされた。結果は「アンブレラ」でノミネートされていた最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した。

2008年5月には、アルバムからの5作目のシングルとなる「テイク・ア・バウ」を発表。 アンフェイスフルや、ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユーと同様、ニーヨによるプロデュースで、『グッド・ガール・ゴーン・バッド』の再発盤である『Good Girl Gone Bad: Reloaded』に収録される新曲である。 全米シングルチャート(Billboard Hot 100)では、ダウンロード解禁を機にチャートをジャンプアップし、1位を獲得。 なお、『Good Girl Gone Bad: Reloaded』には、マルーン5とのコラボ曲の「イフ・アイ・ネバー・シー・ユア・フェイス・アゲイン」も収録されている。

2008年6月には、『Good Girl Gone Bad: Reloaded』のリリースと同時にアルバムからの6作目のシングル「ディスタービア」をリリース。ビデオ公開後、ダウンロードセールスを伸ばし、全米シングルチャート(Billboard Hot 100)で自身4曲目の1位を獲得。

2008年9月、癌の研究を行う“Stand Up to Cancer”に資金援助をするためのキャンペーンに参加。癌に対しての意識向上と闘病支援、癌の研究や資金を援助する大型キャンペーンで、このキャンペーンの為に組まれたユニットに参加。マライア・キャリー、ビヨンセ、メアリー・J. ブライジなど知名度と人気の高いジャンルを超えた女性歌手15名で構成されるユニットで、9月2日にiTunes Storeでチャリティー・シングル「ジャスト・スタンド・アップ」が発売された。


私生活
2007年9月頃、俳優のシャイア・ラブーフと食事をする姿が目撃され、熱愛報道がされたが、リアーナは「ただの友達よ。お互いによく知りもしないの」と恋仲を否定した。また、同時に以前噂になっていたオマリオンとの関係についても否定した[14]。

2007年10月に放送されたMTVの番組での共演以降、俳優・ジョシュ・ハートネットとのニューヨークのクラブなどでの2ショットが度々目撃されたことで、2人の交際が噂された。ジョシュは当初肯定も否定もしない曖昧な返答を、リアーナは交際を否定していたが、その後11月初旬に行われたワールド・ミュージック・アワードでのインタビューの際、リアーナがジョシュとの交際を認める発言をした[15][16]。

2007年10月頃、MTV Video Music Awardsで共にパフォーマンスをしたクリス・ブラウンとの関係が噂される。2人は首に似たようなタトゥーをしている[17]。互いに交際を認める発言はしていないが、ホテルのプールなどで仲良くすごす姿が目撃されている[18]。


ディスコグラフィー

アルバム
ミュージック・オブ・ザ・サン - Music Of The Sun (2005年)
ガール・ライク・ミー - A Girl Like Me (2006年)
グッド・ガール・ゴーン・バッド - Good Girl Gone Bad (2007年)

シングル
ポン・デ・リプレイ - Pon De Replay (2005年)
イフ・イッツ・ラヴィン・ザット・ユー・ウォント - If It's Lovin' That You Want (2005年)
SOS - SOS (Rescue Me) (2006年)
アンフェイスフル - Unfaithful (2006年)
ウィ・ライド - We Ride (2006年)
ブレイク・イット・オフ - Break It Off feat. Sean Paul(2006年)
アンブレラ - Umbrella feat. Jay-Z (2007年)
シャット・アップ・アンド・ドライブ - Shut Up and Drive (2007年)
ドント・ストップ・ザ・ミュージック - Don't Stop the Music (2007年)
ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー - Hate That I Love You feat. Ne-Yo (2007年)
テイク・ア・バウ - Take A Bow (2008年)
ディスタービア - Disturbia (2008年)
リハブ - Rehab (2008年)

ツアー
2006年:The Pussycat Dolls With Rihanna
2006年:Rock tha Block Tour
2007年:Good Girl Gone Bad Tour
2008年:Glow in the Dark Tour(カニエ・ウェスト、N*E*R*D、ルーペ・フィアスコと共に)
2008年:Tour with Chris Brown in Australia and New Zealand

賞歴
詳細はリアーナの受賞とノミネートの一覧を参照


出演

映画
Bring It On: All Or Nothing(2006年)カメオ出演[19]

テレビ
ドラマ
All My Children ABC(2006年)カメオ出演[20]

広告など
Secret Sparkle Body Sprays(2005年)キャンペーンモデル
clinique happy. (2006年)
CoverGir(2007年)

脚注
[ヘルプ]
^ MySpace. "Rihanna". 2007年11月19日 閲覧。
^ a b c Internet Movie Database. "IMDb Rihanna - Biography". 2007年11月19日 閲覧。(英語)
^ アルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』日本版解説・歌詞・対訳書 第2頁
^ オリコン (2005年9月28日). "リアーナ『全米を魅了したカリビアン・クイーン遂にデビュー!』-ORICON STYLE ミュージック". 2008年1月17日 閲覧。
^ http://www.ringsurf.com/online/55-rihanna.html 2008年1月17日閲覧(英語)
^ a b ユニバーサルミュージック・ジャパン. "Rihanna - Biography". 2007年11月19日 閲覧。
^ Walker Plus (2008年3月3日). "リアーナが母国バルバドスの名誉文化大使に任命される!". 2008年3月15日 閲覧。
^ ユニバーサルミュージック・ジャパン. "Rihanna - News". 2007年11月19日 閲覧。
^ Yahoo!ミュージック. "Rihanna Yahoo!ミュージック - リアーナ - アーティスト情報". 2007年11月19日 閲覧。
^ MTV JAPAN (2007年7月26日). "リアーナ 新曲でバンドとロック!". 2007年11月19日 閲覧。
^ a b c ユニバーサルミュージック・ジャパン. "Rihanna - News". 2008年1月17日 閲覧。
^ notrax (2007年7月25日). "リアーナ、UKシングルチャートで記録的な10週連続1位に輝く。". 2007年11月19日 閲覧。
^ BARKS (2007年7月27日). "英シングル・チャート、リアーナが10週連続トップに". 2007年11月19日 閲覧。
^ BARKS (2007年9月2日). "注目のリアーナに人気俳優と熱愛の噂". 2008年2月8日 閲覧。
^ BARKS (2007年11月11日). "リアーナ、イケメン俳優との交際を告白". 2007年11月19日 閲覧。
^ notrax (2007年11月7日). "リアーナに恋人!? 本人が俳優ジョシュ・ハートネットとの交際を認める。". 2007年11月19日 閲覧。
^ notrax (2008年2月1日). "ヴィクトリアズ・シークレットの「最もセクシーな女性ミュージシャン」にリアーナが選出される。". 2008年2月8日 閲覧。
^ BARKS (2008年3月2日). "リアーナ&クリス・ブラウン熱愛写真発覚". 2008年8月9日 閲覧。
^ notrax (2005年11月7日). "リアーナがチアリーダー映画に出演、来年以降、本格的に女優業開始か。". 2008年1月17日 閲覧。
^ エフエム富士 (2006年7月2日). ":: FM-FUJI Bein'BAD ::". 2008年1月17日 閲覧。


外部リンク
Rihanna Official Web Site - ユニバーサルミュージック・ジャパン
Rihanna - Def Jam Recordings(英語)
Rihanna 公式 MySpace
Rihanna


▼ワーストドレスのトップ10は以下の通り。

1位 マドンナ/ルイ・ヴィトン
2位 エステル/バーナード・チャンドラン
3位 ケイティ・ペリー/ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックの目玉ドレス
4位 ケイティ・ペリー/マニッシュ・アローラの回転木馬ドレス
5位 ルーマー・ウィリス
6位 リース・ウィザースプーン/マルケーサ
7位 メアリー=ケイト・オルセン/ミッソーニ(ビンテージ)&ヘッドバンド
8位 エレン・ポンピオ/シャネルほか
9位 ケイト・ブランシェット/アレキサンダー・マックイーン
10位 エイミー・ワインハウス/格子柄ビスチェ&ヒョウ柄ミニスカートの組み合わせ

★ケイティ・ペリー(Katy Perry、本名Katheryn Elizabeth Hudson、1984年10月25日 -)は、アメリカ合衆国サンタバーバラ出身のシンガーソングライターである。

基本情報
出生名 キャサリン・エリザベス・ハドソン
出生 1984年10月25日(24歳)
出身地 アメリカ合衆国サンタバーバラ
ジャンル ポップ・ミュージック、ポップ・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル、ギター
活動期間 2001年 -
レーベル キャピトル・ミュージック・グループ
公式サイト KatyPerry.com

もともとはクリスチャンの家族に生まれ育ったが、友人の家に泊まりに行ったときに聞いたクイーンのキラー・クイーンに影響を受けて歌手になる道を選ぶ。

2008年に、「キス・ア・ガール」(原題:I Kissed a Girl)が10代女子から圧倒的な支持を受け、全米、全英で1位になった。現在は他の国でも第1位を獲得している。歌詞が「女のコにキスしちゃった そしたら気持ち良かった」という過激な内容であったために、保護者やPTAが問題視し、テレビの報道番組にまで取り上げられた。

2008年9月10日に、上記の曲が入ったデビューアルバム『ワン・オブ・ザ・ボーイズ』 が発売された。

ジム・クラス・ヒーローズのトラヴィス・マッコイと交際中。ジム・クラス・ヒーローズの「Cupid's Chokehold」のPVにはカメオ出演している。

ディスコグラフィー

アルバム
ワン・オブ・ザ・ボーイズ(2008年)

シングル
ユーアー・ソー・ゲイ(2008年)
キス・ア・ガール(2008年)
ホット & コールド(2008年)

外部リンク
KATY PERRY ケイティ・ペリー OFFICIAL WEB SITE
KatyPerry.com (英語)
Official MySpace page

2008年のセレブのファッションを動画で振り返る


毎シーズン.ファッションショー会場を彩るセレブリティたちの姿。ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)やカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、ミラ・ジョヴォビッチ(Milla Jovovich)ら女優陣から、ミュージシャン、ソーシャライトまで・・・2008年のファッション・セレブをまとめてチェックしよう。


★ナタリー・ポートマン Natalie Portman

■生年月日 : 1981/06/09
■出身地 : イスラエル
■本名はNatalie Hershlag。医師の父親とアーティストの母親の間に生まれる。NYにあるパブリック・スクールでのダンス・レッスンの帰りに、エージェントにスカウトされたのをきっかけに俳優としての道を進むことになる。以後、MTVの子供向け番組に出演。2000人の候補者の中から「レオン」のマチルダ役を射止め華々しいデビューを飾った。以後順調に経歴を積み、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」では“クィーン・アミダラ”役を演じた。99年からは名門ハーバード大学に進み心理学を専攻、03年6月にみごと卒業をした。そして04年、彼女は女優人生の大きな節目を迎える。この年、俳優ザック・ブラフの監督デビュー作「終わりで始まりの4日間」に出演、この作品でヒロイン、サム役を魅力的に演じた彼女は各方面から絶賛され、女優として確かな評価を獲得する。続くマイク・ニコルズ監督の恋愛映画「クローサー」では、それまでの清純派イメージを脱ぎ捨てストリッパー役に果敢に挑戦、共演のジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウらに負けない存在感と演技力を披露、再び高い評価を受ける。この演技でナタリーは、アカデミー賞の助演女優賞で初のオスカー・ノミネートを受けると共に、ゴールデン・グローブ賞ではみごと助演女優賞を獲得するなど、本格的な女優として大きな飛躍を遂げた。

【フィルモグラフィー】
ブーリン家の姉妹 (2008) 出演 アン・ブーリン
ニューヨーク、アイ ラブ ユー (2008) 監督/出演  
マイ・ブルーベリー・ナイツ (2007) 出演 レスリー
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 (2007) 出演 モリー・マホーニー
ダージリン急行 (2007) 出演  
ホテル・シュヴァリエ (2007) 出演  
パリ、ジュテーム (2006) 出演  
宮廷画家ゴヤは見た (2006) 出演 イネス・ビルバトゥア/アシリア
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005) 出演 パドメ・アミダラ
Vフォー・ヴェンデッタ (2005) 出演 イヴィー
フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜 (2005)<未> 出演  
クローサー (2004) 出演 アリス
終わりで始まりの4日間 (2004)<未> 出演 サム
コールド マウンテン (2003) 出演 セーラ
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (2002) 出演 パドメ・アミダラ
ズーランダー (2001) 出演  
もうひとりのレオン ジャン・レノを探して (2001) 出演  
あなたのために (2000) 出演  
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999) 出演 アミダラ王女
地上(ここ)より何処(どこ)かで (1999) 出演  
マーズ・アタック! (1996) 出演  
世界中がアイ・ラヴ・ユー (1996) 出演  
ヒート (1995) 出演 ローレン
ビューティフル・ガールズ (1995) 出演  
レオン (1994) 出演 マチルダ
レオン/完全版 (1994) 出演 マチルダ

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)アカデミー賞
2004年 □ 助演女優賞 クローサー
ゴールデン・グローブ
2004年 ■ 助演女優賞 クローサー
1999年 地上(ここ)より何処(どこ)かで
英国アカデミー賞
2004年 □ 助演女優賞 クローサー
ラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)
2002年 □ ワースト助演女優賞 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
□ ワースト・スクリーン・カップル賞 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
放送映画批評家協会賞
2004年 □ 助演女優賞 クローサー
MTVムービー・アワード
2005年 □ 女優賞 終わりで始まりの4日間
□ キス・シーン賞 終わりで始まりの4日間


【ニュース】
ニューヨーク版豪華オムニバス「New York, I Love You」、予告編 2008/08/25
「サスペリア」リメイク、ヒロインにナタリー・ポートマン??? 2008/08/06
DVDリリース情報:「ダージリン急行」「ウォーターボーイズ (Blu-ray)」etc. 2008/07/21
DVDリリース情報:「マゴリアムおじさん〜」「ヘイジャパ」etc. 2008/06/16
全米興行成績、ウィル・フェレル主演コメディ「Semi-Pro」が首位 2008/03/03
全米興行成績、政治サスペンス「バンテージ・ポイント」が首位 2008/02/25
全米興行成績、ゼメキス監督「ベオウルフ」が初登場1位 2007/11/19
N・ポートマン&S・ヨハンソン「The Other Boleyn Girl」、予告編 2007/11/16
全米興行成績、「ビー・ムービー」が新作を抑え首位獲得 2007/11/12
DVDリリース情報:「ミス・ポター」「13 thirteen」etc. 2007/11/02
ナタリー・ポートマン&スカーレット・ヨハンソン初共演作、原作本表紙 2007/08/06
フランシス・ローレンス、カンフー版「白雪姫」を監督へ 2007/08/01
N・ポートマン&D・ホフマン共演ファンタジー、予告編 2007/07/06
N・ポートマン&D・ホフマン共演ファンタジー、劇中画像 2007/06/27
ウォン・カーウァイ監督「My Blueberry Nights」、予告編 2007/05/16
第33回サターン賞結果発表 2007/05/11
サターン賞、ノミネーション発表 2007/02/21
ミロス・フォアマン監督「Goya's Ghosts」、予告編 2006/10/18
ナタリー・ポートマン最新作「Goya's Ghosts」、劇中映像 2006/09/01
N・ポートマン、インディの娘役で「インディ4」に登場??? 2006/07/12
N・ポートマン、新作で再びヌードに挑戦? 2006/05/31
N・ポートマン、ウォン・カーウァイ作品に参加へ 2006/05/24
全米興行成績、ウォシャウスキー兄弟最新作が首位 2006/03/20
ザック・ブラフの次回作はデンマーク映画のリメイクに 2006/03/03
DVDリリース情報:「イン・ハー・シューズ」「蝋人形の館」etc. 2006/01/24
「Vフォー・ヴェンデッタ」、最新予告編 2005/12/16
全米ティーンの一番のお気に入りはA・カッチャー 2005/08/05
DVDリリース情報:「クローサー」「マイ・ブラザー」etc. 2005/07/29
N・ポートマン主演「V for Vendetta」、予告編 2005/07/25
MTVムービー・アウォード、作品賞は大番狂わせに 2005/06/06
ナタリー・ポートマン、最新作でスキンヘッドに 2005/05/10
MTVムービー・アウォード、ノミネーション発表 2005/05/06
N・ポートマン、名優J・バルデムと共演か? 2005/04/21
アカデミー賞発表!!! 2005/02/28
英国アカデミー結果発表 2005/02/13
アカデミー賞、ノミネーション発表! 2005/01/25
英国アカデミー賞、ノミネーション発表! 2005/01/18
ゴールデン・グローブ賞結果発表!! 2005/01/17
放送映画批評家協会賞、結果発表! 2005/01/11
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表 2004/12/16
ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表 2004/12/14
全米興行成績、「ナショナル・トレジャー」がV3 2004/12/06
全米興行成績、超大作「アレキサンダー」、強力上位陣を倒せず 2004/11/29
N・ポートマン、お蔵入りヌードの復活は期待薄? 2004/11/26
N・ポートマン、ストリッパーでもヌードはなし? 2004/11/08
K・ナイトレイ、英国の人気投票で1位に 2004/10/01
「Closer」&「スピーシーズ3」予告編 2004/08/26
全米興行成績、「エクソシスト」最新作が首位 2004/08/23
N・ポートマンとO・ウィルソンがラブコメで共演か 2004/06/21
“スーパーマン”プロジェクトに新たな動き? 2004/05/11
J・デップ、今度は「スーパーマン5」で悪役に? 2004/01/30
J・リー&N・ポートマンで「レオン」の続編? 2003/12/24
N・ポートマン、スーパーマンの恋人に? 2003/11/17
N・ポートマン、メキシカン若手俳優と熱愛? 2003/11/04
H・グラント、ペネロペ&ポートマン共演作に参加 2002/12/20
N・ポートマン、P・クルスの初共演が実現? 2002/10/15

【評価】
作品名 投票数 平均
【出演】
レオン/完全版 43  8.77
ヒート 38  8.37
レオン 50  8.26
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 92  8.10
ズーランダー 21  7.71
あなたのために 14  7.71
マイ・ブルーベリー・ナイツ 8  7.63
Vフォー・ヴェンデッタ 46  7.30
コールド マウンテン 59  7.03
世界中がアイ・ラヴ・ユー 16  6.44
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 52  6.38
マーズ・アタック! 24  6.38
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 26  5.92
クローサー 24  5.25


★ミラ・ヨヴォヴィッチ(ウクライナ語:Мілла Йовович;セルビア語:Мила Јововић;ラテン文字表記:Mila Jovović;ロシア語:Милла Йовович、1975年12月17日 - )は、アメリカ合衆国の女優、モデル。

本名は、ミリツァ・ナタシャ・ヨヴォヴィッチ(Милица Наташа Јововић)。身長174cm。日本語では「ジョヴォヴィッチ」などと表記されているが、本人の発音によれば「ヨヴォヴィッチ」の方が近い。ロシア語ではミーラ・ヨーヴォヴィチ(Милла Йововичミールラ・ヨーヴァヴィチュまたはМила Йововичミーラ・ヨーヴァヴィチュ)、ウクライナ語ではミーラ・ヨーヴォヴィチ(Мілла Йововичミールラ・ヨーヴォヴィチュ)となる。但し、ジョーヴォヴィチ(Джовович)という表記も使用されることがある。また、セルビア語ではミラ・ヨヴォヴィチ(Мила Јовoвићミラ・ヨヴォヴィチュ)となる。



生い立ち
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都キエフに生まれる。父親は、医師でコソヴォ出身のセルビア人ボギチ・ヨヴォヴィチ(Богић Јововић)で、母親はソ連の女優であったドニプロペトロウシク生まれのロシア人ハリーナ・ローヒノヴァ・ヨーヴォヴィチ(ガリーナ・ローギノヴァ;Галина Логинова Јововић)である。

キエフからロンドン、モスクワへと移り住み、5歳の時にアメリカ合衆国ロサンゼルスに移住。移住後に両親は離婚。その後父親は再婚し1988年に異母弟が生まれる。

その学校時代を通してミラは酷いいじめを経験した。ちょうど冷戦時代のソビエト連邦から来たということが禍して、同級生らから『ロシアのスパイ』『コミー』(commie コミュニスト)などと罵倒されていたという。[1]


キャリア
1987年、彼女は11歳からロシアのモデルとして(elite)モデルエージェンシーに所属し活躍していた。1988年、には化粧品メーカーレブロンの「Most Unforgettable Women in the World」に選ばれる。以降、多くの雑誌のカバー(表紙)やミラノ、パリ、ニューヨークのファッションデザイナーのコレクションショーに出演している。広告ではカルバン・クライン(Calvin Klein)の香水エスケープ(Escape)のイメージモデルとして有名である。また、彼女はモデルの仕事と同時に映画の世界にでも活躍の場を持っていた。1991年に彼女は女優としての仕事に専念する為に2年の休暇を取りモデルエージェンシーとの所属契約を解除する。

映画では1987年に『トゥー・ムーン』でスクリーンデビューする。1991年にはブルック・シールズ主演映画『青い珊瑚礁』の続編『ブルーラグーン』に主演。1997年にはリュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』のヒロイン役の彼女の演技力、美しさが大きな話題となる。この映画では全ての衣装をフランスのデザイナー、ジャン=ポール・ゴルチエが担当した。1999年の『ジャンヌ・ダルク』や2002年の『バイオハザード』はシリーズ作品として彼女の代表的な作品となる。

その他に“ミラ”の名前で音楽活動もしており、94年には『The Divine Comedy』を発表。モデルや女優の仕事を続けながら、バンド“プラスティック・ハズ・メモリー”でコンサート・ツアーも敢行した。

また、モデル仲間のカルメン・ホーク(Carmen Hawk)と共に2003年にJovovich-Hawk(ジョヴォヴィッチ ホーク)というブランドを立ち上げ、ファッションデザイナーとしても活動している。Jovovich-Hawkはロサンゼルスとニューヨークに拠点がある。

日本ではオンワード樫山、キヤノン、ホンダ・オデッセイ、パナソニックのCMなどの出演がある。


私生活
英語の他にロシア語、フランス語に堪能。

1992年にショーン・アンドリュースと結婚したが直ぐに離婚。映画監督リュック・ベッソンと結婚するが1999年に離婚。現在は『バイオハザード』シリーズの監督ポール・W・S・アンダーソンと婚約中で、2007年11月3日にアンダーソンとの子供を出産。


主な出演作品
トゥー・ムーン Two Moon Junction(1988)
ブルーラグーン Return to the Blue Lagoon(1991)
カフス! Kuffs(1992)
チャーリー Chaplin (1992)
フィフス・エレメント The Fifth Element(1997)
ジャンヌ・ダルク Joan of Arc(1999)
ミリオンダラー・ホテル The Million Dollar Hotel (2000)
めぐり逢う大地 THE CLAIM (2000)
ズーランダー Zoolander (2001)
ダミー Dummy (2001) 日本未公開
ノー・グッド・シングス No Good Deed (2002)
キング・オブ・ザ・ヒル King of the Hill (2002) 声の出演
バイオハザード Resident Evil (2002)
プリティ・イン・ニューヨーク YOU STUPID MAN (2002) 日本未公開
バイオハザード II アポカリプス Resident Evil: Apocalypse (2004)
ウルトラヴァイオレット Ultraviolet (2006)
ポイント45 .45 (2006)
バイオハザード III Resident Evil: Extinction (2007)




資料
^ Just Milla, please

外部リンク
Official site
Official european site
Milla Jovovich

★カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve,1943年10月22日-)はフランス・パリ出身の女優である。

CATHERINE DENEUVE

両親も俳優、姉は女優のフランソワーズ・ドルレアック。

子供のクリスチャン・ヴァディムとキアラ・マストロヤンニも俳優。

来歴
10代のころから映画に出始める。ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のヒットでスターの座をつかむ。以後、数々の名作映画に出演し、「演技派」そして「フランス映画界の女王」としての揺るぎない地位を築いた。また、その美貌から「世界最高の美女」とも呼ばれた。現在でもコンスタントに映画に出演している。

1992年の『インドシナ』でアカデミー主演女優賞にノミネート。1998年の『ヴァンドーム広場』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞。

プライベートではイギリスの写真家デビッド・ベイリーと1965年に結婚後、1972年に離婚。子が二人あり、映画監督のロジェ・ヴァディムとの間に息子クリスチャン・ヴァディムが、俳優のマルチェロ・マストロヤンニとの間に娘キアラ・マストロヤンニがいるが、ヴァディム、マストロヤンニと正式な婚姻関係になることは諸事情あり、いずれもかなわなかった。しかし、マストロヤンニとは晩年までキアラ共々交流があり、1996年のマストロヤンニの臨終の時にもキアラと共に立会った。

フランスの世界的ブランドであるイヴ・サン=ローラン(Yves Saint-Laurent)の顧客としても有名。

2007年2月25日(日本時間26日)、第79回アカデミー賞授賞式に出席し、日本の渡辺謙と2人で非英語圏俳優代表として舞台に立ち、賞が設定されて50周年を迎えた外国語映画賞の歴史を紹介した。

そして、アカデミー賞から約2週間後の3月14日に、「フランス映画祭2007」の代表団長として10年ぶりに来日した。

Catherine Deneuve in her bra and panties from Belle De Jour

主な出演作品
悪徳の栄え Vice and Virtue (1962)
シェルブールの雨傘 Les Parapluies de Cherbourg (1964)
反撥 Repulsion (1965)
ロシュフォールの恋人たち Les Demoiselles de Rochefort (1966)
昼顔 Belle de jour (1967)
めざめ Benjamin (1968)
うたかたの恋 Mayerling (1969)
暗くなるまでこの恋を Le Sirene du Mississippi (1969)
哀しみのトリスターナ Tristana (1970) - ※キネマ旬報ベストテン第7位
ロバと王女 Peau d'Ane (1970)
ひきしお Melampo (1971)
リスボン特急 Un Flic (1972)
哀しみの伯爵夫人 La Grande Bourgeoise (1974)
恋のモンマルトル Zig Zig (1975)
終電車 Le dernier métro (1980)
海辺のホテルにて Hôtel des Amériques (1981)
ハンガー The Hunger (1983)
夜のめぐり逢い Drôle d'endroit pour une rencontre (1988)
恋路 La Reine blanche (1991)
インドシナ Indochine (1992)
私の好きな季節 Ma saison préférée (1993) - ※ビデオ題「背徳のささやき」
百一夜 Les cent et une nuits de Simon Cinéma (1994)
メフィストの誘い O Convento (1995)
ヴァンドーム広場 Place Vendôme (1998)
ポーラX Pola X (1999)
見出された時−「失われた時を求めて」より− Le Temps retrouvé (1999)
イースト/ウエスト 遙かなる祖国 Est - Ouest (1999)
ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer In The Dark (2000) - ※キネマ旬報ベストテン第9位
8人の女たち 8 femmes (2002)
輝ける女たちLe héros de la famille (2006)
ペルセポリス Persepolis (2007) 声の出演
クリスマス・ストーリー Un conte de Noël (2008) 日本未公開

来日時の主なテレビ番組出演
徹子の部屋(テレビ朝日)
ニュースステーション(テレビ朝日)
筑紫哲也 NEWS23(TBS)

日本でのCM出演
ブルボン
最新記事
GL


楽天市場
livedoor プロフィール

coolboy

GR


TagCloud
QRコード
QRコード
楽天
  • ライブドアブログ