ブログネタ
寝る間も惜しんで読んだノンフィクション作品ベスト3を教えて! に参加中!

SGLTとは、sodium glucose cotransporter(sodium glucose transporter)の略で、「ナトリウム・グルコース共役輸送体」と呼ばれるタンパク質の一種のことで,SGLTは、体内でグルコース(ブドウ糖)やナトリウムといった栄養分を細胞内に取り込む役割を担っている。 SGLTの種類はいろいろあり、体内のさまざまな場所に存在していますが、SGLT2に限っては、腎臓の近位尿細管という場所に限定的に存在しているのが特徴で近位尿細管は、血液中から取り出して必要なものを体内に取り込み、不要なものを尿として排泄する働きをします。この過程において、SGLT1とSGLT2は、グルコースを栄養分として細胞内に取り込む役割を担っています。近位尿細管で再吸収されるグルコースのうち、90%はSGLT2の働きによるもので、残りの10%はSGLT1の働きによるものです。
これまでの糖尿病治療薬は膵臓に作用し、最終的にはインスリンを出すことで血糖コントロールを改善するものでした。SGLT2阻害薬の大きな違いは、腎臓に作用する治療薬であるということ。膵β細胞を酷使するわけでもなく、インスリン分泌の有無を問わず、腎臓の機能そのものへの負担はありません。あくまでも、その作用は腎臓の近位尿細管内にとどまり、他の治療薬のメカニズムに影響を与えることもないため、組み合わせによってはより大きな効果を引き出すことが期待されています。
それでSGLT2阻害薬のメリットとしては、インスリン分泌に依存しない作用機序のため、低血糖の心配が少ないく、体重減少効果、血圧低下、脂質改善(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド)

等があげられる。 また、1型糖尿病患者さんへの使用についても研究が行われています。膵β細胞を破壊したモデルマウスによる実験では、随時血糖値、空腹時血糖値ともに低下し、HbA1cが改善したという結果が出ています。さらに、体重減少、低血糖リスク低下などの効果もわかってきています。
デメリットしては、SGLT2阻害薬の作用機序から、次のような副作用が起こり得るのではないかと言われています。

  • 多尿による脱水。特に腎機能が低下している患者、高齢者には注意
  • 尿糖が頻発することによる尿路感染症
  • 性器感染症(特に女性)
  • 血糖値が正常でも尿糖が出る
  • 1,5-AG値が極端に低くなる
  • コレステロール、血圧、血清カリウムなどにも影響か?
  • インスリン分泌不全の場合、ケトアシドーシスの注意が必要
  • 腎性糖尿:はじめから閾値が低い腎性糖尿の場合、栄養障害の可能性も

考えられる。
いずれにしても、今までに無く腎臓に優しい薬ではないかと思います。