クロモリのロードバイクが似合う人。

様々なクロモリのロードバイクのご紹介。

2013年05月


旅行の相棒に選びたいロードバイク
JAMIS BOSANOVA


2013y05m03d_003058128




僕は今、ボサノバのBGMを聴きながらこの記事を書いています。

カフェで流れるような気持ちの良い音楽が流れる中
大好きなロードバイクの記事を書けるのは幸せなことです^^



さて、この「JAMIS BOSANOVA」は
長距離ツーリング向けのスペックになっています。
長距離ツーリングは、
「けっこう遠くに来ちゃったから泊まろうかなー」レベルも含みます。



◎タイヤ

太さは28cとロードバイクにしては太め。
23cほどのスピードはありませんが
それと引き換えに、安定性が手に入りますので
ツーリングに最適です^^
空気圧に気をつけていれば、パンクする心配もありません。


僕の個人的な意見ですが、
「28cないとツーリングはキツいかもしれないなー」
と思いました。


というのも、
「25cでも精神的に緊張するから」というのが僕の感想なんです。
遠くに行くならもう少し太めがいい!!と感じたので
このロードバイクはツーリングに適していると言えます。




タイヤ関連でいうと、「泥除け」が標準搭載です。
泥道走ってもズボンが無事!!


◎フレーム

クロモリフレームとカーボンフォーク
耐久性に優れている素材を使っています。
確かにツーリングとクロモリは相性いいですね。


のんびりした走り心地で、青空の下目的地までロードバイクを漕ぎ続ける…
車というラクな乗り物に頼らず、バイクも選ばずロードバイク…
僕も、ロードバイクに乗っている人を見かけると思わず魅入ってしまいます。



◎荷物はどうする?

ダボ穴(キャリア《荷台のこと》を取り付けるための穴)があるため、キャリアを取り付けて
サイドバックを取り付けることができるので、多めの荷物で旅をすることもできます

僕のような心配性は荷物が多くなるので安心できます。(笑)




◎メインコンポはどーよ?

安心の「SIMANO TIAGRA」。
細かい変速で走行できるから長い道のりでも疲れにくいのがメリットです^^




◎路面が悪条件だったらどうする?

悪条件の路面でもしっかり効いてくれるブレーキを搭載しているので大丈夫!!

「メカニカルディスクブレーキ」は泥の影響を受けにくい場所についているブレーキで、
雪や雨の中、泥道でも強力な制動力を誇るのが特徴です。

(ディスクブレーキについてもっと知りたい方は「サイクルショップ kintarou」
で詳しく説明してくれてますので、そちらを見てみてください!!)


まさにツーリングに最適なブレーキと言えるのではないでしょうか^^



JAMIS BOSANOVA」は、名前のとおり
気軽な街乗り、のんびりツーリングを意識して作られています。
タイヤも太めなので、初心者は乗りやすいかな?とも思います^^



さて、このロードバイクがおすすめの人は?

・ロードバイクで走ったあと、一泊したいなーと考えている人
・気軽な街乗りを楽しみたい人
・パンクさせたくない人
・ツーリングしてストレス発散をしたい人
 

です。



ボサノバの音楽、ゆったりしていて気持ち良い音楽でした!!
ゆったり感がクロモリみたい。(笑)

それでは、良い1日を~!!





スタイリッシュなブラックパーツで
統一感を醸し出すクールなロードバイク

2013y05m03d_004338772




真っ黒なパーツに身を包んだFUJI SHADOW。


かっこいいのは見た目だけか?


いいえ、コンポの性能、耐久性も高いんです!!

まず、コンポはSIMANO TIAGRA
10SPEEDなのでのちのちカスタマイズしたいなあ、と思っている方にもおすすめ。


もっといいコンポ使いたい!!と思うのは、仕方ない。
そのくらいの魅力が、ロードバイクにはありますから^^



そして、耐久性ですが
フレームとフォークにはクロモリを採用。

このクロモリですが、厳しい品質基準に合格したクロモリ鋼を使用し、
かつダブルバテッドのパイプを使用しているため、
クロモリの強度を落とすことなく軽量化に成功した
「Elios2 Chrome-Molydenum」を採用。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ダブルバテッドって何?
パイプの両方の結合部を厚くし、中央部分は薄くしたもの。
「太、細、太」という具合になっているんですね。
「ボンキュッボン」なパイプです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


このクロモリの素材を採用したことで

・しなやかでスムーズな乗り心地
トリックなどの過酷な条件下でも高い耐久性を誇る

という最大のメリットが生まれました。


トリックって何?

「まるっとお見通し」のやつ?


僕も「トリック」についてなにも知らなかったので調べてみると
「めちゃくちゃかっけえな!!」
という感想が真っ先にでてきました。


僕がカッコイイと思った動画はこれです。





自転車で階段登ったり、壁走ったり、一回転したり、水の中に臆することなくロードバイクで入っていったり。

そう、この動画の自転車はマウンテンバイクではなく、ロードバイクなんです。
ロードバイクでこんなアクロバティックなことやるって…
僕は恐ろしくてできません。
怪我するよりもロードバイクが壊れる方が心配!!!!

残念ながらこの動画で使われているのは「SHADOW」ではありませんが
SHADOWはこのトリックで使っても壊れないくらいの耐久性を持っているんです。


そうカンタンに壊れない、というのもロードバイク選びの1つの条件になると思います^^




では、このロードバイクをおすすめしたい方は

・ブラックが大好きで「黒一色」のロードバイクを探している方
・通勤に使うロードバイクを探しているサラリーマン
・ロードバイクでトリックをしてみたいチャレンジ精神旺盛な方

です。



FUJI SHADOWの購入ページはこちら。





僕には欲しいロードバイクがあって、今そのためにお金を貯めています。

そのロードバイクというのが、BASSOのVIPER



なぜこのロードバイクが良いのか。


少し前の出来事なんですが
車でツタヤに寄って、その帰り道で信号が赤になりました。
歩行者がボンネットのすぐ近くを通るくらいに止めてしまったので
「ちょっと前過ぎたかなー、申し訳ない」と思っていた、そのとき





きれいな赤い色のロードバイクが僕の車の前を通ったんです。





乗っていた女性は、専門学校の制服を着ていたのですが
スカートが短い!!(笑)


そんなに足出していいんですか?と思いましたが
もっと目がいったのは、やはり真っ赤なロードバイク!!
その女性が横断歩道を渡りきっても、目が離せませんでした。


僕は一目惚れしました。主にロードバイクの方に。



家に帰ってから覚えている限りの特徴で調べ、見つけ出したのが
このレッドのBASSOのVIPERでした。

2013y03m18d_144908199

何回見てもカッコイイこのホリゾンタルフレーム!!
できればまたあの女性にも会いたいけど、まずはこっちのロードバイクに会いたい!!



レッドも好きだけど、それだとあの専門学生の女性の真似したみたいで
申し訳ないし、かつスカイブルーの方が好きなので僕は、スカイブルーが欲しいんですが
税込で98,175円…。(2013年)
(スカイブルーはこちらの記事に出ています。)


けっこうな高スペックで、
しかもロードバイクで10万切るのは安いほうかな?と
思いますが、やはりバイト代だけでは貯めにくい額ではあります^^;



コツコツでいいから貯めて、絶対乗るぞ!!
お気に入りのカフェにVIPERで行けたら気持ちいいだろうなあ~^^


このページのトップヘ