みなさん、自転車に乗る時の服装で気をつけてることってありますか?



僕はありません。(笑)

というのも、基本ミニベロだしロードはあんまり乗らないから。
(盗まれそうで乗るのが怖い)


今は小回りが利くミニベロをヘビロテしている状態です。




では今回は番外編ですが
「クロモリロード」というつながりでこの記事を読んでくださっていると思うので
「クロモリロードに楽しく長く乗るならコレ欲しい!」
というものをランキング形式で紹介していこうと思います。




第10位:チューブバンダナ

2014y06m20d_004030424



チューブバンダナ 各種

ロングなバンダナです。
ネックウォーマーにも出来るし
頭に巻くことも出来るスグレモノ。


どうして「これあった方がいいかも・・・」と思ったかと言いますと


・ヘルメットが臭くならない

・汗が目に入らない


からです。


このチューブバンダナを巻けば大事なヘルメットが汗臭くなることを防げますし
汗が垂れてこないので快適にサイクリングできます。


「汗臭い」というのは小さなことかもしれませんが、気分はだだ下がりです。


さらに、頭にかぶせてそのままダルーンと長く後ろ首まで垂らせば首の日焼け止めにもなります。
日焼けすると襟が擦れて痛いですからね。

こういった小さい悩みも防いでくれるところも魅力的です。


そのうえ、壊れてもいないのに「臭い」という理由でヘルメットを買い換えるのはもったいないですよね。
そこで、この長いバンダナが一枚あるだけで被害額(?)が変わります。



僕の場合はヘルメットのサイズがほんの少しだけ大きかった(頭を揺らすとヘルメットが滑って動く)ことのおかげでこのメリットを享受できました。


「どうしよう!1サイズ小さかったら入らないしなー」


という人にも、チューブバンダナはオススメの微調整方法です。
地味に役に立ちますよ。





第9位:グローブ



侮るなかれ手の痛み

2014y06m20d_004138115




DE ROSA グローブ

ミニベロでも30キロくらい走っているとだんだん手が痛くなってきます。
ロードもしかり。


「短い距離しか走らない」って人はグローブはいらないかもしれませんが、
長い距離を走る(つもり)ならあった方がいいかもしれません。


あまりに痛みを我慢していると
「ハンドルのバカ!」
って言いたくなってきますから。





それでもまだ痛みを我慢していると


「ネギでもいいからハンドル交換したい」
「誰かのグローブを奪いたい」
「車に乗りたい」

という思いに取り憑かれてきます。


実は僕も経験者です。
僕はホームセンターで売ってる軍手を手にはめて走りました。


「グローブなんかに2,000円も出してられるか!軍手なら99円だぞ!手は痛くても走れるぜ」
なんて考えていた僕はあまちゃんでした。


「グローブなんか」に2,000円出す価値あります。



手が痛いと、僕の場合はハンドルが握りにくくなって腕の変なところに力が入るので
漕ぐ力が逃げて行きました。
だから、どうせ買うならパットがたくさん入ってるやつの方がいいです。



じゃないと、もしかしたらあなたも
「ハンドルよ、ネギに変わってください」
なんて呪文を唱えることになるかもしれませんよ。




2,000円も出せないな・・・って人はヤフオクを利用してみるとお得かもしれません。


オークションで見てみる



100円で落札して、送料700円だったらかなりお得ですよね。
しかも新品。

その上、たまに超人気のグローブ(型落ちしたもの)が出品されているので
思わぬ掘り出し物を発見できると思います。


オークションを利用するのも、賢い選択かと思います。



個人的にパールイズミのものはすべてオススメです。

ちなみに上のグローブの写真はDE ROSAです。ロードバイク本体は高すぎて僕には手が出せません。

せめてグローブくらいは買いたいなあ・・・。



ということで、グローブは使う人使わない人は距離で分かれると思うので、第9位です。






第8位:サイコン(サイクルコンピューター)


この機械があれば自転車に乗る楽しみが増えます。


2014y06m20d_004230979



マイクロワイヤレス サイクルコンピューター 各種




「今40キロでた!すげえ!怖い!」
「おー今日こんなに走れたんだ、やるなあ自分」
「平均時速を上げたい」




などなど、走る目標ができます。

サイコンには
コードタイプとワイヤレスタイプがありますが、僕がオススメするのはワイヤレスタイプ


コードだとフォークからハンドルまで巻くのが大変だし、
見栄えが必ずしも良くなるとは限りません。
しかもそのうちコードが切れるという心配もあります。



しかしワイヤレスなら電池交換だけです。
コードを巻く必要がないのでハンドルまわりからフロントフォークにかけてシンプルに見えます。

本当にワイヤレスオススメ。


どちらのタイプにするかはお財布と相談していただいて、
サイコンは走る目標を作るのに一役買ってくれる素晴らしい機械ですよ。


ちなみに僕はミニベロにも付けています。








第7位:自転車用のズボン




ロード用のズボン(レーパン)って聞くと
ナルトのガイ先生を思い浮かべるのは僕だけでしょうか?


ガイ先生は大好きですが、下の感覚がぴっちりしているのは好きではありません。


レーパンではなく、もうちょっとカジュアルに履けるズボンがあります。




そう、これ。
僕の中でこれは理想的です。


2014y06m20d_004335062




サイクルパンツ


中にインナーパンツを履くとなお良し。
インナーパンツは思っている以上に目立ちにくいので安心です。


2014y06m20d_004518728



ウレタンパッド付きインナーサイクルパンツ



で。



カジュアルなサイクルパンツをネットで探そうとすると大変です。
値段もけっこうするし。


僕がオススメするのは
実際にショップに見に行くことです。

スポーツデポやサイクルあさひ、ワイズロード、イオンバイク、ワンズサイクル、地域のプロショップなどなど実際に行って見てみると
「なんか履けそう」ってズボンが必ず見つかります。
定価1万円のものが2,000円で買える!なんていう思わぬ掘り出し物に遭遇するかもしれません。



履きたくないズボンしか見つからない!って人は最終手段としてジャージの裾をまくって履きましょう。
チェーンがある方(9割右側)だけまくれば、カジュアルに見えます。



なぜサイクルパンツが欲しくなったのかというと
僕はスキニータイプのズボンでサイクリングに行ったからです。


勘の良い人はもう想像できていると思いますが
裾をまくるにまけないし
蒸れて動きにくいし本当に残念になったので、サイクルパンツが欲しくなりました。



ジャージがあれば代用出来るけど、やはりインナーパンツは欲しいですね。
ケツの痛みも感じなくなれるだろうし。

僕が今目をつけているのはユニクロのステテコ
これならまくる必要もなければ風通しもいいのでサイコーだと思います。
サラサラしてて気持ちよさそう!


ということで普通のズボンでも代用できるのはできるため、サイクルパンツは7位です。







第6位:裾止め


7位に続いて、ズボン関連です。


2014y06m20d_004550003


moca ( モカ )




「足の毛を剃るのに抵抗がある」
という人は長ズボンをはきますよね。


僕は遠慮なく剃りますが長ズボンの裾がチェーンに引っかかっちまった!ってことにならないように
裾止めが欲しいと思います。

というか、思いました。


そのときはジーパンだったから裾が破けても良かったのですが
これがスーツだったら・・・と思うと神様に感謝せずにはいられませんでした。


なので、長ズボン派には裾止めがオススメです。




ちなみに僕がなぜためらいもなくすね毛を剃れたかというと
中学のときの担任がバスケをするとき短パンを履いていたんです。
その膝から下が毛で覆われていてなんかもうすごかった。
「うわー」って声が勝手に出ちゃった。


あの映像が瞼の裏に焼き付いているので、僕はすね毛を剃っています。

「ああはなりたくないな」って気持ちが強いです。


ま、すね毛を剃る人も剃らない人も長ズボンを履くなら裾の巻き込みに注意してくださいね。







では、まず前半として第10位から第6位までの発表でした。

「あったらいいかなー」って軽く思ったものから
「なぜ買わなかった俺!」と脳の奥深くの大事なところにドカンと後悔の杭が打たれるような衝撃を受けるものまで紹介してきました。
実際に自分が後悔したんですけどね。(笑)


後半の上位のランキングでも、もしかしたらあなたが後悔するのを防げるかもしれない情報が1つはあると思います。


興味がある方はどうぞー。