2018年11月28日

今年もあと1ヶ月となりました。12月定例市議会が、11月28日に召集され今年最後の定例市議会が開催されます。来年の統一地方選挙を控え現職議員の勇退や新人議員の立候補予定者についての話題が議員間でささやかれていますが、予想される新入議員の噂や、勇退するとしている現職議員の動向等が気になっています。新年早々には4月の統一地方選挙に関わる情報が飛び交い噂等がにぎやかになりそうです。何れにしても、他人のことより自分が市民のために何をするべきかを考え、今すべきことを実行することでが重要と考えています。まずは、緊張感をもって12月定例市議会での審査等に対応していく覚悟です。

kim_masa at 18:44コメント(0) 

2018年11月17日

早いもので今年も後1ヶ月と10日となりました。喪中のハガキが毎日配送されてきます。思いがけない人が永眠されたり、親族の方の訃報等ですが、近況を教えてくれた年賀状も毎年少なくなり寂しい限りです、特に毎年親交を深めご指導いただいた東海大学名誉教授の本間先生は、今年の懇親会は欠席されましたので心配をしていましたが、喪中のハガキが奥様から届き今年の3月の逝去されたとの内容で驚きと悲しみでショックでした。毎年本間先生と産業能率大学の斎藤先生と私と3人で、毎年5月に世相の課題や政治の動向等についてを酒のつまみに懇親を深めるのが楽しみでしたが・・・。
親交のあった人の訃報は悲しいものです。自分を取り巻く友人がだんだん少なくなるように感じています。改めて生かされていることを自覚し、友人の分まで社会にお返しをする気概をもって毎につを過ごす覚悟をしています。

kim_masa at 17:37コメント(0) 

2018年11月04日

酷暑がようやく一段落したと思ったら、9月定例市議会が10月5日で33日間終了しましたが、10月の秋の陽気を楽しんでいる間もなく、暦は11月となり後一ヶ月で今年も年末を迎える時期になりました。11月7日は冬の季節に入る立冬です。天気予報では、11月前半は暖かい陽気となるようですが、中旬から下旬はどうでしょうか。寒いのは苦手です。小田原は暮らしやすいと友人がよく言います、確かに他県等から比べると過ごしやすい環境ではあります。今年一年を振り返り悲しいことや嬉しいことがいろいろありましたが、残された一ヶ月何事もないよう穏やかに年末を迎えたいと思っています。

kim_masa at 19:51コメント(0) 
プロフィール

小田原市議会議員 きむら正彦

私は、普通の家庭に生まれ普通に学び普通にこれまで過ごしてきました。
しかし、これからの子供達のため、また自分が住む地域のため、そして小田原のためにも自分がまず前に出なければ・・との思いから、新たな一歩を始めるための活動を始めました。
私は63歳です。サラリーマン生活も三年前に卒業しました。

いまさら・・
と言う人もいます、しかし、小田原を何とかしなきゃいけないと思う気持ちは40代50代の人には負けていません。

孔子の言葉に、「60にして耳順い」という名言があります。
その意味は、「誰の意見も素直に耳を傾ける大切さは、60歳になるとわかるようになる」という意味のようです。

私は、この言葉を理念に小田原の奉公人としての役割を担う覚悟です。