2020年01月02日

新年を迎えて

令和になって初めてのお正月晴天に恵まれ新たな気持ちで新年を迎えることができました。今年こそ災害が無い年になってほしいと念じています。1月1日は近くの氏神様の矢作浅間神社にお参りしてきましたが、例年より参拝客が少なく感じました。今年は5月には市長選挙が予定されていますが、地域の人からは市長選挙の話題が出ないのが気になります。投票率と選挙に対する関心が低いことになるようではと思っています。これからの2〜3ヶ月で関心等が高まることを期待しています。

kim_masa at 15:10コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

小田原市議会議員 きむら正彦

私は、普通の家庭に生まれ普通に学び普通にこれまで過ごしてきました。
しかし、これからの子供達のため、また自分が住む地域のため、そして小田原のためにも自分がまず前に出なければ・・との思いから、新たな一歩を始めるための活動を始めました。
私は63歳です。サラリーマン生活も三年前に卒業しました。

いまさら・・
と言う人もいます、しかし、小田原を何とかしなきゃいけないと思う気持ちは40代50代の人には負けていません。

孔子の言葉に、「60にして耳順い」という名言があります。
その意味は、「誰の意見も素直に耳を傾ける大切さは、60歳になるとわかるようになる」という意味のようです。

私は、この言葉を理念に小田原の奉公人としての役割を担う覚悟です。