スーパーマリオ ヨッシーアイランドスーパーマリオ ヨッシーアイランド

任天堂 1995-08-05
売り上げランキング : 8214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今回のゲームレビューは「ヨッシーアイランド」です。
発売当時、PSなどの次世代機の普及で
SFCは末期とも言われていました。(発売は1995年)
そんな中、ヨッシーアンドは今までのSFCのグラフィックとは違った
手描きタッチ風の可愛い雰囲気。

まさかSFCでこんな背景色を出せるとは!
今思うとこれはかなり勝負に出た作品だなと思えます。
まさかのマリオが赤ちゃんになり
ヨッシーが主役になりました。

初登場のマリオワールドでは
乗り捨てキャラとなったり可愛そうな扱いでしたが
今回はメインです。マリオが役に立ちません。(スーパースターの時のみ活躍)


ヨッシーの攻撃主体はタマゴ。タマゴを飛ばして敵を倒します。通称「タマゴ投げ」
そしてマリオゲームではお馴染みの踏みつけでも敵を倒せます。
ただしマリオと同じくトゲやマグマとかはダメ。

マリオを守るというのが一応主体になっているので
攻撃を受けるとカウントダウンが開始されて(初期「10」)
それが「0」になると残り人数が減りミスになります。
なのでトゲやマグマに当たらない限り、ミスになりにくいように思えますが、
アクション的な要素が普通のマリオのゲームより多くわりと難易度は結構高いです。

操作に慣れが必要なタマゴ投げ。
さらにふんばりジャンプもクセがあるので
初心者は後半まで進めるのにかなり苦労すると思います。
ですが、慣れるとタマゴ投げも器用にバンバン飛ばすことも可能です。

操作性や難易度はもとよりこのゲームの大きな特徴は
最初に書きましたが
手描きタッチ風の可愛い雰囲気。「絵本」と表現すればわかるでしょうか?
そしてBGMもそれにそった優しい感じです。
ヨッシーアイランドの一番の売りはこの部分なんですよね。

(もちろん城やボス戦ではダークなBGMになりますが)


ちなみにこのゲームのパーフェクトクリアはかなり至難の技です。
スーパードンキーコングシリーズのパーフェクトクリアより大変じゃないですか?
全ステージ100点・・・ってね。僕にはできませんでした。


スーパーマリオ ヨッシーアイランド (Wikipedia)

動画の紹介です。

ちなみにもう10年以上プレイしていなかったのですが
ラストのクッパのステージだけは頭に残っているんですよね。
他のステージはほとんど忘れちゃったけど。

これ早く倒さないとどんどん足場が減っていくんですよね。
クッパがだんだん近づいていくのに当時はかなりビビった思い出が。

最後に小ネタですが、
ヨッシーアイランドに登場するカメックは
スーパーマリオRPGに登場するカメザードと同一人物のようです。
(マロの「なにをかんがえてるの」でそれらしきセリフが伺えます)