8ffdd014.JPG
今回はフリーソフト「GOM PLAYER」を紹介します。
内臓コーデックは
「ac3, ogg, xvid, div1~6, divx, dx50, mp41, mp42, mp43, h263, h264, ap41, mpg4, mp4s, m4s2, mp4v, blz0, mjpg」 と様々な拡張子に対応があります。
「gom, avi, divx, asx, wmx, wmv, wvx, wm, mpg, mp4, dat, ifo, vob, m1v, m2v, tp, dmb, m4v, k3g, 3gp, skm, dmskm, lmp4, rm, rmvb, mkv, Matroska, ogm,」
にもコーデックがあれば対応できます。(GOMなら簡単にコーデックをインストールできます)
なにより一番いいのは低スペックのパソコンでも動画を快適に見れることです。
まずはダウンロードまでの手順を紹介します。
ダウンロードページ
※またはアルテックからもダウンロードできます。

上記のサイトにアクセスして「フリーダウンロード」をクリック。
ファイルは保存してから実行します。
実行して、ライセンス契約書を読んで進めいくと下の画面のように
コンポーネントを選ぶ画面になると思います。
5c02c6b2.bmp
ここは「通常インストール」で構わないと思います。

「通常インストール」で次に進みインストール先を設定後は
インストールを待つだけです。(完了したらさっきダウンロードしたファイルは削除しても構いません)


ネット上に色々とフリーソフトがありますが、
今回は結構簡単でしたよね?

後は自分の見たい動画のコーデックをいれればいいだけです。
例で言うと「youtube」「ニコニコ動画」のファイルもこちらで見ることが
できます。


ちょっとした便利な方法を紹介します。

da6c05d2.bmp
右クリックで様々なメニューを見ることができます。
例えば
「再生/一時停止 space」

とはボタン一つで操作ができるショートカット機能です。
(space押すだけで再生や一時停止が簡単にできます!)
こちらは覚えておいて損はありません!

GOM Player まとめサイト@Wikiでは他にも様々な機能の紹介がされています。

最後に必要ないと思ったらコントロールパネルよりアンインストールできます。