570f4cfe.jpg第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラー。『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が製作と脚本を手掛ける。『マトリックス』のエージェント・スミスことヒューゴ・ウィービングが仮面をつけた謎の男“V”を演じ、“V”に協力するヒロインを『クローサー』のナタリー・ポートマンが演じる。過激で政治色の強いストーリー展開が異色のアクションエンターテインメント。

製作年度 2005年
上映時間 132分
監督 ジェームズ・マクティーグ
出演 ナタリー・ポートマン 、ヒューゴ・ウィーヴィング 、スティーヴン・レイ 、スティーヴン・フライ 、ジョン・ハートにほんブログ村 映画ブログへ
作中で度々出てくる11月5日はイギリスではポピュラーな
お祭りが開催される日でガイ=フォークス・デイと言うそうです。
1605年のこと、
ガイ=フォークスを首領とする一味が
国会議事堂の地下室に火薬をしかけて
国王ジェイムズ1世の暗殺を謀った。
国王を首長とする国教会に対立するカトリック教徒たちの陰謀だった。
しかし、事前にばれて一味は逮捕され、処刑された。
有名な「火薬陰謀事件」である。
国民は国王の無事を喜び、
それ以来今日に至るまで、彼等が逮捕された11月5日を、
盛大に花火をあげて祝うのである。

というのが実際の話。
また、垢被ってる仮面は
ガイ=フォークスを模したものだそうです。

内容は政治色が強いのですが、難しい反面、結構グッとくるシーンもありました。
題名の通り(for Vendetta=復讐のため)に20年間思いを貫き真っ当した”V”がもたらしたラストはこれまでの映画にはあまり無い種類の感動と美しさがあるような気がしました。じっくりもう1度見たい映画です。

※エージェント・スミスはまさか顔が出ないとは思いませんでしたが、顔に関係なくカッコイイですそれと坊主にされて拷問されるナタリーは結構ショックでした。。。